スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

聖杯を継ぐ者 英国妖異譚(19) 

伏線探しにやっきになって、既刊を手当たり次第(当たり付けつつ)に読み込み中…。
貴重な睡眠時間削って、頭痛いの我慢して、本気で何かに取り付かれたかのように必死デス(笑)。
だって、今回は事件が解決してないどころか、そもそも何も始まらないままに続刊待ての状態。
しかも、過去の細かいエピソードの何処で、誰が、どの状況でだったかまでは覚えきれてないし。

取り合えず、母なる水がどうのとユウリにふてぶてしく語りかけた見張る者の3回は何とか判明。
1)『聖夜に流れる血 英国妖異譚(6)』~アシュレイに取り付いたユージーン絡みのジョン・シーン。
2)『水晶球を抱く女 英国妖異譚(12)』~アンリの母親マリア絡みの、井戸にいた何か。
3)『聖杯を継ぐ者 英国妖異譚(19)』~水晶球絡みなので、(12)とほぼ状況は同じ。

ユウリは、“女神に愛され”、“探求者”で、“永遠の炎を受け継ぐ者”で、月や水と関係が深い。
そして、何かを選ばなければならない(多分、“人間”として生ききるコトを選ぶのだと思うのだが)。
加えて、今回のエピソードはかぐや姫伝説のモチーフとユウリを絡めて終わっている印象が強い。
『竹の花 英国妖異譚(10)』でかぐや姫伝説も出てるが、この時のユウリは自分の問題を放棄。
最終巻では、かぐや姫(≒ユウリ)が月に帰らなくてすむようにどうするかがポイントなんでしょう。
身代わり譚や取替え子譚も過去にあったし、アシュレイやシモンや隆聖さんが策を練ってくる筈。
だが、最終的に道を選ぶのはユウリだ。

先日A月さんと電話越しで話しつつ考えてみたんですけど、このシリーズのテーマって要するに、
聖濁混沌とした無限の可能性を秘めた若い“魂”達が、かけがえの無い友人達との関係を通じて、
よりソリッドな“人間”(=大人)として成長していく物語なんじゃないのかな、と。

だから、年上のアシュレイなんかはミステリアスな要素がユウリを通じて段々薄まって無くなって、
一足先にフツーの“人間”に収まってしまい、ファンタジックな魅力が削がれてしまった気がします。
私もアシュレイ贔屓だから、卒業後の彼は存在に“緊張感”が無くなってしまったのがちと残念デス。
その代わりに、ドジっ子ヒロイン(としか思えない…)年下のオスカーなんかが台頭してくるんだよね。
彼もお気に入りキャラの一人なんだけど、“真実の探求”目的で再読するとかなりイラつく子だなw。
残念ながら、彼さえ邪魔をしなければ、もっとストレートに事件が片付く回が結構あるんだな~(笑)。

それにしても、今まで外野的なオブザーバーでしかなかったマクケヒトの動向も気になるトコロ…。
続きが早く読みたい!!待つのがシンドイです、篠原さーん!

<作品データ>
・篠原美季『聖杯を継ぐ者 英国妖異譚(19)』(かわい千草・画、講談社ホワイトハート文庫)2008.12
聖杯を継ぐ者 英国妖異譚(19) (講談社X文庫―ホワイトハート)聖杯を継ぐ者 英国妖異譚(19) (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2008/12/05)
篠原 美季

商品詳細を見る



<拍手お礼>
・entry581に拍手ありがとうございます♪
ちょっと意外なエントリーだ!

そういえば、今年は「このBLがやばい!」は買ってません。
前回も思っていたんだけど、この恣意的なアンケートのランキングにはあまり意味がないような…。
少なくとも、(業界関係者は兎も角)“読者”の立場ではまるで興味が沸かないな…。
BL初心者の入門書(手引書)としては、意味がなくもないのかな?
[ 2008/12/07 23:08 ] novel 非BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/988-e6527228

la aqua vita 聖杯を継ぐ者 英国妖異譚(19)
[2013/04/22 14:02] scarpe hogan
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。