スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

恋のまんなか 

よもや自分が、こんなに松本ミーコハウスさんの作品にハマる日が来るとは思わなかった…。

私は連載の第2回からこのシリーズを読み始めましたが、当時はただひたすら“衝撃的”でした。
ベテラン作家陣を数多く抱えている“HERTZ”で、この画風で、巻頭カラーだったのがまずビックリ!
しかも、ストーリーが“カワイイ”系じゃなくて、どちらかというと明治カナ子さんタイプの“イタイ”系…。
それは青春の“傷み”を含んでもいますが、もっと直截的に言うと“家族”の問題が深く絡んでいる。

私が大好きな高遠琉加さんの、『ホテルラヴィアンローズ』の“青”にやや近いパターンなのですが、
松本ミーコハウスさんの紡ぐエピソードは、結末もキャラクタ設定も更に“泥臭く”て空気が少し違う。
下町情緒溢れるというか、ケータイもちゃんと登場しているのにどこか“古臭い”雰囲気が付き纏う。
イマドキの漫画家さんがこの主題なの!?…と、連載中は別の意味でドキドキハラハラしてました。
雑誌はうっかり最終回だけ読み逃してしまいましたが、今回の単行本でちゃんと“読了”できました♪
大満足デス!ご馳走様でした~♪

という訳で、公立高校に通うオドオド系の秀才少年と女王様系の不真面目少年の青春逃避行モノ。
彼らはドロドロの劣悪な社会条件の中、“未成年”であるが故の自分達の“力”の限界を知りつつも、
二人はセックスして、旅に出て、セックスして、海辺で女の子を引っ掛けて、セックスを繰り返す…。
でも、二人ともこの“ゲーム”には終点(時限)があることに気付いており、それを“自覚”した時に、
ようやく二人は微かですが確かでかけがえの無い“恋”の真理をちゃんと手に入れるBLストーリー。
こういう青春ラブは、“若さ”の特権であり、二人のグラついていた心に芯が通る過程が眩しいです。
特に虚勢を張っていたけれど、自分こそが一之瀬以上の囚われの姫君だと自覚した攻めの松原!
彼の“弱さ”と、逃避行を通じて一之瀬に“観念”した受身ぶりが激萌え♪でした。

実は、この作品は他レーベルのミーコハウスさんの作品を考えると、とある予測がちらつくのですよ。
即ち、最終的に二人はリバるオチなんじゃないのかという可能性を、ずーっと期待してました(笑)。
…残念ながら、物理的な話をすると私の予想は外れでしたが、これは相手が一之瀬だったからで、
一之瀬というのが、物凄く“受け”願望の強い情の怖いエキセントリックな男の子だったんですよね。
彼の“弱い”母親が、彼の性格を多少ネジ曲げてしまったトコロもありますが、一之瀬は案外タフ。
だから、極限の状況を何とか切り抜けるリアリスティックな“勇気”を示す顛末が用意されてました。
この局面は本当にハラハラさせられますが、成長した松原と一之瀬のクールな“対応”が見どころ。
最終回を読み逃した私も、ホッと胸を撫で下ろすことができました。

彼らの、若いけど一生モンで腹括る“関係”が兎に角スバラシイ!

<作品データ>
・松本ミーコハウス『恋のまんなか』(大洋図書ミリオンコミックス)2008.12
恋のまんなか (ミリオンコミックス 17 Hertz Series 52) (ミリオンコミックス 17 Hertz Series 52)恋のまんなか (ミリオンコミックス 17 Hertz Series 52) (ミリオンコミックス 17 Hertz Series 52)
(2008/11/29)
松本 ミーコハウス

商品詳細を見る




とまあ、↑では真面目なリアクションでしたが…。
実際の私は、この作品の大仰さ&大真面目さ&オオボケなトコロが笑いのツボにも入りました。
真剣なギャグっぽさがあるから、厳しい設定の割にエンタメとしても十分に楽しめる作品なのです。
泣きどころと笑いどころが二律相反しているのに、両立しているのが松本ミーコハウスさんの魅力。
イタカワ系で、笑えるけど泣けるみたいな、斜めっているようで王道みたいな、個性が堪りません!

<拍手お礼>
・entry968、978、979に拍手ありがとうございます~♪
最近更新をサボってばかりで、拍手お礼も遅くてすみません…。

例のトンチキ読みましたが、感想どうしよう…私、多分下ネタギャグはあんまり好きじゃないや…。
ちなみに、水原さん×草間さんも期待はずれだったので、感想書くつもりが頓挫中。
淀みなく詰まらないっちゅーのは、一番感想が認めにくい感じですな。
というか、レストランに満足しすぎちゃって、他の小説に対してテンションがイマイチ上がらない。
明日は、何とかシンプレックスを!
[ 2008/11/28 23:27 ] comic BL | TB(1) | CM(4)
こんばんは!森さん。
お気に召していただけたようで、良かったです。
HERTZ掲載作品はとっても数が多くてバラエティに富んでいるのですが、やっぱり明治カナ子さん系の“痛い”系BLですよねー。
「王道なのに、どんだけ曲がっていくんだー!お前ら~っ」みたいな、お姉ちゃんの視点(←おこがましいw)でハラハラしながら読んじゃいました。
あとは、しつこいけれどリバだったら私的に100点満点だったんですけどね…。
未成年の無謀さと自由さがとても気持ちよかったです。
ではっ!
[ 2008/12/06 22:50 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんはー!
この作品!本当に買ってよかった!読めて良かった!!!
まさに私のどストライク作品でした~
未成年であれば得られる無償の愛がなく、互いに欠けた心を抱いたもの同士の恋愛は本当に痛くて切なくてどうしようもなく愛おしかったです。そしてまさに痛さは明治カナ子さん系統でしたね~
1度で虜になりましたよっ!もうググッときました(笑。
僭越ながらTBいただいていきまーす^^
[ 2008/12/05 20:59 ] 森 [ 編集 ]
こんばんは!森さん。
ミーコハウスさんは、というかミーコハウスさんのこの作品はとても“個性”というか“癖”が強いのでオススメはしづらいです…。
ルチルで掲載されているシリーズの方が、まだ普通にカワイイ系なんですけど~。
でも、このどうしようもないというかどう受け止めていいのか分からない感じが妙にツボで、私は大好きです。
私の区分では明治カナ子さん系で、度を越えた鬱々なテイストがギャグっぽいというか、シリアスなのにどこか笑えてでも泣けるみたいな“変”な魅力がある方です。
ちなみに、私もディアプラス文庫はビックリしましたけどね(笑)。
初見だと、どう受け止めていいのか戸惑うのは相変わらずみたい…多分、森さんも何度か繰り返して読めば“虜”になると信じたいです。
ハズしちゃったら、ゴメンナサイ。
[ 2008/11/30 00:11 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんにちは。
この作品、すっごい気になっていたんですよ!!
でも雑誌も買わないので何の情報もなく、悩んでいたのです~
……そうか。いいのか!(笑。
ついこの間、ディアプラス文庫の挿絵で拝見してちょっと自分の好きなイラストではないよなあとは思っていたので、それも迷ってしまった要因のひとつだったのですが……
むむむ。tatsukiさんのレビュで一気に購買意欲がもりもりです!(笑。
[ 2008/11/29 09:35 ] 森 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/981-d964a8e3

恋のまんなか(ミリオンコミックス 17 Hertz Series 52)(2008/11/29)松本 ミーコハウス商品詳細を見る これはいい。 かなりギュッと胸を鷲掴みにされ...
[2008/12/05 21:00] 腐女子の *MEMO to memo
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。