スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

(腐)乙女向け(?)歴史ギャグ漫画 

人生で初めて、“楽天”の画像リンクを使いました…。
なぜって、あくつめい太さんの新刊がアマゾンさんでは存在しないことになっているんですもんっ!
今までも画像が表示されないのはいつものことでしたが、商品自体が存在しないのは初めてデス。
“楽天”も念の為に登録していたのですが、自分で買い物する気が全く無かったので使わなかった。
だけど、今回はどうしてもあくつめい太さんの“現物”をご紹介したかったので、リンクを張りました。
アマゾンでこんな不手際生じているっちゅーことは、最寄の本屋さんでは更に入手困難なのかも…。
シャレードだけど“BL”的な恥ずかしさは皆無な漫画なので、お気軽に問い合わせてみて下さい~。
尚、帯の紹介文は以下の通り。

干物ジャンルの最終兵器、
まさかの単行本化



えーと、別の意味で買いにくいとかはある…かも…しれません…。

という訳で、高遠さんのレストラン本とは全く別の意味でとても待ち遠しかった“奇跡”の新刊です。
隔月刊雑誌シャレードで7年間連載されていた、通常2P(たまに4P)の掲載枠だった戦国ギャグ。
私は、この作品と館野とお子さんのショートと神楽坂はん子さんのエッセイ漫画が大好きでした♪
が、大昔にコミックス化されていた館野さんは兎も角、他の方の単行本化は半ば諦めてました…。
(神楽坂はん子さんの“妄語博覧会”は、同人誌で出されておりましたが、現在は入手困難かと)
人気云々よりも、きっと来年の“NHK大河ドラマ”を見越した為なんでしょうが、結果オーライです!
嬉しいな、と。

ちなみに、私は“世界史”選択だったこともあって、“日本史”の方の知識はほぼからっきしです。
取り立てて“戦国時代”に興味がある訳でもないし、人物相関関係にも激しく疎いので恥ずかしい。
ぶっちゃけ、この時代に関する予備知識は他にはコーエーの『戦国無双』くらいなダメな人間(笑)。
でも、そんな私でも抱腹絶倒で面白おかしく楽しめる干物系ギャグです。

特に、我が道を行く電波受信型の謙信がサイコーです。
掲載誌の割に当時は一般的だったと言われる“衆道”的なネタはほぼ皆無…なのも潔い感じです。
あくの強い登場人物(戦国の雄)達が別の意味で凌ぎを削り、アレな意味で天下を取りそうな感じ。
冷静に判断すると、こんな漫画に920円も賭けちゃう自分にアレなものを感じなくも無いのですが、
いやいや、こういう漫画を嗜む自分が分相応なんだと読後に“悟り”のようなモノが得られました。
大満足ですっ!!

<作品データ>
・あくつめい太『週刊ダイヤ主水』(二見書房シャレードコミックス)2008.12


↓で、もう一個ご紹介します。


あくつさんが来年のNHK大河合わせだとしたら、こちらは例の“レッドクリフ”合わせで慌てて刊行?

この漫画は流転の人生を歩んでる長寿4コマ漫画ですが、未だにJUNE時代が一番長いのかな?
JUNE掲載時は、白井版だと卑屈で鬱陶しいキャラに転じる諸葛瑾兄さんが登場する場面になると、
何だかアレでソレなあまり上品とは言えないギャグが増えますが、それ以外はフツーに三国志。
歴史好きの男性ファンの支持も多いそうですが、著者の博識な時事ネタには誰もが舌を巻く筈。
大変申し訳ないけれど、↑のあくつさんと比較するとやっぱりこちらに軍配が上がっちゃいます。
あくつさんのネタは勢いで押し切っている部分が多くソレが魅力ですが、白井さんの場合は違う。
“三国志”の歴史資料は勿論のこと、あらゆる時事ニュースにアンテナを張ってネタにするのです。
ネタに出来るっていうのは、社会問題に対する視座が明確に打ち出せるくらいに明晰ってコト。
私の中では、少女漫画界ではカーラ教授と並んで“頭の良い”尊敬している漫画家さんです。

そうそう、“レッドクリフ”は私は興味が無いのですが、妹と仕事先の知人から感想を伺いました。
妹曰く、「“レッドクリフ”なのに、赤壁の戦い前で終わってるーっ!!納得できんっ!」
知人曰く、「CG駆使したアクションシーンで撮影するなら、コーエーのCGキャラのが良かったっ!」
私曰く、「ドット画の劉備君ばりの3頭身キャラか人形劇の映画だったら、見に行ったのに…」

ウチの妹は、“京劇”で三国志にハマッたちょっとマニアックな三国志ファンです。
あー、でも妹も某知人も贔屓キャラは、阿斗君背負った単騎打ちで有名な超雲子竜らしいのよね。
私は丞相(孔明)に叱られまくりの姜維君が好きで、三国無双シリーズは独眼の夏侯惇を愛用♪
白井版の姜維はスイーツ乙男系で、夏侯惇はへたれ男子だな…(てか、白井版はへたれ多すぎ)。

<作品データ>
・白井恵理子『劉備くん それゆけ 赤壁オリンピック』(メディアファクトリーMFコミックス)2008.11
劉備くんそれゆけ赤壁オリンピック (MFコミックス フラッパーシリーズ)劉備くんそれゆけ赤壁オリンピック (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2008/11/22)
白井 恵理子

商品詳細を見る


梟雄(キョウユウ)…残忍でたけだけしい人。「戦国の__」by広辞苑第六版(岩波書店)


ご承知の通り、私はかなり漢字が読めない残念な人間なので、↑の熟語が実は読めなかった…。
あくつさん家でも白井さん家でも出てきて、白井版でルビがあったのでラッキーって思っていたら…。
誤植だった…キュウユウって書いてあったけど、キョウユウが正しい読み方なんですよね?

[ 2008/11/25 22:54 ] comic 非BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/979-1b98c057

la aqua vita (腐)乙女向け(?)歴史ギャグ漫画
[2013/04/22 14:43] sac louis vuitton
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。