スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

美女と野獣と紳士 

某タイヤメーカーによる超高級グルメガイド本の発売日と、見事にガチでかぶってました(笑)。
シャレードさんはこの日に狙いを定めてきたんでしょうか?単に連休絡みの偶然なんでしょうか?
私が一日千秋の思いで待ち焦がれていた大好きな高遠さんの、大好きなシリーズの続編がキタ!
無我夢中であっという間に読んじゃいました~♪大、大、大満足の一品です!ご馳走様でした♪
昨年も一昨年もラインナップから落としちゃいましたが、今年の高遠さんはマイベスト最有力候補。

えーと、前作のレビュー形式と打って変わって、今回は単なる萌え叫びの暑苦しい感想です(笑)。
(前回は雑誌含めて通産4~5回は読み直していたから、レビューっぽいのが出来たんですよね…)

野獣…もとい“強さ”が全てと豪語する、ニーチェのような人生@料理人哲学を貫く天才シェフ久我。
野生の野うさぎや森ばとを躊躇いも無くバッサリ捌いて、“美味しい”ジビエ料理を得意とする彼が、
茶色い瞳の怯え顔の可愛い最愛のツンデレ“ウサギ”を、“美味しく”頂くコトに失敗するの巻デス。
身体を開かせる前に大事な一言を伝えるのをうっかり忘れてしまった為、見事に心を違えてしまう。
結果、恋愛巧者の筈の久我が、紺色のセダンに愛しの泣きウサギを奪われてしまいました(笑)。
てことで、次回は略奪された花嫁…否、ディレクトールを奪還するために彼が東奔西走するのかと。
要するに、今回もシャレードお得意の次号待ての状態なんですが、何とか“恋愛”カードも出現し、
心が伴ったとは呼べないにしても、二人が一線を超えたので私の萌えのテンションはMAXですっ!

さてさて、このような展開なので、“紳士”の方は私の想像以上に二人の間に食い込んできました。
(余談ですが、先日のシャレードのメルマガでも不敵に三つ巴戦の意思を匂わせていましたよねw)
逆に“美女”の方はディレクトールの対極の存在として描かれてますが、それ程絡んでこなかった。
次回完結とのコトで、とうとう“ラスボス”のゴルドのオーナーも登場してきそうな雰囲気が濃厚です。
ちなみにこの方、例のミ○ュランのマスコットキャラクターのイメージが強いのは私だけでしょうか?

前回同様、料理の“美味しさ”を様々な視点(角度)を混じえて鮮やかに語ってくれる作品です。
第三者的な理人視点、力強くて己の腕に自信満々な久我の視点、柔軟で誠意に溢れる桃瀬視点。
この三者の相乗効果で、“美味しい”をフレンチを提供する理想の“レストラン”像をイメージできる。
私も久我特製の“金色のスープ”や一君の作るデザートの数々を賞味したい!!

以上。

<作品データ>
・高遠琉加『美女と野獣と紳士』(麻生海・画、二見書房シャレード文庫)2008.12
美女と野獣と紳士~愛と混乱のレストラン2~ (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 た 2-12)美女と野獣と紳士~愛と混乱のレストラン2~ (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 た 2-12)
(2008/11/21)
高遠 琉加

商品詳細を見る



イチ君のお話は、本編完結後に独立して“番外編”として発売される模様。
こちらは、高遠さんの場合いつものことですが、本編以上に泣かされそうな予感大です。
BLにはならないだろうけど、理人の実父の無情なエピソードも読んでみたいなあ。

<拍手お礼>
・entry94、902に拍手ありがとうございます~♪
902は私の想像以上に頂く拍手件数が多いみたいです(笑)。
[ 2008/11/21 22:45 ] novel BL | TB(6) | CM(10)
こんばんは!にゃんこさん。
コメント&TBありがとうございます~♪

そうですね、確かに高遠さんって人と人の繋がり(しかもギリギリの)を攻めて来る方で、だから私も弱いんだなと思います。
にゃんこさんの鋭い指摘で、また一つ自分の萌えツボを発見できました(笑)。
「天国~」も「楽園~」も胸をギュッと捉まれるような作品なので、是非是非楽しんで下さい。
これらのシリーズも勿論大好きなんですけど、どうにも感想が書けなくてウチのブログでは全く紹介できていないのですけどね…。
にゃんこさんの感想を楽しみにしています。
ではでは!
[ 2009/01/27 22:51 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんにちは!

「世界の果て~」の後にこのシリーズに手を出してしまい、悶々とした日々を送っているにゃんこです(笑)
既に完結しているシリーズから手を出せばよかったです…。
でも麻生さんの挿絵に惹かれてつい手を出してしまいました。
早くこのふたりの気持ちが上手く繋がって欲しいです!

高遠さんは心を打ち抜かれる作品が多そうなので、高遠さんに嵌った切っ掛けである「ホテル・ラヴィアンローズ」から次の作品に手を出すまでに時間がかかってしまいました。
木原さんも同じように読んだ後の衝撃が大きくてドキドキするのですが、高遠さんは木原さんよりも人と人の繋がりを攻めてくる作家さんだなぁと感じています。
私はそういう話に弱いので、確実に泣かされそう…。
でも面白い作品に出会えそうで、ワクワクしています!
早速「天国~」と「楽園~」を購入しましたが、オススメしていただいたBBNも探してみますね(^^)

こちらからも怒濤のTB送らせていただきます!
それではまた~
[ 2009/01/25 13:37 ] にゃんこ [ 編集 ]
こんばんは!ゆちゅ♪さん。
今週に入っていきなり、もりもりと積読タワーが延び続けてるtatsukiです。
サミアもきになってるのですけど、コレが減るまで(五百香さん、華藤さん、真崎さん、他)我慢します!
既刊の読み返しばかりしてるんですよねー、来週は私的大作RPGの発売日だし、そちらに心が移っちゃって気もそぞろ…。

さてさて、高遠さん。
今回はバッチリ萌えが一致してますね♪
野うさぎのプルプル震えている様が可愛くて、あっさり恋に落ちちゃった野獣の反省で幕を閉じてて。
久我は、高遠さんの攻めキャラにしてはものすごーく安定していて(オレサマだけど)、読む方は良い意味で楽が出来ます。
うぅ、しつこいですけど続きが楽しみです!

そろそろ、王子様~も発売になるのかな?

ではでは!
[ 2008/12/12 21:49 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん こんばんは~♪

遅れること20日、ようやく読了いたしましたよ…。
出遅れで記事を書く時はまた私だけ何かトンチキなこと書いてるんじゃないかとドキドキです(T∇T)

でも今回は珍しくtatsukiさんと萌えの方向一致してません?いつもはベクトル逆向いてるのに!(笑)

というより前作の時にtatsukiさんには「読むとは思わなかった」とまで言われていた私が明らかにハイテンションな萌えを叫んでおります(笑)
私としては野獣くんにぜひとも頑張って欲しいのですけどねぇ~w

それにしてもこの二人は亀のようにのったりじれじれと素直でないままならぬ恋愛をしていくものだと思い込んでいたので実は今回行き着くとこまでいっちゃったのにひ驚きました。
3巻で完結というのも…もっとのんびりやってくれてもかまわないのになぁ(*´▽`*)

それでも一と湯原の続きも気になりますしね♪
次回で決着というなら早目にお目にかかりたいものです~。

それでは、また後日TBお願いします♪
[ 2008/12/11 00:42 ] ゆちゅらぶ♪ [ 編集 ]
こんばんは!はーこさん&やまだとおこさん。
コメント&TBありがとうございます。

>はーこさん
例のレストランガイドは、都内在住でも全く実用的じゃないですよ(笑)。
け、桁が…。

最初のウサギを捌くシーンで、コレは理人と久我の関係を“象徴”しているんだろうなあ、と思ってはいたのですが、まさか物理的にもほぼそういう展開になるとは思ってなかったのでちょっとビックリしました。
だから、今回の理人の私的イメージはまな板の上の“ウサギ”なんですよね…。
レストランに絶望しつつも、最後の希望でも合った理人@怯えている“ウサギ”の視点で綴られる、“レストラン”とそこに集まる人々の絆の物語という感じで読んじゃいました。
私はどちらかというと久我の視点で理人を眺めているから、今回のシリーズはソレほど苦しさは感じません。
あ、発売日は関門海峡の呪いじゃなくて、単純に二見書房が発売日に関していい加減なだけです(笑)。
二見書房(の営業部)は発売日=“取次ぎ(問屋)”に卸す日と判断しているらしく、取次ぎから小売への搬送日数を考えてないのですよねー。
だから、実際に商品が並ぶのは他の出版社の発売日とは逆に“遅い”確率が高いです。
今回は連休の関係もあって、書店によって入荷日数に開きが出ちゃったんだと思いますよー。
書籍の発売日って、一般的に雑誌(&雑誌コミック)と異なりあくまで“目安”なんですよね。
それこそ、ミ○ュランとかハリポタが例外なんです。

とまれ、私も続きが楽しみです~♪
早く無事に発売されますようにっ!

>やまだとおこさん
私、このブログでたまに匂わせているので伏字じゃなくてもダイジョウブですよ(笑)。
以前は仕事上の雑記も書いていたんですけど、そういえば殆ど削除しちゃったんだっけかな?
私も来月の発売一覧表とか作ろうと思えば作れなくもないのですが、こう性格的に無理な感じでして(笑)。
自分の購入記録すらつけれない、面倒くさがりなダメ人間なんで…。

あ、乙女ロードとJ庭はほぼ同じ場所なんで、J庭参戦帰りにフツーに寄れますよ。
ああ、でも次回は例外でビックサイトだから遠いですが…。
尤も、私は近い割に乙女ロードには行かない人間なんですけどね…(若い)人が多くて年老いた身にはちょっと辛い。
あと、単純に本はBLやラノベ以外も色々見てまわりたいので、大型書店の方が好きなんですよ。
漫画や雑誌はフェア特典云々が無い限り、自分の職場で買っちゃうし。
…って、行動範囲が狭い引き篭もりですな。

あ、私は一度でいいからインテに行って見たいですっ。
では!



[ 2008/11/27 23:19 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、本当にありがとうございました!
いきなりの質問に心良く答えてくださって、とても嬉しかったです。
そして勉強になりました。まさか現役の●●員さんとはっ。また何かの折につけ素朴な疑問をぶつけてしまいそうです。

今回は逃してしまいましたが(笑)乙女ロードいつかは行って見たいですね。でもどっちかというとJ庭のほうが体験したい欲求強しで!
お財布の余力と時間の余裕があれば乗り込んでみたいと思っています。

『愛と混乱のレストラン』再読祭っ!私も参戦しますよっ!!もう夜明けまで読み続けるというっ!

焦り感抜群のコメントを残してしまいましたね。今見ると結構テンション高い(笑)
失礼しました!






[ 2008/11/25 23:53 ] やまだとおこ [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは~。

そういえば、ミ○ュランと同じ発売日だったんですね。
地方の人間にとっては実用的でないガイドなので、去年ほど興味もなかったし、第一、こちらの本も関門海峡の呪いのために1日遅れでしたから(苦笑)
しかし、この作品、あと1冊で終わるのかしら?
愛しの泣きウサギは中々手強いし、ライバル(?)の紳士も然り…。
とにかく、3巻が1日でも早く出ることを祈るばかりです。
TBよろしくお願いしますね♪
ではでは、お邪魔しました♪
[ 2008/11/25 21:32 ] はーこ [ 編集 ]
こんばんは!やまだとおこさん、ぷりさん。

>やまだとおこさん
無事に手に入れられたようですね、良かった!!
というか、私のメールのリアクションが遅くてすみません…本気で役立たずだ…私…。
またまた、ウチのPCが不安定でメール受信のアラームにタイムラグがありすぎでした(笑)。
やまだとおこさんの感想も楽しみです~♪
私は美女と野獣…を2度読み返した後、1冊目も再読し、これからまた読み返すつもりです。
ハマルとアホみたいにしつこいですよ(笑)。
ではっ!

>ぷりさん
今回もシャレードなので、伏線張ったまま、急展開のままおわっちゃいましたよねー。
とはいえ、何とか一線を超えたので前回ほど(もっと言えば前シリーズ程)ジリジリせずには済みましたが…。
二人には、ホントーに幸せになって欲しいです。
でも、多分まだ難局が待っているのが高遠さんの作品だよな、とも思っていたり。
特に、理人が美味しい食卓を囲める人間に成長してくれると嬉しいのですが。
そして、叶本部長の動向も気になりますねー。
ではっ!
[ 2008/11/23 20:02 ] tatsuki [ 編集 ]
こんばんは。
そういえばこのシリーズを買ったのもtatsukiさんのレビュ読んだからでした。
今じゃ本当に大好きな作品になりました。
いつもありがとうございます…☆

>茶色い瞳の怯え顔の可愛い最愛のツンデレ“ウサギ”を、“美味しく”頂くコトに失敗するの巻

この一文に激しく萌えてしまいました。
私の中では野生動物久我を食べる強さのなかったディレクトールな関係で読んでいたので、
ぷるぷる可愛く震えるウサギちゃんをぱっくり食べてしまうという大好物な萌えシチュに目覚め切れていませんでした。

十分、大興奮な一冊でしたが、これでこの作品のハァハァ度が上がりました。笑

次で終わりとのことですが、二人にまあるく幸せになってほしいような
終わって欲しくないような複雑な心境です。
それにしてもいつ出るのかが気になります…。

TBお願いしますー。
[ 2008/11/22 22:17 ] ぷり [ 編集 ]
発売してるんですね?
いつものようにtatsukiさんところに来て見たらっ!

ヒーー。ちなみに感想は必死に隠して今書いています。(笑)

なんとなく予想なのですがやっぱり物流の込み具合で地方は遅れてるのかな?と。

いやん、それにしても羨ましいです。
うわー、早く内容についてコメントしたいです!
[ 2008/11/22 01:16 ] やまだとおこ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/978-ba81dff2

la aqua vita 美女と野獣と紳士
[2013/04/22 13:39] scarpe hogan
美女と野獣と紳士~愛と混乱のレストラン2~ (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫)高遠 琉加 二見書房 2008-11-21by G-Tools えぇぇ…! そんなと...
[2009/01/25 13:37] にゃんこのBL徒然日記
美女と野獣と紳士~愛と混乱のレストラン2~ (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 た 2-12) 前作の感想より抜粋。 >理人のかわいいところを知ってどんどんメロメロになるがいい…。(`∀´)Ψ 呪い、効き過ぎた(笑) 理人のあまりの可愛さに前回から?...
[2008/12/12 12:07] 水中雑草園
無事に2008年内に発売となって良かったです。 雑誌があったころはある程度、発売のペースが判ったのですが、雑誌がなくなり、全編書き下ろしとなってしまったので、予想が付きません。 高遠さんは決して多作とは言い難いですし…。 とにかく、待望の2巻目です♪ ?...
[2008/11/25 21:24] こんな本よみました…
昨日書きかけの記事を中途半端に公開してしまったようです、、、 寝おち寸前だったので、、、失礼しました。 ようやく手に入れました、『...
[2008/11/23 19:56] Blue-Lights 読書ノート
前作にボロ泣きして大大大好きになった愛と混乱のレストランシリーズ。 2巻のタイトルを見たときからドキドキ動悸が止まらなかったぐらい、 本当にめちゃくちゃ楽しみにしていて、 泊まりの仕事明けの重い体を引きずってアニメイトにかけ込んでみれば、 「入荷予定は2...
[2008/11/22 22:08] BL Diary
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。