スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.3 

今月末から来月にかけて、自分の購入予定本の多さに眩暈を感じる今日この頃。
正直言って、この作品といつき朔夜さんが発売延期しなければ、もう少しユトリがあった筈なのに…。
なので、来月は緊縮財政デス!元々の購入予定本以外には目もくれないゾ!と気を引き締め中。

と言うわけで、待ち遠しかった(気がする…)木原さんの吸血蝙蝠シリーズの第3弾です。
この前私が読んだ木原作品はこのシリーズの第2弾なので、私は全然コノハラーじゃないです。
それにしても、何で1年近くも他の著作を読んでいなかったのかというと、理由は実に単純明快。
時限付きの小冊子を逃すとハマッた時に悔しいから、殊更読まないように気をつけていたのでした。
大体、ほぼ発売日に買ったはずの『箱の中』を未だ読んでないし…(笑)。

さて、本作の感想に入ります。
相変わらず陽気なコメディでとても楽しかったのですが、いくら何でも物語進行がちょっと遅くない?
今回はアメリカ編(アル帰国)なのですが、とうとう一話完結じゃなくて前後編構成になっています。
活動範囲が拡がってユニーク(個性的)な新キャラが増殖していくのは、勿論一読者として嬉しい♪
…が、それ以上に私の最愛の受け(=)の最大の引き立て役である津野がいなくて寂しかった!
アルの存在意義が設定上重要なのは分かるのですが、コレだけじゃ私の腐脳が満たされません。
大体、この類稀なツンデレヒロイン(=暁)は、今回はただひたすらアイス喰ってただけじゃねーか!

今回は津野や惣滑谷という、このシリーズの数少ない(“良識派”の)突っ込み役が不在なのです。
ピュアなアルが一生懸命なのは分かるのですが、危なっかしくて時折読み続けるのが辛かった。
そもそも、木原さんが書く“事件”は、アルを“痛い”目に合わせるためにだけに起こしているから、
ミステリ的な謎解き過程とか、アクションの醍醐味とか、そういう爽快感とは元々無縁な訳でして。
後編に期待していますが、今回は暁側の“萌える(笑える)”エピソードも少なすぎて肩透かし…。
(注>私は断然暁派なので、暁の登場シーンが足りないと文句たらたらの感想になるぽいデス!
某倉科先生の浅野が登場しない時の焦燥感と同じだと言えば、一部の方には伝わるかしら?)

どちらかというと、今回は今後のキーパーソンになりそうなキエフの“過去”の方が気になりました。
どうせ、BL的なロマンスが期待できないのなら、彼絡みの壮絶な歴史ロマンスを読んでみたい。

結論。
私の腐脳はそろそろ限界なので、(心の機微は兎も角)BLならではの肉体的なニアミスが欲しい。
↑が、私の一番の本音です。

<作品データ>
・木原音瀬『吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.3』(下村富美・画、蒼竜社ホリーノベルス)2008.11
吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.3 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.3 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
(2008/10/29)
木原 音瀬

商品詳細を見る



この作品の前に、夏水りつさんのエロキュン(←笑)BLコメディを読んでいたから良かったものの…。
正直なハナシ、木原さんの吸血鬼本を単体で読んでいたら、私はもっと暴れていたと思う(笑)。
本当にゴメンなさい!今日はいつも以上に率直な己の内なる本音をぶちまけちゃった気がします…。
でも、過去の感想を読み返してみたら、元々このシリーズはこんな(アホな)テンションだった模様。
私はこのシリーズに関しては、BL萌えじゃくて暁絡みのヤオイ妄想が勝ち過ぎているんですよね。
仕方ないので、緑川さんの原作よりも遥かにエロい暁の声を聴いて、妄想補完してきます♪

<拍手お礼>
・entry791、960(3件)に拍手ありがとうございました~♪

>前々回にentry838に拍手下さったSさん
大変コメントレスが遅くなってしまって、申し訳ございません。
しかも、リア友と勘違いしてしまって、重ね重ね失礼極まりませんでした、本当にごめんなさい。
お名前もさることながら、文章の感じと小説に対する目線が似ていると思ってしまったのです。
八王子姫は、私もジンワリくる良い物語だったと思うのですが、読んでいて少し辛かったです。
主人公のお姉さん程では無いにせよ、周囲からのああいう眼差しにはストレス感じてるので。
そして、渡海さん家の攻めは、同人誌でまた一段と頭おかしい系の階段登っていましたよー♪
英田さんのデコイもなんですが、「攻めは格好よく♪」の前提(セオリー)を物凄く踏み外してます。
オススメです♪

>entry960に拍手下さったKさん
こんにちは!Kさんはひちわさん予測なのですね。
私も言われて見たらひちわさんって気もしてきたのですが…うーん、どうなんでしょう?
私がひちわさんを除外したのは、今回は焦らしプレイが足りない!と思ったからなんですが(笑)。
その理由がページ数の関係だったのなら、ひちわさん説の方が有力かもしれませんネ。
(文章のテンポから判断して、和泉さんでは絶対無い…と思ってはいるのですがw)

[ 2008/10/30 21:05 ] novel BL | TB(1) | CM(2)
こんにちは!はーこさん。
今回は、昨日別記事でもアホな妄想書いてますが、どうも本編を問答無用に楽しむには、何かが足りない…いや、オカシイって感じちゃって、感想がギクシャクしちゃいました。
“面白かった”のは“面白かった”のですけどねー。
短気だから、エピソード引っ張られるとちょっとイライラするんだよな(笑)。
まあ、次に期待!次こそ、暁が活躍してくれると期待したい。
[ 2008/11/03 14:30 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは♪

暁さんはひたすらアイス食ってましたね~。
色々と暁の過去もわかるかもしれないアメリカ編ですが、なんか今回は家族ネタばかりで、ラブ面は相変わらずというか~。
最終的にボーイズラブになるのか怪しいです…。
なるべく早くに続きを読みたいけどものですが、どうなんでしょうね…。
もうそろそろ進展してもらいたいものです。
ではでは、お邪魔しました~。
[ 2008/11/01 22:01 ] はーこ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/963-0bb7434b

発売延期になっていた『吸血鬼と愉快な仲間たち』の新刊がやっと出ました~。 正直いって、発売延期は想定内といいますか~。 だって、1巻目から発売延期していましたからね…。 個人的には思ったより早く出たね~って気分です。 吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.3 (H...
[2008/10/31 07:43] こんな本よみました…
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。