スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

犬も歩けば恋をする 

あっくんのスク水の為に、今回の夏水さんの新刊は都内某大型書店のJで購入しました。
実は前々回の『完璧な恋人』は、同僚に取り置きをお願いして大失敗した苦い思い出があります。
私は自身の腐性を隠さない恥知らずなんですが、流石に“ドMリーマンLOVE”の帯は辛かった!
そして、今回はコレが誤植じゃなければゴールド帯に“きゃわわ大学院生の受難”と表記アリ。
うわっ、ゴージャスな雰囲気なのに!…相変わらず、タイトルは上手いのに帯で不意打ちを喰らう。
もはやBL関連には大概のことで動じないと自負しておりましたが、私もまだまだ修行が足りないな。
し、精進します~(汗)。

というわけで、遅ればせながら雑誌掲載時から大好きだった夏水さんの女装ネタBLを紹介します。
私の女装(少年)好きは、過去を遡ると小5の春に読んだ江戸川乱歩の小林少年に辿り着きますが、
BLやジュネは勿論のこと、少女漫画すらロクに読んでいない時から大好物なネタなのでした(笑)。
但し、いやいや女装するパターンは好みではなくて、あくまで自発的に扮する状況が萌えるのです。
しかも、“趣味”とか“嗜好”とは違う理由で積極果敢に女装するオトコマエタイプが一番の理想です。
あと、重要なのはあくまで男(の子)の“女装”であって、女と見紛うキャラの女装はイマイチなんだ。
だから、BL界で女々しいビジュアルのキャラクタの女装or遊郭ネタにはあまり食指が動かない…。

ええ、本日も無駄な前置きが長いですゾ!

即ち、そんな私の女装萌えの拘りを120%汲んで具現化してくれたのが、今回の夏水さんなのだ。
エロシーンがいつも以上にエロくて、だから何だか感想が書きづらい…と数名の方に溢しましたが、
挿入がどうの、乳首がどうのじゃなくて、あっくんの太ももふくらはぎがもう何よりエロかった…。
彼は親友のSM官能小説家の“創作”を助ける為に、次々とマニアックな女装を披露してくれますが、
平均的な日本人男性よりは痩身でチビとはいえ、骨格&下半身の筋肉が紛れも無く男子のソレで、
だから余計に色っぽくて、より変態ちっくで、要するに私がエロいと感じるタイプのBLだったのです。
もう本当に、あっくんの太もも&ふくらはぎだけで軽くご飯3倍分の萌えがあります!眼福です~♪
(そして、夏水さんの描くスカート丈がチラリズムの極意に通じているのが、また堪らない感じだw)

とはいえ、↑の解説だけだと“ピアス”的な単なるシチュエーションBL(エロ)コメディです。
夏水さんの本領は、この女装コメディをロマンスに還元して、物語がストンとオチているトコロにある。
私の大雑把区分では(BL)漫画家さんには3パターンあり、端整で精緻な作画が魅力の作家さん、
絵柄は癖があるけれど明晰な物語を紡ぐ作家さん、萌えと勢いで読者を引き込む作家さんの3方。
夏水さんは3番目のパターンに見えがちですが、実は2番目の“上手い”漫画家さんに分類される。
著者のいずれの作品にも共通する特徴なんですが、兎に角“オチ”(起承転結の転結)が上手い!
どんなにアホっぽい状況でスタートしても、読者がキュンと来る顛末を用意しているのがスバラシイ。
(ちなみに、BL小説だと海野幸さんに同様の“旨み”を感じる…あくまで私のオレサマ基準ですがw)

なので、必然的に二人(今井×あっくん)は(焼けぼっくいに火がつく感じで)“再び”恋に落ちます。
高校時代にはお互いに垣根を越えられなくて自然消滅してしまった、穏やかな関係の仕切り直し。
美形で頭が良くて優しいけれど、ナチュラルに変態(天然系)な今井を受け止めるあっくんの恋は、
遠回りした分、心の深いトコロで繋がるコトが出来たんでしょうネ。

ご馳走様です!

<作品データ>
・夏水りつ『犬も歩けば恋をする』(芳文社花音コミックス)2008.11
犬も歩けば恋をする (花音コミックス)犬も歩けば恋をする (花音コミックス)
(2008/10/29)
夏水 りつ

商品詳細を見る



↑で、さっぱり言及できなかったけれど、ミニチュア田中課長と山田くんのショートも同時収録。
この二人は、多分山田×課長でFAなんだろうけど、私は心密かにリバを期待しております~♪

<拍手お礼>
・entry887、956、960、963、964、965、966、967(4件)に拍手ありがとうございます~♪
ドラマCDは出遅れすぎな感想だと思うのですが、リアクションが(当社比)多めで嬉しいです。
そういえば、ここにいたって拍手件数は882が一番になりそう…かな…?
P4の所為で走り書きな感想に仕上がっていて、実は書き直/足したいエントリーの一つだったり。
[ 2008/11/06 21:14 ] comic BL | TB(1) | CM(2)
こんばんは!棗さん。
あ、今日はデートじゃないよ、いつでも何処でもお一人様だよ(笑)。
でも、また棗さんが上京される機会があったら是非ご紹介したいお店です。
ランチだったから、安いし♪

私は女装モノ自体は嫌いじゃなくて、むしろ好きですよー。
かの有名な英国名探偵の女装シーンとかは、すんごい萌えた記憶があります(笑)。
ただ、自分がそういうことに興味が薄いせいか、可愛い女の子みたいな格好をしたい男の子にはあまり魅力を感じないかも…と思ったけど、石田衣良さんの小説にもこういうタイプで萌える子いたなあ、そういえば。
あー、でも白泉社系の少女漫画の女装ネタは昔から好きじゃないんだよね。
『っぽい!』とか…何だろう?読んでて何かが引っかかる。

まあ、でもあっくんのオトコマエ女装は大好きです。
今井の変態妄想はもっと好きです~♪
今から、ドラマCDが楽しみで楽しみで仕方ないんです、本当に。

そして、ヤマタナでリバ妄想したのは、山田が私好みの黒髪キャラだったから…。
黒髪イケメンキャラを見ると、どうしても受けにしたくなるのが私の悪い癖でして。
課長が攻めるのは、ありえないだろうから本気で私のただの妄想です(笑)。

ではでは!
コメント&TBありがとう♪
[ 2009/04/26 00:18 ] tatsuki [ 編集 ]
こんばんは♪tatsukiさん。

CD発売が発表されて、tatsukiさんのこの記事の”スク水”という部分を思い出しましたよ、なぜか・・・。
私は、tatsukiさんはてっきり女装モノ好きではないのかと思い込んでて、コミックス読んで、あらためて感想読ませていただいて、ちょっと驚いた(笑)
確かに、あっくん、たくましいよね~。
そんじょそこらの受けちゃんよりは、いい太ももしてると思う。
個人的には、そんなに女装モノに萌えがないんだけど、今井がみょーにヘンタイなところがツボにきそうだったよ・・・。
その女装させたい~、とか、縛りたいとか(笑)
・・・やっぱり私、そーとー変だわ、ということを再確認いたしました。

>私は心密かにリバを期待しております~♪

山田と田中課長でリバ?っていうか、このまんまじゃ無理だよね、この人たち(笑)
田中課長、元に戻れるのかな~。

ドラマCD、どんなになるでしょーね、楽しみですね♪
[ 2009/04/23 21:31 ] 棗 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/962-2428aa40

犬も歩けば恋をする (花音コミックス) 夏水 りつAmazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <あらすじ> 「この縄? あっくんを縛る縄だよ」突然、元同級生の今井から、小説のモデルになって欲しいと連絡が来?...
[2009/04/23 21:22] 雪月花
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。