スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

罪人は愛を知る 

へたれ(ダメ)オヤジ攻め萌え♪友の会会員の皆さまに、大変オススメな一品でした~。
タイトル的にも、アラスジ的にも、イラスト的にも、そしてレーベル的にも想像つかないと思いますが、
本作品は、17歳の聡明な美少年に恋をしたセクハラ伯爵様が、跪いて永遠の愛を誓うハナシです。
34歳にして初めて恋を知ったオッサンの、形振り構わない捨て身技のラブ・アタックが見物デス。
大体、オッサンの講じる手段がアサッテ方向過ぎて抱腹絶倒モノ!あぁ、楽しかった~♪

さて、真面目な話をしますと、この作品は牧歌的で典型的な流浪の王子様のサクセス・ストーリー。
天涯孤独で浮浪者同然の形で登場したシルス少年は、実は高貴な出自の王子様だったのですネ。
性別の壁も、年齢の壁もそれなりに高かったけれど、実は身分差の壁も厚かったハトリー伯爵。
その真実を知った時は既に遅く…いや、彼のお腰の剣は割と初っ端からシルスを貫いてしまう訳で。
シルスはそんな伯爵様のセクハラに心底イヤな顔を示すのですが(まあ、極めて健全な反応だw)、
最終目的の為に我慢します…が、後に伯爵様の好意に気付いて彼に深く同情する優しい子です。

えぇ、シルスは結果的に程々の愛情を伯爵に示しますが、彼にとってはソレは大事の前の小事で、
ハトリー伯爵の遅まきの恋の暑苦しさに比較すると、とても“恋”と呼べる心情では無かったと思う。
大団円のベッドシーンも、恋の病に苦しむ伯爵を彼の尊い友愛精神で慰めるといった状況に近い。
このタイトルの“罪人(=伯爵)”って、本当に本来の意味で(未成年)強制猥褻罪なんだもんな…。
彼は、一生の忠誠を誓って王国(&王子)の盾に徹し、私財を投げ打って王子の“理想”に応え、
そうやって罪を償っていくのだろうし、ソレがそもそも利発なシルスの狙いだったのかもしれません。
強かで、聡明で、明朗で、健全で、王国を“理想”に近づけることに余念の無い良き為政者です。

私の直観では、シルスのユートピア的な理念はそのままでは困難が訪れる可能性が高いですが、
でも、難局に遇しても身を削って、国民を守るコトに腐心するであろう彼の勇姿は想像に難くなく、
諸国(邦)で遊説を行って、より平和的な解決法を模索していく彼の支持者は絶えないのでしょう。
この物語は西洋ファンタジーというかお伽話的な、架空の王国の架空の寓話に仕上がってますが、
政治的局面では“禅譲”で国家を安定化させているので、中国の易姓革命的だなあと思いました。
シルスの出自は手段に過ぎず、シルスの“徳”が王(為政者)たらしめるのですよね。

この作品の前に読んだ某ファンタジーに納得がいかなかったので、余計に楽しく読めました~♪
ご馳走様です!

<作品データ>
・大鳥香弥『罪人は愛を知る』(一馬友巳・画、幻冬舎リンクスノベルス)2007.2
罪人は愛を知る (リンクスロマンス)罪人は愛を知る (リンクスロマンス)
(2007/02)
大鳥 香弥

商品詳細を見る



↑で触れた、某ファンタジーとは大好きな華藤えれなさんのアイリス文庫だった訳ですが…。
(私個人の)感想はおいといて、この作品についても是非語りたいことは二つほどあるのです、実は。
でも、その為にとても退屈だったあの小説の感想(or解説)エントリーを書くべきか否か、迷い中…。

今、『20世紀少年』の漫画を少しずつ再読しているのですが、これも極めて良性なファンタジー。
ウラサワ作品はちょっと怖いんだけど、本当に怖いシーンは省略するのが凄いなあと感心してます。
それにしても、私にとって理想のファンタジーって何なんだろうと、改めて悶々と考えてしまいます。
お友達の秋月さんは「含蓄」だと仰っており、ゆちゅ♪さんは「ダークファンタジー」だと仰ってたけど。
ファンタジー作品で文句が多いのは私の悪い癖ですが、多分何らかの拘りがあるんだろうなあ…。
定義づけ出来るほど、ファンタジーを知ってはいないんだけれど。

<拍手お礼>
・entry887(2件)、888(3件)に拍手ありがとうございます~♪
ディアプラスは、メジャー作品に愛が無くて申し訳ない…です…。
というか、いずれの雑誌にも言えますが、シリーズモノって途中から読んでも厳しいですよね。
だから、小説ビーボーイ買ってもエビリティとか豪華客船シリーズはスルーしちゃうんだよなあ。
あ!どのみち岩本さんのは、小説ディアプラスの方も読んでないや(笑)。

そして、誰にも尋ねられないP4ネタ。
菜々子ちゃんを助けに行かねばなりません!!レベルが低いらしくて、雑魚でも大苦戦中…。
あと、某ラジオドラマ…オデッサの声のイメージが違い過ぎる…何で、あんなに高いアニメ声なの?

更に小ネタ(←しつこいっ!)。
今秋アニメ化決定の某作品、インデックスがヒロインの名前だったことを今日知りました(笑)。
ちゅーか、火系の魔法使い(CV.キーヤン)からヘタレツンデレドM受けの匂いがする…。
そもそも、火属性(攻撃が得意)な男子キャラって悉くドM(受け)な気がするのは気のせいか?
某ゴクデラ君とか某マスタング大佐とか…。
[ 2008/09/22 21:20 ] novel BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。