スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雨無村役場産業課兼観光係  

おじいちゃんが主役の話か
おばちゃんが主役の話か
BLっぽいやつを
どれがいいですか


という、著者と担当さんとの打ち合わせを経て出来た作品が出来たみたいです~♪
どのタイプの作品が生まれたかは、↓の表紙を見て判断して下さいませ(笑)。

<作品データ>
・岩本ナオ『雨無村役場産業課兼観光係』1巻(小学館フラワーコミックスα)2008.8
雨無村役場産業課兼観光係 1 (1) (フラワーコミックス)雨無村役場産業課兼観光係 1 (1) (フラワーコミックス)
(2008/08/08)
岩本 ナオ

商品詳細を見る


私もこの作品の舞台と同程度の“田舎”育ちなので、ここに出てくるオバチャンとかオジチャンとか、
村(or町)おこしを目指して何らかの企画を練って、県(or道)から助成金得るために知恵を絞って、
でも、結局は村人達の方が飽きっぽくて、最初の数年で祭りor誘致は挫折する的な現実の光景を、
確かに実家に住んでいたときによく見かけました…“会合”と言う名の倉庫での“飲み会”とかさ…。
コネで決まる“役場”とか、同じ苗字で密集している集落とか、山の上から眺めた町の風景とか…。
全てが懐かしく、でもその“閉ざされた”平安はやっぱり少し息苦しくて、私にはもどかしい気がする。

とまれ、そんな田舎の村役場に就職して出戻ってきた純朴な青年の“小さな”(恋)物語なのでした。
というか、少女漫画の割に“恋”には重心を置いてなくて、限られた面子による限られた条件下で、
それぞれが人生の“幸せ”を追い求めていくのが主題の、そんな作品なんだと思われます。

多分、メインの3人とも“欲しいもの(人)”の全ては得られがたく、そんな中で“誰が何を”選ぶのか?
恋愛に軸をおくと、銀ちゃんはメグが良いな♪と思っているけど、メグはスミオがめちゃくちゃ好きで、
惚れっぽくて恐らく“ゲイ”のスミオは優しい銀ちゃんが好きという、典型的なトライアングル・ラブ
これがBLだったら結末が簡単なんですけど、そうじゃないので多分私の淡い期待は潰えます(笑)。
いや、スミオの想いが報われる展開があるかもしれないけれど、それは多分BL的なモノとは違う。
かといって、都会派的な“ゲイ”を描くオシャレな少女漫画的な結末を用意してる訳でも無さそうだ。

“結婚”という制度を、“恋愛”要素以外のもっと地元密着型の慣習的な何かに置いているんですよ。
“恋愛”の成就(ゴール)としての“結婚”を想定していないから、いずれの結末が導かれるにしても、
銀もメグもスミオも夫々が幸せになれると思うけど、ソレは何かを“我慢”して得た結果だと思われる。
だから、“誰が何を”選ぶのかというのは、“誰が何を”我慢するのかというのと同じことなんですよ。
彼らが人生の“天秤”に賭けているモノは少しずつ違っており、ソレが物語の“深さ”に繋がっている。
結末のパターンは(BL的なそれも含めて)いくつか想定出来ますが、そのいずれが選ばれるにせよ、
私の想定外のパターンに導かれるにせよ、この素朴な物語は私の心を捉えて放さないと思います。

続きが本当に待ち遠しいな~♪
久々に読んだ、心痺れる“少女漫画”でした!ご馳走様です♪



それにしても、ヌートリアって何?って思ったら、何か大型のネズミっぽい?それとも土竜か?
私は間近でエゾシカやキタキツネや、アオダイショウやらは見たことあるけど(遠目にヒグマも…)、
秋月さんは、もしかしてヌートリアを見たことあるんでしょうかー?(私信)
そういえば、私は秋月さんがよく話題にされていらっしゃったムカデも多分見たこと無いです…。
東京の公共浴場で初めてGを見たときは、そのあまりの大きさと素早さに気を失いそうだったけど。
あ、実家の風呂場では父が連れてきたらしい蛭(ヒル)の死骸なら目撃したことありますが(笑)。

<拍手お礼>
・entry548、550、551、554、556、794、874(2件)、875(2件)に拍手ありがとうございます~♪

>Pさん
拍手&コメントありがとうございますっ!
彼らの言葉で救われる人もいるでしょうから、一概にその言動がダメという訳ではないのですが、
私個人として見るとちょっと煩く感じちゃいます…Pさんも同感だそうで同志がいて嬉しいです。
そして、東さんのロジックを突き詰めると“読書”自体にも意味がないと言わているみたいで、
すごくそこに抵抗を感じちゃうんだなあ~、人が何によって救われるかは局面局面で違うだろうし、
自身の見出した“意味ある”アイテムにしか価値を置かないのは、何だかなあーという感じです。
まあ、彼にとっては私の大好きな歴史もBLも全く興味がなくてどうでもいいことなんだろうけど…。
いずれにせよ、東氏や大塚氏よりも意味の無い人生を送る人間のツマラナイゴタクです(笑)。

[ 2008/08/30 20:31 ] comic 非BL | TB(6) | CM(2)
こんばんは!りこさん。
そうです、「凛花」で連載されていた作品だったみたいです。
私は、いつも読み逃しちゃってこの雑誌は読んだことが無いのですけれど…。
年三回って、季刊誌以下のペースなんですね…どおりで見かけないわけだ!(笑)

あの告白シーンは、少女漫画ならではのインパクトですよねー。
すごく迫力があって、大好きなお気に入りのシーンの一つです。
本当に、スミオは腹を括ったんだなー、と。

スミオの行方は…えーと…ある意味で相変わらずかも…(笑)。
何でそうなるのっ!的な展開になってて笑えました。

ではでは!
コメントありがとうございます~♪
[ 2008/09/03 20:31 ] tatsuki [ 編集 ]
こんばんは~^^

これ、「凛花」で連載している作品ですよね!
別作品目当てで一度購入したときに、読んだのですが、"純然たる"少女漫画だと思って読んだので非常に驚きましたね。
スミオが銀ちゃんに想いを打ち明けてしまう回だったので。
さすが「少女漫画を超える少女漫画」を標榜している雑誌だと思いました(笑)
衝撃だったのですが、空気感がすごくいいなと感じて何度も読み返してしまいました。

スミオの行方が気になるので、コミックスを買おうかなと思います^^
[ 2008/09/02 23:14 ] りこ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/877-0b861c56

la aqua vita 雨無村役場産業課兼観光係
[2013/06/12 16:19] polo ralph lauren outlet
la aqua vita 雨無村役場産業課兼観光係
[2013/04/24 18:52] celine bags
la aqua vita 雨無村役場産業課兼観光係
[2013/04/24 02:30] wow gold
la aqua vita 雨無村役場産業課兼観光係
[2013/04/22 21:08] miu miu
la aqua vita 雨無村役場産業課兼観光係
[2013/04/22 15:48] NSEckapW
la aqua vita 雨無村役場産業課兼観光係
[2013/04/22 14:48] scarpe hogan
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。