スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フリージング アイ 

とうとう、新刊書籍で入手できる華藤えれなさんの作品を全て読んでしまいました…。
結論から言うと、私は華藤さんの小説が大好きデス!合わなかったのは、『上海夜鳴鳥』のみです。
どの作品にも突っ込みたい部分が無きにしも非ずなのですが、今となってはソレすらも“魅力”かと。
物語(エピソード)やBL設定のバリエーションが決して多い訳ではなく、キャラ萌えをする訳でもなく、
なのに、私は彼女の作品に魅了されっぱなし!…その独特の小説の“型”が、心に深く沁みるのだ。
勿論、文章の“美”とか“整”という意味では、華藤さんを凌ぐ小説家はBLに限定してもいるとは思う。
が、夢と現の狭間の、肉体と魂が半ば分離⇔融合しているような幻惑的な場面の描写においては、
彼女の“(文)才”は殆ど他の作家の追従を許さない独壇場と化しているように、私には見えます。
あえて“萌え”と言うなら、(初期スレイヴァーズ作品を除き)一貫して私は文章“萌え”なんですよ。

ということで、最後に“温存”していた『フリージング アイ』をご紹介します(笑)。
スレイヴァーズシリーズ読む前にスピンオフを読むのも何だかな、と思っていたので遅くなりました。
読後の印象は、スレイヴァーズのノリというよりは、華藤さんお得意の京都モノに近かった気がする。
というか、表題作は軽めの“賭け事”コメディなので、『コーリング アイ』の方が本編に見えました。
オヤジ(年齢というよりは精神が…)攻め×クールビューティー受けの、エリートリーマン同士です。
スレイヴァーズのあの二人に比べると遥かに“健全”というか、余計な遠回りをしない展開でしたネ。
サクサク進むので、読みやすいし飽きが来ない!

ややシリアスの『コーリング アイ』では、お能の演目で有名な「道成寺」がベースに敷かれてます。
業火に囲まれる悪夢にうなされる早瀬は、試用期間中の恋人・若宮に伴われて故郷の京都に行く。
彼の記憶の底に沈む情念の在り処、恋愛を忌避する“呪”を解く為に、二人は核心を探る旅に出る。
若宮という優しく愛しい存在に出会い、自身の中にも焦がすような熱い恋心があることを知る早瀬。
母の二の舞を踏むまいと己を律し(or祖母によって縛められ)てきた彼は、長年の呪縛を解き放つ。
気丈な早瀬は厳格な祖母を克服し、それどころか、長年のわだかまりすら解消してしまうのですね。
このキツい性格&言葉を浴びせる祖母と早瀬の言葉の応酬が凄まじくて、とても迫力がある(笑)。

とまれ早瀬は、身を焦がすような情念の猛火も、いつか蛇と化すかも知れない恋情もひっくるめて、
懐の広い、時折お茶目なオヤジギャグをかます若宮という男に、その滾る“心”を許されるのですな。
めでたし、めでたし♪

あと、一個だけ。
作中に“群集”という単語が二回出てきますが、これはリースマンの『孤独の群集』のイメージかな?
キーワードのような気もしますが、サラリと受け流されているので、私の只の“直感”なんですが…。
何となし“群集”という言い回しは、日常的な表現ではないような気がするのですが、私だけしら?

<作品データ>
・華藤えれな『フリージング アイ』(雪舟薫・画、幻冬舎リンクスノベルス)2004.12
フリージング アイ (リンクスロマンス)フリージング アイ (リンクスロマンス)
(2004/12/25)
華藤 えれな

商品詳細を見る




当初は、私は若宮のどうしようもないダジャレに精神的なダメージを受けていたのですが…。
同人誌などを読み直すと、殆どダジャレや川柳が出てこないので、何だか物足りない…。
ヤバイモノに毒されてきたみたいです(笑)。

<拍手お礼>
・entry473、476、759、809、864、870(2件)に拍手ありがとうございます。

>Sさん
今日、コ○ミ公式ページが更新されてましたね!
大体私の予想通りのキャスティングでしたが、お一人だけ不明でした…まさか、星振剣か…(笑)。
カイ師匠萌え暑苦しくてすみません!…師匠と坊ちゃんだけその所為でレベルが70超えてます。
2にデータ引き継ぐと坊ちゃんのレベルが高すぎて、レベル上げにくいのがネックなデータです。
あと、ゲンスイトークは私もとっても楽しいので、勝手に垂れ流します、暑苦しいファンですからっ。
拍手&再コメントありがとうございました~♪

>Nさん
アニメや音楽、特撮は妹担当なんですよ(笑)。
私は、ゲームとか漫画とか小説とか…。
妹もゲームしますが、アクションとか格ゲーとか麻雀(RPGやSRPGは私担当)。
要するに、被っていそうでお気に入り作家とかジャンルがズレてるんですよねー。
そして、夏コミは3日目は、例年に無く涼しくて過ごしやすかったですよ~。
寂しいのは、私の懐…オリジュネは兎も角、二次ジャンルで微妙に使いすぎちゃいました…。
ではでは!拍手&コメントありがとうございます♪
[ 2008/08/20 22:08 ] novel BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/871-9f751a45

la aqua vita フリージング アイ
[2013/04/22 13:31] scarpe hogan
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。