スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

白雨 

真崎さんの小説は、私好みの設定なのに展開駆け足だから勿体無いなあ、といつも感じます。
文章の運び方、もしくはプロットの取捨選択の段階で、微妙に私の萌えを外されてしまうみたい…。
今回の作品もそんな些細な引っかかりというか、気になるポイントというのは何箇所かありましたが、
それでも今まで読んだ3作の中では断トツで面白かった!実は、感極まって泣きそうになりました。

だって、二人の“恋”模様が健全だったんですもん!
先月読んだ腰乃さんや李丘那岐さんの作品も、夏らしいこざっぱりした健全なBLだと感じましたが、
この作品も、夏を舞台にした一瞬の“恋”の煌きが時を経てかけがえの無いモノに転じる物語でした。
校則違反を理由に課せられたボランティア活動を通じて、初めて会話し意気投合した水沢と加賀は、
開放的な気分と運命的な何かを感じて、瞬く間に一線を越えます…が、それはあくまで真夏の夢。
無力で若い彼らでは、恋の情熱だけでは人生を渡りきれず、二人の仲は引き裂かれてしまいます。

ボンボン育ちの加賀と、アルバイトで稼いだ貯金を家賃に充てなければならない水沢の境遇では、
“お金”に対する価値観が違いすぎて、聡明な水沢は二人の関係が立ち行かない現実に自覚的。
親の脛を齧ってる身の上の“バカボン”加賀は、水沢を守りきる盾もなければ親に盾突く武器もない。
畢竟、水沢は情熱だけで全てを押し切ろうとする頭の廻らない加賀を切り捨て、完全逃走を試みる。
パートナーはおろか、自身の身すら守れない二人にとって、これが出来うる限りの最良の策な訳で。

で、年月を経て無事に再会を果たす訳なんですが…。
視点キャラの水沢がその“運命的な恋”を、“人生唯一の恋”と信じているのは仄めかされてますが、
再会後の加賀はコブ付きだし、正体不明に描かれているので彼の心中はなかなか見えてこない…。
が、水沢に会いにきた(迎えに来たと言っても良いと思う)加賀が、唯一携えてきた武器を知るとね、
想定範囲外の彼の実直(一途)さに、「うぎゃああっ!!」って、心奪われちゃうんですよね(笑)。
生まれながらにステータスの高い加賀はもっと高性能の武器も持てるし、選択肢も多い筈なんだ。
なのに、水沢に会うために携えてきたのは当時と変わらない、いえ、もっと強化されたアレなのだ。

通常タイプのオレサマ攻めなら絶対に違う武器を携えて、完全武装して出直して来ると思うのです。
でも、加賀は違った!ストレートかつ健全に腹を括って、世界の中心でも愛を叫べるタイプでした…。
この素朴な再会BLに、私がここまでテンション上げたのはそんな加賀の度量の大きさにあると思う。
私は元々オレサマ攻めが大好物ですが、加賀はそんじょそこらを差し置いて頭一つ抜けてました。
マジでカッコ良かった!ご馳走様です~♪

<作品データ>
・真崎ひかる『白雨』(陵クミコ・画、幻冬舎ルチル文庫)2008.1
白雨 (幻冬舎ルチル文庫 ま 2-1)白雨 (幻冬舎ルチル文庫 ま 2-1)
(2008/01/18)
真崎 ひかる

商品詳細を見る



この作品は、奥付見ると真冬に刊行されてたみたいですが、読むなら夏が最適だと思います。
番外編の同人誌もあるそうなので、来週の某所で仕入れてこようっと♪

<拍手お礼>
・entry864(2件)に拍手ありがとうございます!
最近、FC2ブログは自動保存されるようになったので、想定外のエントリーが増えて困ります…。
今までは、記事ナンバーと記事総数に開きが無かったのに、どんどん差が広がっていくのです。
素直に、「イロメ」に拍手ありがとうございます!っとお伝えした方が分かりやすいのかな?
拍手件数が少ないときはそれでも良いんですけど、件数多いとタイトル抜書きも大変で悩みドコロ。
[ 2008/08/04 01:58 ] novel BL | TB(9) | CM(3)
こんばんは!森さん、棗さん。
コメント&TBありがとうございました~♪

>森さん
若いがゆえの不器用な恋を一歩引いて、時間を経て再構築する二人の関係が良かったですよねー。
淡雪は“恋”に関しては殆ど障害の無かった二人ですから、安定はしてるけれど、二人の“覚悟”の見通しはちょっと甘いかなあという気がします。
まあ、あちらはあちらで卒業前の主人公とあわあわしていたささやかな日常生活がしんみり来るお話だったのですが。
それにしても、加賀がオレサマへたれとしては理想型過ぎました(笑)。
ちゃんと、自分の行き過ぎを謝れる穏やかな青年に成長していたのが、魅力的でしたねー。
まあ、実生活でも私はああいうタイプに弱いです、多分(笑)。
ではでは!

>棗さん
あ!展開が早いって感じてたの私だけじゃ無かったんですね。
上手く説明できないんですけど、もっとゆっくり丁寧に追って欲しいエピソードがスルスル進んじゃう時がありません?
全部じゃないんだけど、時々物語をゆっくり咀嚼したいのに、ソコに限ってサラッと流されちゃう気がするのです。
真崎さん以外の、他の作家でこういう印象を持った方がいたはずなんですけど、誰だったろう…ちょっと思い出せないデス…。

そして、そうでした!
再会モノに弱かったんでした、私たち(笑)。
あの日あの時あの場所で~(以下略…)で始まる恋愛モノは、やっぱり不滅の萌え要素なんでしょう。
こういう直球ネタって、昨今だと少ないからたまに出くわすと嬉しいですよね~♪
てことで、李丘さんのリブレもオススメですよー。
高校時代の“ライバル”が再会して、可愛い恋を始める展開です。
多分、棗さんもツボるはず…。

では!
[ 2008/08/06 19:23 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは♪

予告通り(笑)TB&コメントありがとうございました~。ということで、さっそく参上いたしました♪

>展開が駆け足だから勿体無い

真崎さん、そうなんですよねー。
あれとかそれとか、いいんだけど、あああ~みたいなことがよくありますから(笑)
それでも、私はこの作品はいいかんじにしっとりでしたよ。
やっぱり、萌えツボ直撃の設定だったからでしょうか♪

>世界の中心でも愛を叫べるタイプ

八年って時間はすばらしいですね。
あそこまで人を変えます。
しかも、あの時の別れがあっての、八年っていうのがミソなんですよね。

しかし、私たちこういう再会モノがストライクですよね。
前にもたしかうえだ真由さんの「恋の行方は天気図で」も、絶賛でしたもんね。
・・・再会モノ同好会がつくれそうです(笑)
なんか、またすばらしい再会モノを発見したときには、ぜひ御一報を!

あーどうしよう『淡雪』も読んでみるべきでしょうかね・・・。
[ 2008/08/05 21:38 ] 棗 [ 編集 ]
tatsukiさん、おはようございます^^
私もこの話、大好きです。「淡雪」よりもこちらの作品の方にジンとさせられました(笑。
二人の子供時代の不器用さと大人時代の不器用さが相俟って、本気の恋の辛さや難しさはここまで人を切なくさせるのだなあとほうれん草キッシュに思いを馳せながら胸キュンしてました(笑。
加賀の「世界の中心で…」説、まさに言い得て妙!!すごく納得してしまいました(笑。tatsukiさん例えが上手い。流石です。
TBいただいていきますね^^
[ 2008/08/05 09:23 ] 森 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/865-be57d24a

la aqua vita 白雨
[2013/06/10 14:27] discount apple macbook
la aqua vita 白雨
[2013/04/24 21:47] sac louis vuitton
la aqua vita 白雨
[2013/04/23 18:07] hermes bags
la aqua vita 白雨
[2013/04/22 19:17] celine bags
la aqua vita 白雨
[2013/04/22 15:45] seo tools
la aqua vita 白雨
[2013/04/22 14:36] URJYbOpi
la aqua vita 白雨
[2013/04/22 13:27] scarpe hogan
白雨 (幻冬舎ルチル文庫 ま 2-1)真崎 ひかるAmazonランキング:18377位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <あらすじ> 水沢那智の焼菓子店を、夜ひとり訪れる男の子。閉店間際にやってきては必ず「全部」買っていくその子の保護?...
[2008/08/05 21:20] 雪月花
以前に「はちみつロールケーキ」に夢中と書きましたが、今はそれを冷凍して食べるのが病みつきになってしまってます。ロールケーキを適度の...
[2008/08/05 09:25] 腐女子の *MEMO to memo
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。