スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブラックラグーン 8巻 

猟犬メイド騒動の中盤戦です。
作中の誰もが、畏怖という名の敬愛をこめて彼女を“猟犬or狂犬(ハウンド)”という称号で呼ぶ。
彼らのスラングでは、それは罵倒表現じゃなくてれっきとした最上級の尊敬語なんだと思われます。
この作品の何が魅力的って、記号的な(美)少女達が夫々のを持って戦い抜く事に尽きるかと。
男供はにすらならず、彼女らは果敢に戦場という舞台を生き残るために徹底抗戦を続ける訳だ。
現実問題、渦中の最中では女も男も老いも若いも無く、生き抜くためには選び続けるしか道は無い。
下手な言い訳も、崇高な道義も、守るだの守られるだのといった悠長なハナシも通用はしないのだ。
それこそ、ケツに火がついたら是が非でも自分の火の粉は、自身で振り払わなければならない。
そんな訳で、彼女は巨大な灰色狐やらマフィアやらゲリラやらと決死の流血殺戮戦を繰り広げる。
とはいえ、半ば燃え尽きかけたキリングマシーンなので、結果はもう殆ど見えているのだけど…。

要するに、死兆星ってヤツがね。
でも、最後まで絶対に諦めないんでしょう…ロベルタもロックもレヴィもガルシアもファビオラもね…。
血塗れだろうが、オーバーキルだろうが、前に進み続ける彼女らがとても美しく気高いと思うのです。
そして、次巻ではいよいよバラライカの“反撃”が始まるんでしょうね、続きがとっても楽しみです~♪

<作品データ>
・広江礼威『BLACK LAGOON』8巻(小学館サンデーGXコミックス)2008.7
ブラック・ラグーン 8 (8) (サンデーGXコミックス)ブラック・ラグーン 8 (8) (サンデーGXコミックス)
(2008/07/19)
広江 礼威

商品詳細を見る



このブログは、この作品で検索して来てくださる方が意外と多いんだよね…(笑)。
腐向け要員の、ロットン君も再登場してまっせ!相変わらず、何の役にも立ってはいないけれど。
[ 2008/07/18 23:30 ] comic 非BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。