スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

演劇どうですか? 

2年前の雑誌掲載時からお気に入りで、文庫化がとっても楽しみだった桜木さんの新刊でした…。
ええ、残念ながら過去形です…綺麗な思い出はそのまま封印しておくべきだった、と少し後悔中。
勿論、物語本編の攻め視点は大好物の女装芝居ネタですし、今回の再読でもとても楽しかった!
が、問題は後半の書き下ろし…卑屈でしつこいネガティブな受けに付き合うのがかなりシンドイ…。
最終的な物語のオチ自体は悪くは無いんですけど、はっきりいって本編は台無しだったと思うのだ。
だって、本当に雑誌掲載分は面白かったんですもん!青春群像劇風のBLテイストが心地良くて。

桜木さんの小説の舞台は、私の故郷でもあるのでやっぱりちょっぴり懐かしい気持ちになります。
特に今回の本編の主人公である森下絆次は、ヘタレで素朴でニブチンの典型的な道産子気質で、
彼の察しの悪さとか配慮の足りなさは、某指南所で徹底的に糾弾されそうな欠点に見えますが、
相手の言質の裏を読まず、タテマエとホンネを使い分けないこの性格に、私は親しみを感じます。
北国生まれ/育ちは、コレを当たり前だと思って日常生活を送っていますから全く気にしませんが、
内地の方は、この大らかさor鷹揚さorズボラさにもしかしたら逆にストレスを感じるかもしれない。
そういう意味では、北国人×都会人の県民性のギャップを皮肉ったコメディBLだった気もします。

でもね、道産子の人間関係は確かに薄いかもしれませんが、その代わりフラットだと思うんです。
察しは悪くても男女の別なくフラットでサバけているから、私みたいな人間にはとても居心地が良い。
この作品に登場する演劇サークルの面々は、夫々の性格的な欠点を読者に晒しているんだけど、
それでも尚、腹の内で何を考えているのか分かりにくいキャラクタ達よりは遥かに私には好感デス。
幼少から人の心の裏読みばかりしてきた眞水結は、この見え過ぎ易さに逆に不安を覚えた模様。
隣の芝生はそりゃ誰しも多かれ少なかれ青く見えるモノですが、そこで延々とグズられてもね…。

絆次視点の時の眞水は、ツンデレというかプチ乙男なへたれ誘い受けの印象が強かったのですが、
視点変更でそんなイメージは一瞬で崩壊し、私好みじゃないいつもの桜木さん家の受け君でした。
ウジウジグルグル無限ループで全てに疑心暗鬼になって、一歩も前に進めない元・子役スター。
腹黒くっても経験豊富でもそんなコトはどうでも良いんですけど(というか、むしろ私は萌えだけど)、
彼の内面心理の鬱屈感というか卑屈感は、ホントーに読み付き合うのがとても疲れるんですよー。
そういえば、桜木さんの受けってハチクロの山田っぽくて、やはりそのしつこさが道産子に見えない。
(今回は、内地出身なので紛れも無く道産子ではなかったんだけど…)

うわああ、こっちのハナシしちゃうとネガティブ感想に拍車がかかる~っ!!

軌道修正。

本編は、長身を買われたフツーの大学生が突如演劇の主演に抜擢され、演技にのめり込む物語。
楽屋裏や芝居の練習風景やサークル仲間達との淡々とした日常生活が、のんびりと進行していく。
これがTVのドキュメンタリー番組風で、桜木さんの端正な文章も冴えているから気持ち良く読める。
特に大きな事件が生じる訳では無いけれど、サークルメンバーにも馴染み芝居にもハマる主人公。
とりわけ、当初は反りが合わないと思っていたヒロイン役に、どんどん惹かれるものを感じていき…。
まあ、お約束展開ですが、劇中劇内の“作品”も練られているし、“台詞”の仰々しさもらしくて良い!
二人の距離はお芝居の稽古を通じて縮まり、舞台の本番クライマックスで二人の恋愛も成就する。
小説内の“時間”の使い方がとても上手い作品なんですよねー。

兎に角、本編だけなら私は大好きなので、とってもオススメです~♪
が、後半は…どうせなら、大高君の脳内妄想(暴走)の方が幾分マシだったかもしれない…。
彼ほど徹底した駄メガネでネガティブで卑屈なウザキャラも珍しい…よ…ね…。

<作品データ>
・桜木知沙子『演劇どうですか?』(吉村・画、新書館ディアプラス文庫)2008.7
演劇どうですか? (新書館ディアプラス文庫)演劇どうですか? (新書館ディアプラス文庫)
(2008/07/10)
桜木 知沙子

商品詳細を見る





全くの余談ですが、私の母校(高校)の先輩に某○泉洋氏主宰の劇団員が2名もいる模様…。
お一人は丁度私と入卒が入れ違いなんですが、もう一人はもうちょっと年が↑だったかな…??
まあ、北国の演劇繋がりっちゅーことで(笑)。

<拍手お礼>
・entry114、455、573、844に拍手ありがとうございます~♪
特に、455の記事は作品自体もお気に入りだし、記事も一生懸命書いたので嬉しいな!!
[ 2008/07/10 23:24 ] novel BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/845-1861777d

la aqua vita 演劇どうですか?
[2013/04/22 13:34] sac louis vuitton
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。