スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レヴィ=ストロース 構造 

私にとってBL/やおい的(腐系)思考とは、世界を理解する為の補助線なんだと思うのです。
即ち、レヴィ=ストロースにとっての野生の思考神話)や、幼児にとっての童話などと全く同じ。
“下”にまつわるバリエーションの物語が目立つから、余計に誤解され易い傾向にあるのでしょうが、
“受け”と“攻め”の統合神話(BL/やおい)は、より開かれた世界可能性に目的にしていると思う。
一見不可解/不条理なこのジャンルが、(私にとって)非常に快感なのはこの構造にある筈です。
BL/やおいだって、結局はビルドゥングスロマンの変形バージョンの一つなんだと思う。

とはいえ、これはあくまで私の視線であって、他の腐系思考者が同じスタンスだとは思ってません。
昨年、私はのだださんのブログで文化人類学者の視線はかなり不快であると心中を語りましたが、
それは所謂同属嫌悪というモノでして、実は私自身の視線のヤらしさを弁明していたのですよね。
賢明なのだださんにはバレバレだったでしょうし、コメント欄でやんわり窘められた記憶もあります。
それ以前にも、彼には(BLから)距離のある者としてうっかり私は引用されていますしね(笑)。

私は、自分をBL/やおいに加担する腐女子的生き物と位置づけた上でブログで発言する一方で、
数多のBL/やおい作品群を採取して、自説の強化に引用・援用しようと躍起になっている時もあり、
後者の私は、間違いなく“腐女子”の異端児であり、裏切り者であり、略奪者なんだと思うのです。
成人してからこの世界を知った遅まきの人間なので、無意識に無邪気に関わるコトが出来ません!
言い訳が思いつかないと、(腐女子的)行動/振る舞いができないヘタレなのです。

まま、ソレは兎も角、5年近くも寝かせて(忘れて)いたこの書物を読んでみたら、とても楽しかった!
レヴィ=ストロースが採取した神話のバリエーションには、意外とやおいっぽいのもあるしね(笑)。
正直なハナシ、交叉イトコが~とかフロイト的無意識~とかは殆ど意味が分からなかったけど…。
故に、今回の↓のメモはいつも以上に煩雑で、取りあえずのキーワードのピックアップが多いです。
まあ、今後の課題ということで。

<作品データ>
・渡辺公三『レヴィ=ストロース 構造』(講談社)2003.6
レヴィ=ストロース―構造 (現代思想の冒険者たちSelect)レヴィ=ストロース―構造 (現代思想の冒険者たちSelect)
(2003/06)
渡辺 公三

商品詳細を見る



□「構造」…要素と要素間の関係からなる全体/この関係は一連の変形過程を通じて不変の特性を保持
 ・差異⇔同一性
 ・内容⇔形式
 ・同一性(@変化・差異を通じて保たれる)の忌避
 )意外な対比とされるもの自体に価値を認める
 )「密かな意味作用」=意識されぬものの領域に関わる視点を認める
 ・自分の身体・精神@虚な楽無意識署名@(社会的)責任
 ・無意識~「衝動」、「情動」、「表象」、「記憶」@素材⇒外界へ開かれている/「世界」と対話

□神話~『野生の思考』(メッセージコードイマージュの変容…文法⇒魔法)
 ※目的@この社会とは異質な「世界」の可能性に賭ける
  ⇒他の存在に敬意を払う
 <神話→多様性→糧/(自身の)ベクトル座標・属性・場を知る→世界秩序>~思考法
  )緯~「コミュニケーションの構造」
  )経~「従属の構造」
 ・種⇔個体
 ・「人類の残り滓」⇒「真実」
 ・複雑なものの背後にあるはずの「単純なもの」の追求
  ⇒観察者の判断をカッコに入れ予断しない!
 ・トリックスター@媒介者
 ・不条理⇒論理的~ビルドゥングスロマン(人間形成の物語)

・ヤコブソン@「フォルマニスト」言語学者
・モース『贈与論』~「互酬性」~婚姻/交換
  ⇒人は互いに近親の女性を自ら放棄しなければならない⇔「交換せよ」
  ※女性⇒欲望⇒刺激的⇒神秘的⇒両義性⇒人/他者~閉じている
 ①規則としての規則の必然性
 ②自己と他者の対立を統合しうるもっとも直接的な形式としての互酬性の概念(モデル)
 ③ある個人から別の個人への価値物の移動が、二人をパートナーに変え、価値物に新たな性質を与える
 [規則・互酬性・贈与]≒愛情
 ※対象に価値を与えるのは「他者との関係」
 ※自「わたし」<内在>⇔他「あなた」<外在>の統合~相補的/反転可能
・ラカン
 ・人間の家族@「文化的構造」
  ⇒「婚姻」@家族に「圧倒的な影響」を与えた
・ウラディミール・プロップ『民話の形態学』

・器用仕事(ブリコラージュ)
・「双分組織」
・「交叉イトコ婚」
・「インセスト(近親相姦)の禁止」
・「複合構造」~通婚できる人/できない人
・「鏡像段階」
[ 2008/04/22 22:22 ] non-fiction | TB(0) | CM(2)
こんばんは!のだださん。
大長文のコメントありがとうございます~♪嬉しかったです。
それなのに、私のコメントレスの遅さと来たら…。

世間はゴールデンウィークらしいのですが、私の次の公休は何時なんだろう…と、少し気が遠くなってきた今日この頃です。
残業無いだけ、マシなのかなあ?

さてさて、今回レヴィ=ストロースの評伝読んで強く思ったのは、この方の文化人類学的分類・調査方法を踏襲すれば、もう少しBL/やおいジャンルが見えやすくなるのではないかなあ、と思ったからなんですよね。
なのに、あのユリイカの特集も哲学的アプローチも文学的アプローチも皆無で、社会学的ないし心理学的“腐女子論”に拘泥していて、そこが私の不満なんですよー。
どうして、腐女子には興味がもてるのに、BL/やおいは自明のコトのように研究対象から、射程を外すのかな、と。
かと言って、腐女子擁護派/自認派の三浦しをんさん他の鼎談は、BL萌えトークに集中していて、ソレが悪いと言う訳は勿論無いのですが、何もユリイカでそんなものを載せる必要もないだろうし、学究的には弱い言質になっていて、イマイチフォローとして機能していないように感じてます。
もうちょっと、原理的に立ち返って諸作品を見直したり、再発見したりできないものかなあ、と思うのですけどね…。
まあ、だったらお前がやれよって話なんでしょうけど、私は面倒くさがりなのでソコまでしたくないんですよねー(笑)。
故、ブログで今回のようにちまちま語るに留めているのですが、そこを徹底的に突き詰めて考え出すとこのブログ自体の更新が止まるのが目に見えているので、今のスタンスが自分に丁度良いと思っています。
まあ、外野で野次飛ばしてるオッサンスタンスですな(笑)。

こんないい加減な人間の言葉なのに、のだださんは至極真面目に真摯に肯定的に受け止めて下さるから、本当にありがたく嬉しいハナシです。
これからも、愛想つかされないように頑張って更新していきたいです。

そうそう、のだださんは一昨年前の年末辺りのレビューで、私の記事を一部引用されていた筈ですよ。
しかし、はてなはカテゴリー別になっていないから、過去ログ巡るのが面倒なんですよねー。
何か良い方法ありませんか?

ではでは!
[ 2008/04/26 21:47 ] tatsuki [ 編集 ]
こんばんは!今回は私の名前を上げて貰いまして、どうもです!というか、tatsukiさんのお言葉、恐縮過ぎます…!><;
成人後にBLやおいを読み初めて、無意識に無邪気になれないということですが、私にとってそんなtatsukiさんの「腐」との距離感に、何か惹かれるものを感じますし、一人のレビュワーとして尊敬しているんですよね。だから、今回の過ぎたお言葉にはもう赤面モノですヨ!(笑)
>同属嫌悪というモノでして、実は私自身の視線のヤらしさを弁明していたのですよね
ここについてtatsukiさんは私が「窘めた」と受け取られたワケですが、実を言いますと、私はあのtatsukiさんからのコメントは、あくまで“語られる側の当事者”が当然感じざるを得ない「痛み」であると直感いたしました。なので、研究者のそれとは別だと捉えているのです。

研究のヤらしさの話はたくさん例があるでしょうが、たとえば私自身も「同性愛の原因論」に同様のヤらしさ(に伴う痛み)を感じざるを得ません…。ですが、私は彼らの研究が規制されるべきだとは思わないんですね、研究の社会文化的価値を肯定するがゆえに(微妙に後述します)。
この場合に大事なのは、研究が都合よく思想・政治利用されないようになるべく気を付けることや、研究対象である同性愛者の尊厳を損ねる実験(研究)の仕方をしないことだろうなぁと思ってます。<無知ゆえに抽象的でスイマセン

ですが、ここで忘れてはいけないのは、「だからと言って研究が研究対象に対して暴力的でないわけがナイし、その暴力は正当化できない」という事実でしょう。ですから、「当事者(腐女子とか同性愛者とか色々)だって研究されたらウザいし痛いに決まってるし、研究者はその痛みを減らす努力を怠らないべきだ」という原則論(と言うか倫理)を私は持ちます。
私は昨年tatsukiさんへのレスで「それでも語られる意義は有る」と書きましたが、それはこの原則論を前提にしての話でした(なので、『BLスタディーズ』の森川論文の冒頭で、「不快になる人は読むなと注意したのだから、痛みには目をつぶれ」と言ってるに等しい責任丸投げな注意書きがあったのには、研究者としてどうなのかと呆れました)。

さて、tatsukiさんはBLを自説の補強に使っていると言う事ですが(<私が毎回している事ですね笑)、これに研究と同様のヤらしさがあるかと言うと、間接的に「腐女子」などの欲望を言及(代理・表象)した場合“には”、「有る」と思います。ですが、それが無益ではないし、抑制されるべきでもないと思います。
私は本を人生の糧・核に据えて居ますが、そんな私にとってtatsukiさんの「やおい/BLはビルドゥングスロマンの変形バージョン」という見方に共感する部分があります。何より、そういう観点からBLやおいの真価を問うのも単純に面白そうですしね♪

さて、BLも人生に対してなにがしかの答えを模索してきましたが、その内容が「男性同士の恋愛模様」であるにもかかわらず「女性向けジャンル」だと称されると、ややもすれば一見不可解に感じられるかもしれません。ですが、何故人はソレを「不可解」だと感じるのでしょう?…私はその原因も研究して欲しいと思いますねw。そんな具合に様々な学問が潤っていけば、とても有意義な事のように思いマス。だから、語られる事に意義は有ると私は信じます!

何気に懺悔になりますが、私はBLレビューでかなり政治的主張を繰り広げているし、また別アカウントのブログでは腐女子論なんてものもやっちゃいました…(チョット後悔中)。でも、そのことのヤらしさについて考える機会をtatsukiさんのブログからも頂きました。…どう語ることが望ましいのか、未だ手探りの段階ですが、とにかく私も今後の課題として考えていきたいです。

あと、チョット質問をば…。
ボケてるせいか覚えてないのですが、私ってばtatsukiさんを「BLから距離のある者」として引用したのですか?な、なんだか、大変失礼?しましたm(__)m


・・・あわわ、すごい長文乱文になっちゃいました!それでは失礼します。
[ 2008/04/24 02:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。