スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

愛と混乱のレストラン 

一昨日に購入してそのまま読み繰り返すこと3度、雑誌掲載時にも読んでいるので通産だと4回。
もうどんだけ好きなんじゃってハナシですが、大好きデス!高遠さんはマイ・ベスト・オブ・萌え作家。
この方の小説を読むたびに、BLを長い間読み続けていて本当に良かったなあ、とつくづく思います。
確かに作品によっては当たり外れの振り幅が大きいんですが、近年の作品には私的ハズレ無し!
そして、今回の作品は『 犬と小説家と妄想癖 』を超えたマイ・ベスト・オブ高遠作品に化けるかも。
少なく見積もっても、今年の私的BLAWARDの小説ラインナップに加わることは間違い無いかと。

てことで、本日はこの『愛と混乱のレストラン』をご紹介します。
作品のテーマはずばり“幸福な食卓”、物語は“お城”に拒絶された過去を持つ哀しきツンデレラ
鼻持ちならない、取り付く島も無いツンデレラこと鷺沼理人の孤独な攻城戦が、痛々しくて切ない。
目標とする城も、本陣の築き方も、一国の城主(代理人)としての在り方も根本的に間違っている彼。
が、彼の幼年時代のエピソードを知る(知っちゃう)と、その必死で頑なな姿勢を無下に出来ません。
人は見かけが9割という言葉は、一昨年の新潮社のベストセラー新書の受け売りなんでしょうが、
そんな発言を平然と言い切ってしまう傲慢な人間社会に、真っ向からアンチテーゼを突きつけてる。
見た目も、見かけも、見せかけも“茶番”に過ぎず、フレンチレストランはそんな世界の代表だ、と。

無批判に、いや無神経にセレブリティ溢れるプリンセス・ストーリーを志向する作品は、BLにも多い。
否、BLだけではなく、ハーレークインだって童話だってファッション・カルチャー誌だってソコを狙う。
我々の多くは、見せかけの本質無き“幻想”を追い求めて止まないみっともない動物なんだと思う。
ファッションにもブランドにも疎い私ですら、せめて人並みの見た目を志向する愚かな矜持がある。
この作品は、そんな見た目の煌びやかさに囚われた(酔いしれた)人間達を、痛烈に糾弾します。
本来の理想のレストランとは、美味しいモノと幸福な時間を愛(親)しい人と共有できる場所の筈。

本作品の攻めであるシェフの久我修司は、オレサマな独裁者という“王者の資質”を持っている。
彼がソレを有しているのは幸福(幸運)な過去だけではなく、それを持続させるパワーがあったから。
今のところ、高遠さんの作品にしては珍しいのですが、この攻めはプラスエネルギーの持ち主だ。
彼と出会い、彼と関わり、彼に心中を吐露することで、理人の凍結された心臓はようやく動き始める。
食事の本当の美味しさを噛み締められるのも、あともうちょっと…ソコは、彼岸ではない“夢の庭”。

今回の作品は、タイトルの“混乱”にあやかったのか、狙いなのかはイマイチ判断出来ないのだが、
3人称の文章なのに、受けの理人、攻めの久我、更に狂言廻しの桃瀬のトリニティ・サイトでした。
と言っても、久我の視線はストーリー後半に少々増えるだけで、あくまで理人と桃瀬が物語の定点。
高遠さんの作品を文字通りコンプリートしている私ですら、ちょっと混乱を感じる複雑な文体でした。
この著者の基本的な文章の特徴と言えば、センシティブな独特の直喩法に尽きると思うのですが、
今回の主人公(理人)は、五感が一部トラウマで欠損しているので、そこがネックだったのかも…。
ぶっちゃけると、“味覚”を感覚的に伝えられない主人公で食べ物の話でをするのには限界がある。
そこで、BLでは例外的に久我の作品を誠実に表現できる桃瀬の視点が混ざるのでは無いかなと。
あるいは、他にも伏線上の意図があるのかもしれませんが…。

最後になってしまいましたが、本作品はあくまで前菜で、プロローグで、序幕の1幕なのですよね。
甘い展開はついぞ訪れず、これからようやく…というトコロで幕を閉じていて、気もそぞろになります。
続きが気になって気になってしょうがない方は、続刊が出揃ったあとに読み始めた方が良いのかも。
私は例によって例の如く待てないから読んじゃったけど…続きを再三己の脳内で想像しております。
書き下ろしの海ちゃんとか、理人の父親とか、彼らの運命は“マキビシ”が一杯な気がしてちと怖い。
続きは数ヵ月後なのか、1年後なのか、はたまた…ああ、結末を読むまでは生きながらえたいな。

<作品データ>
・高遠琉加『愛と混乱のレストラン』(麻生海・画、二見書房シャレード文庫)2008.3
愛と混乱のレストラン (二見シャレード文庫 た 2-11)愛と混乱のレストラン (二見シャレード文庫 た 2-11)
(2008/02/28)
高遠 琉加

商品詳細を見る



麻生さんの男性用下着の描写が好きだと仰る高遠さんも、正直すぎて大好きだ!
それにしても、BL作品で最近リヒトって名前を良く見かける気がする…今人気の名前なんだろか?

タレーラン(←作中引用の項もアリのウィキ解説)
人は見た目が9割 (新潮新書)
 注、私は教養新書マニアですが、この手のタイトルは読みません!故、話題作は軒並み未読。
三宿(自信が無くてこっそり検索…『世界の果てで待っていて』の舞台ともご近所になりますね)
 「ル・ジャルダン・デ・レーヴ」の所在は、田園調布周辺ですよね…山の手、高級&閑静な住宅街…
 『楽園建造計画』は武蔵某もしくは、江古田あたりの練馬or西東京が舞台だと思うのですが…。
[ 2008/03/01 01:46 ] novel BL | TB(7) | CM(10)
こんばんは!やまだとおこさん。
せっかくTB送ってくださったのに、こんなにレスポンス悪い管理人で申し訳ないです。
兎に角、PCが言うことを聞いてくれないのでなかなかお返事差し上げることが出来ませんでした…。

感想は、サクサクでノリノリの時も(たまに)あるのですが、大好きな作品こそ上手く思いの丈が伝えられなくて、苦しい思いをすることも多いです。
そして、読み返すと発作的に全記事削除したくなる時もあります(笑)。
私は文章に一貫性が無いので、時と場合によって全然別人のような感想も多いですしね。
書くたびに反省しつつ、次こそはと思ってはなかなか理想に近づけない自分の不甲斐なさが恥ずかしいです。
でも、何らかの文章を書き留め続けることに意味があるのだと信じて、ノリノリだったりヘロヘロだったりのブログを続けてますよー。
あ、私の話なんてどうでも良いですよね(笑)。

ブログを始めたばかりと仰っていらっしゃったので、つい差し出がましい話しちゃいました。
これからも、よろしくお願いします!
ではでは。
[ 2008/10/23 18:29 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは。
こんな海のものとも山のものともつかない者にコメント&TBしていただき、ありがとうございます!

発売延期、、、おおぅ、過去に打ちひしがれた経験があります。それはまもう、さよなら満塁ホームランを食らった高校野球のピッチャーなみの衝撃。本屋さんで呆然とする私の膝に土が見えました(笑)
なんとか無事店頭に並んでくれるように祈りましょう~。

楽園~、レビューを読んでみたいです。思い入れがあるものほど難しいものですよね。(はじめて書いた「レストラン」で思いっきり骨身にしみました)
また、アップされる時があったら楽しみに拝読させていただきますよ!

トラックバック、させていただきました!初TBです。なんだかとても嬉しいです。
リンクも良いのでしょか??
はじめたばっかりで情報量なんて爪の先ほどしかありませんが、へっぽこサイトで良ければ是非是非お願いします!
[ 2008/10/21 00:37 ] やまだとおこ [ 編集 ]
こんばんは&初めまして!やまだとおこさん。
こんなブログに遊びに来てくださってありがとうございます~♪
愛と混乱のレストランの続編は、本当に待ち遠しいですよねー。
私も続きを妄想しだしたら止まらないのですが、あんまり期待値上げすぎると不意打ちの発売延期とかで多大なダメージ受けるのが目に見えているので、できるだけあんまり考えないようにしています(笑)。
そうそう、私も高遠さんの作品が大好きなんですけど、感想の書き難さでもトップ3に入りますよ~。
『楽園~』なんかは書いて消して書いて消して書いて消してを繰り返して、結局アップできずに終わってしまいましたし。
感情揺さぶられるのは難しいです(笑)。

TBはどうぞ、もらってやって下さいませ。
というか、こちらからも送っちゃいました。
よろしければ、リンクも貼らせて下さいな。

ではでは!
[ 2008/10/19 23:07 ] tatsuki [ 編集 ]
はじめまして。
最近、BL本の感想ブログをはじめた、やまだとおこといいます。

tatsukiさんのブログ、以前から拝見させてもらっています。
tatsukiさんのレビューはいろんな角度から作品を見ていて、着眼点が斬新で、ただただ、すごいなぁと思うばかり。
私も高遠琉加さんが大好きで、感想を書いてはみたもののありきたりなことしか書けなくて、全然良さが伝わってないような気がします。

続編が11月に発売されますよね。もう楽しみで楽しみでなりません。
続きの妄想でご飯三杯はいけます!(おいおい)

良かったらTBさせていただいてよろしいでしょうか??

教養新書マニアっていうのがすばらしいです!私は、最近、漫画・BL本くらいしか本を読んでいません。(汗)
[ 2008/10/18 23:07 ] やまだとおこ [ 編集 ]
こんばんは!mimuさん。
mimuさんの感想は、いつも落ち着いていて憧れてます♪
こちらこそ、何度もTB押しかけちゃって申し訳ないです~。

理人は、近い将来気づくんじゃないでしょうか?
王子様がいれば、どんな場所(レストラン)だって最高級の城になるってコトを。
それこそ、北海道の大衆食堂だって“城”の一つでしょうしね(笑)。

理人には一日も早く、美味しい食卓を囲む生活ができるようになって欲しいです。

ではでは!
コメント&TBありがとうございました。
[ 2008/03/24 19:11 ] tatsuki [ 編集 ]
こんにちは、tatsukiさん。

tatsukiさんの「It's so cool!」な感想に比べると、ベタな感想で恐縮ですが、いつもTBありがとうございます。

“城に拒絶されたシンデレラ”とは、素晴らしい例えですね。
久我と理人の恋愛模様ももちろんですが、理人がどんな心安らぐ彼の“城”を作ることができるのか、その辺りもとても楽しみにしています。
続きがホントに待ち遠しいですねぇ。

こちらからもTBよろしくお願いします。
[ 2008/03/22 06:57 ] mimu [ 編集 ]
こんにちは!ゆちゅ♪さん。
ゆちゅ♪さんの感想を早速読んできました!
タイトルの件はお気になさらず…佐々木倫子さんの『Heaven?』も大好きな漫画ですしね♪

高遠琉加さんは、今となっては私が一番大好きなBL作家の一人なんですが、去年『楽園建造計画』の感想がどうしても上手く書けなくて、結局放棄しちゃった苦い経験があるのですよね。
だから余計に、(月村さんなんかもそうなんですが)心が振り動かされるタイプの作品を相手にするときは、少しレビューを意識すると自分が楽だということに気づいて、ちょっと文章内容が硬くなってしまいました…。
なので、文章量の暑苦しさで私の水面下の萌え心を察知してくださいっ!

そして、文体は今回初の試みなんじゃないでしょうかね?
出だしの回想シーンも戯曲風味だし、このスタイル自体が今後の伏線に関わってくるのかも…。
ドラマCD化されても、良い感じな気がします。

ではっ!
コメントありがとうございます。
[ 2008/03/11 14:14 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん こんにちは♪

ようやく感想書きました~。
そうか、やはり高遠さん普段の書き方ではないんですね(笑)
BLでは珍しいよなあ、と思ってたんですよ。
でも桃瀬は津守さんの某SF小説に出てくる赤毛青年みたいでなんか好きだ~。

そして先日のクールガイ咲坂とタイプは違いますが、このびくびくしながら虚勢を張りまくる理人が愛しくてしょーがないですね!節操ナシですみません!(笑)

それにしてもtatsukiさんのツンデレラの攻城戦の例えは絶妙!
tatsukiさんのクールな論調をいつも楽しみに読ませていただいてるんですが、萌えているときのtatsukiさんの感性の鋭さに全く惚れ惚れします♪

作品もすごく期待感もててこれから楽しみなんですが、次回萌えを語るtatsukiさんもお待ちしております(^-^)

ではではTBはまた後日あらためて~!
[ 2008/03/11 12:51 ] ゆちゅらぶ♪ [ 編集 ]
こんばんは!游さん。
理人は肌の色も目の色素も薄くて、幼少時代はそばかすだらけだったと書かれてあったので、恐らくハーフとかクォーター設定なんだと思います。
リヒト(光)というのは、今後の展開の伏線になっているのではないでしょうか?

私はこの本編は雑誌で読んでいたので、それなりに冷静な感想(暑苦しい量だけど…)になりましたが、皆さんの「えー!ここで終わり?」という反応もすごく良く分かります。
ってか、私だって一刻も早く続きが読みたいっ!
本誌が休刊で、いよいよ高遠さんの情報が追いかけ辛いのがファンの一人としては一番辛いデス。
↑でも書いたけど、シャイのシリーズともども、自分の生きている間に無事完結できることを祈るばかりです…。

ではでは!
コメント&TBありがとうございます♪
[ 2008/03/10 21:46 ] tatsuki [ 編集 ]
こんばんは、tatsukiさん♪

この本、買うだけ買ってなかなか読めなかったんですが、今日やっと読み終わりました。
面白いです!まだ、BLとしては片鱗すら出てない気もします(
june的なニュアンスだったら50%くらい?)が、でも、十分面白いですよね!!
私的には、本社本部長と理人の関係がもう少し何か出てくるのではないかと、続刊に期待しています。
まさか、ただのファザコンと物好きでは終わらないと、信じてます。
しかし、理人、リヒト……って、そんな名前……。
最初、ルビが間違ってるのかとか、違う音があるのかとか、マジ考えちゃいました。それとも、理人の母親は外人さん?それと、会長の片思いの相手がどこかでクロスするとかですか?
たかが名前、されど名前。最終的に何も伏線が無かったら、そこだけはクレームつけたい気がします。そんな細かいこと思うのは、私だけですか?

すみません、疑問符だけ投げてTB頂いていきます。ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ
[ 2008/03/09 01:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/765-3a360c9e

某タイヤメーカーによる超高級グルメガイド本の発売日と、見事にガチでかぶってました(笑)。 シャレードさんはこの日に狙いを定めてきたん...
[2009/04/25 20:35] la aqua vita
珍しくクラシックに小綺麗な格好をして、都内某所の口コミ人気の高いフレンチを食べてきました。 と言ってもランチですし、土砂降りの雨の中...
[2009/04/25 20:31] la aqua vita
愛と混乱のレストラン (二見シャレード文庫)高遠 琉加 二見書房 2008-02-28by G-Tools 高遠作品をどこから攻めるか迷いましたが…。 麻生先生の挿絵...
[2009/01/25 13:36] にゃんこのBL徒然日記
愛と混乱のレストラン (二見シャレード文庫 た 2-11)麻生 海 二見書房 2008-02-28by G-Tools あらすじ 赤字続きで休業に追い込まれたフレンチレスト...
[2008/10/21 00:07] Blue-Lights 読書ノート
愛と混乱のレストラン高遠琉加 / 麻生海 二見書房 シャレード文庫2008-02-28by G-Tools 「俺の言うこと、なんでも聞くんだろう?」 赤字続きで休...
[2008/03/22 06:58] 0Hz-ゼロヘルツ-
愛と混乱のレストラン (二見シャレード文庫 た 2-11) 高遠 琉加 最近は外食産業ブームの波がBL界にも押し寄せてきてるんでしょうかね~? それでもイタリアンや定食屋と比較的リーズナブルで馴染みの深いジャンルが多かったと思いますが、ここへきてフレンチですよ...
[2008/03/12 12:31] 水中雑草園
愛と混乱のレストラン (二見シャレード文庫 た 2-11)(2008/02/28)高遠 琉加商品詳細を見る
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。