スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Release 

皆さんご贔屓の『Release』読みました!実は、あんまり再読したい作品では無かったのですが…。
この小説も好きか嫌いかの2択なら間違いなく前者なんですが、得意か苦手かと問われたら後者。
私はBLにある種の高揚感というか爽快感めいた読後を期待したいタイプなんですが、このお話は、
タイトルから察するに開放型エンディングであると思われる訳ですが、その過程にちと不満が残る。
いえ、不満と言うのは正しくないな…攻めの奥村にも受けの安西にもあまり共感出来ないのです。

攻めの奥村は、自分が安定したポジションに就くまで助けに来てくれないので、私は萌えません。
一方の安西も、フツーの人間(恋愛)関係を諦めている割に、孤独を引き受けないのが頂けない。
彼の“過去”には同情しますけど、その後の彼の人生上の失敗&失態もソコを理由に逃げるのは、
私にはとてもエゴイスティックで(相手の女性に対して)不誠実な行動に見えて、ちょっと許せない。
逆説的ですが、この私から“(負の)感情”を引きずり出してしまう作品というのが、やはりスゴイ!

じゃあ、何で私がこの小説が好きなのかと言えば、後編の「地球最後の日」に弱いからなんです。
コチラはBL小説ではとても珍しいのですが、とある女性が主人公の一人称の小説になってまして、
厳密には非BL小説なんですが、奥村×安西の典型的なCPと喜多村はるひを対比させることで、
通常我々が隠蔽している、理想的なパートナーシップというBLの根源的テーマをさらけ出している。
だから、BLの良い入門書でありながら、見ようによってはとても“痛い”タイプのBLになるのですね。

喜多村はるひは、過去の過失が原因で愛しい相手と付き合う“資格”を失効したヒロインです。
無論、ソレは観念で通念に過ぎず、“愛”さえあれば万事乗り切れるはずの恋愛物語の前では、
そんな(負)因子は、本人(達)の“意思”さえ貫徹できれば軽く克服できそうな事柄に思われます。
でも、コレが難しい…性別や年齢、出身や出自&続柄によってもその難易度は夫々異なるけれど、
日本のタテ型社会に自覚的な人間であればあるほど、日々その辛さを痛感しているのでは?

私のような社会(世間)から半分はみ出た落ちこぼれの腐女子だって、世知辛いと思う時があるし、
自分の選択を自分の責任でもって引き受けているつもりでも、近親者を頼りにする時もある訳で。
暗に直に近親者の“期待”に応えていない(応えられない)自分に、嫌気が差してくる日々もある。
彼らが当たり前で一般的と信じ続けている事柄の多くが、観念上のモノに過ぎないと知りつつも、
ソレを積極的に、消極的に否定し続けて生きることは辛いです…それこそ、あと50~60年ですか?

ちなみにこの作品では、喜多村はるひの究極の人生の選択結果は語られずに幕を閉じています。
コレはいつもの我流読みに則ると、結果を待たずに地球最後の日は訪れたってコトになるのだが、
(映画で言うと、ロバート・アルトマンの『ショート・カッツ』と似たようなぶった切りのエンディング)
この作品に限って言えば、著者の意図を曲げてもその後の結果をどうしても夢想したくなります。
私がこの作品の監督なら、徹底拒絶の孤高ルートで終わらせるけれど…結果は神のみぞ知る。
って、この結末の予想って先日のエスエム診断結果が如実に反映される気がするなあ…(笑)。

<作品データ>
・月村奎『Release』(梧桐あさ・画、白泉社花丸文庫)1997.11
Release


び…微妙に辛口なのは、私が打たれ弱いヘタレ(エム)ってコトで…。
月村さんって、エッセイ読む限り可愛らしい天然さんみたいなんですが、隠れエスな気がする。
こういうテーマを淡々と計算どおりに綴った上で、安直なハッピーエンドに持っていかない辺りがね。
尤も、木原音瀬さん程のどエスでは無いとは思うけど。
[ 2008/02/25 23:58 ] novel BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。