スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バカな犬ほど可愛くて 

「CLaCLa」に掲載されていた、英田さんのインタビュー記事を読みました♪
前回で懲りたので流石に購入は見送りましたが、インタビュー記事自体はユリイカより良いですね。
多分、ユリイカはイロモノで特殊性の高いBLに拘る理由に質問のポイントが集中しているんだけど、
コチラは、あくまでクリエーターとして影響を受けた作家や作品に焦点が絞られていたからかも…。
インタビュアーの視点がBL作家として見るか、BL作家として見るかの違いと言えば伝わるかしら?
「CLaCLa」自体は大変テンションの高い雑誌なんですけど、インタビュー記事は真っ当でしたね。
とまれ、英田さんも藤原伊織さんがお好きと伺って狂喜乱舞♪いつか、団塊世代のBLを是非!

さて、本日はタイムリーに1年半ほど積読していた英田さんの『バカ犬~』を読了したので、感想を。
積読理由はこのブログの常連さんなら想像つくかと思いますが、ズバリ年下攻めモノだったから。
更に、この作品の発売当初に私は忠犬×年上ネタの某BL作品で手ひどい目に合っていたので、
大好きな英田さんなのにどうしても読み進められなかったのです…しかも、一度タイミングを逃すと、
常時新刊を買い続けているものですから、なかなか次のチャンスが巡ってこないんですよ…(笑)。

とまあ、以上はみっともない言い訳でした。
物語自体は、とても楽しかったですヨ♪設定が設定だけに、私的には萌えは無かったのですが。
誤解が誤解を生む連鎖型のラブコメディで、上品なテイストとラストのどんでん返しが巧いですね。
先月の新刊はかなり屈折したラブストーリーだったのですが、この作品はストレートに可愛い物語。
前者が80年代風のライフストーリーとするなら、こちらは50年代型のラブコメ風味に思えました。
ラストに4人が手持ちのカードを見せ合うのですが、何というか昔流行ったパイ投げシーンみたい!
実はまったりしているようでいて小粋な設定で、シンプルなようでいてよく練られたストーリー展開。
加えてエロティックなサービスも随所にアリ!バランス感覚に優れたラブコメディに仕上がってます。

年下攻め萌えの方にとっては問答無用で美味な小説、それ以外の方にも楽しく読める作品かと。
ご馳走様でした♪

<作品データ>
・英田サキ『バカな犬ほど可愛くて』(麻生海・画、海王社ガッシュ文庫)2006.8
バカな犬ほど可愛くて (ガッシュ文庫)バカな犬ほど可愛くて (ガッシュ文庫)
(2006/07/28)
英田 サキ

商品詳細を見る


↓は、英田さんともBLとも無関係な雑談、懐かしき少女漫画のお話。



実は、この作品を読んで長らく探し続けている↓の少女漫画がいっそう読みたくなりました。
この作品も、キス(恋愛)の手習いが本当の恋に変わる良作の恋愛少女漫画だったはず…。
ってか、渡辺直美さんの一連の著作品をコミック文庫化して下さい!お願いです、講談社様。
(注、渡辺直美さんはどちらかというと暗めのSF作品がメインで、この作品は著者的には異色)

ワイルドでいこう

余談ですが、昔の別フレ作家さんって実は今のBLの流れを汲むようなゲイが登場していたような?
ひうらさとるさん、渡辺直美さん、海野つなみさん、池沢理美さん、そして初期の上田美和さんとか。
(尤も、この流れこそ件のユリイカで煩かったモアレポートの趨勢の端緒だったのかもしれない)
特に上田さんの短編には、BLっぽいというかJUNEっぽいというか…百歩譲ってもウィングスっぽい、
そんなファンタジー作品が確かあった筈だと記憶しているのですが。

注)別フレで一緒くたにしちゃいましたが、ひうらさんや海野さんはどちらかというと「なかよし」です。
[ 2008/02/05 09:11 ] novel BL | TB(2) | CM(3)
こんばんは!ゆちゅ♪さん、秋月さん。
コメントレスが遅くなってしまって、ゴメンナサイ。
目下、スレイヴァーズシリーズの行方が気になって、旅行の準備が滞りまくっております(笑)。
冴木のダメっぷりが萌え♪なのかもしれません…。

>ゆちゅ♪さん
年下攻めは大概萌えられないので、こういうのは私の性分なんだと思うのです。
たまに萌えるときもあるのですが(最近はえすとえむさんのコミックス新刊)、これは作品のテーマに年下攻め設定を前面に出してないからだと思うんですよ。
BLの王道を常に斜めってる人間で、本当にスイマセン…。

↑で取り上げた、講談社系列の少女漫画家さんは私が熱心に読んでた頃はそれほどメジャーじゃなかったと思います。
後年になって、上田さんやひうらさんはTVドラマ化等の大ヒット作に恵まれてますが、逆に私が読まなくなっちゃったな(笑)。
中でも渡辺直美さんは特にマイナー作家だと思うのですが、私はあの暗さが大好きでした。
SFテイストの強い少女漫画といえば白泉社系統の印象が強いのですが、渡辺さんもフェティッシュなSF系ホラーを描かれていたと思います。
(双子ネタとかクローンとか、そういう系?)
あと、同時代の別フレ作家と言えば、早坂いあんさん、松本美緒さん、安野モヨコさん辺りでしょうか?

よしながふみさんの対談を読んで思ったのですけど、少女漫画が大好きと皆さん夫々仰っている割に、挙げる作品が古典名作か集英社か白泉社系に集中しているのがすごく違和感感じました。
コレがジェネレーション・ギャップなのかはちょっと分からないのですが…。
ちなみに、今の「ちゃお」の隆盛は隔世の感を強く感じますネ…(笑)。
私の世代で「ちゃお」読んでる子って、10人に1人もいなかった気がします。

>秋月さん
私は感想文すらまともに書けない人間だという自覚があるので、このブログを始めた時から小説の感想文の3本柱を決めていたのですよ。
即ち、萌え軸、物語軸、文章軸の3つです。
以前は(SABCの)4段階±で自己評価らしきものもつけていたのですが、この評価基準も↑の3本柱で加点減点してつけてたつもりでした。
が、現実にはその時の気分に左右されすぎちゃって判定基準が自分でもあてにならなくてやめちゃったんですけどね(笑)。
その名残で、主に備忘の記という意味で先ず萌えた⇔萌えないを書きたがる癖があるみたいです。
あとは、最初にズバッと感想の方向性を決めちゃうので、先日の「オススメではない」云々が真っ先に目に入る記事になってしまってます…。
『ライク・ファーザー…』は私とゆちゅ♪さんの感想が見事に真逆なので、秋月さんの懸念していた部分がどちらなのか気になるところですが…まあ、一般的な人間の感覚としてゆちゅ♪さんの方向のお話でしょうな。
何だか、昨年の松田美優さんの作品に対する感想と同じ茨ルートを巡っているなあ、私…。

ではでは。
コメントありがとうございました!
[ 2008/02/07 18:52 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんにちは。

バカ犬はたいへん楽しく読んだ作品だったのでtatsukiさんにも楽しんでいただけて嬉しいです!
でも萌えはなかったんですよね・・・(笑)
時々tatsukiさんは萌えはない、ということを言われてますけど、私は面白いか面白くないかで読むことが多いので、萌えの有無を明記するtatsukiさんがちょっと面白いです。

挙げられた少女漫画家さんは、「なかよし」読んでたのでひうらさんや海野さんはわかるんですけど、別フレは読んでないので他がわかりません・・・。
渡辺さんは「amie」だったかなー、で読んだことがあります♪
[ 2008/02/06 08:07 ] 秋月 [ 編集 ]
tatsukiさん こちらにもこんばんは♪

バカわんこは楽しくお読みになれたんですね!
私はワンコ×男前に萌え萌えだったのであらためてtatsukiさんとは萌えのポイント違うなあ(笑)とは思うのですが、まあ作品として楽しめるかというのはまた別の話ですもんね!

私的にはかなり懐かしい本だったりしますがこちらにはTBさせていただいてよろしいでしょうか?
また後日うかがいますね♪
それにしても挙げられていた少女まんが家さんも一人も読んでないのがまたショック…これはジェネレーションギャップですか?(T∇T)
[ 2008/02/05 21:55 ] ゆちゅらぶ♪ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/743-84f04036

la aqua vita バカな犬ほど可愛くて
[2013/04/22 13:38] sac louis vuitton
バカな犬ほど可愛くて 英田 サキ, 麻生 海 ダサ眼鏡上等!ヘタレわんこ万歳♪ こんばんは、メガネスキーゆちゅらぶ♪です。 でもそれはメガネをかけている男の人が好き、とゆーだけで別にメガネエロには萌えません。 最近たまに 「メガネにかけてイイ?」 ...
[2008/02/08 12:47] 水中雑草園
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。