スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

影鷹の創痕 

典型的なラプンツェル型ラブストーリーですね、このモチーフは大好きなのでとても楽しかった。
序盤の痛々しい嗜虐的描写に、肝が冷えてチビりそうだったお前がソレを言うかって感じですね…。
結末がシャレード型のエンターテインメントに特化していたため、評価が芳しく無いみたいですが、
私はこの手の安上がりなTVドラマっぽい物語が大好物なので、この展開が丁度良い感じでした。
むしろ、本格的に心理描写が泥沼化された作品だったら、逆に辛くて読みこなせなかったと思う。
そりゃ、私だって気づいてはいますよ…存在感の薄い本命(鷹村)がタイトルなのかよ!てね(笑)。

えーと、ガチで3P(二輪挿し)シーンがあります、他にも凄惨なレイプシーンがてんこ盛りデス。
最近の水原さんは、この手の描写が抑え気味だったので侮っていたから、慣れるまでが辛かった!
実は大概のBLではこういうシーンを快感コードにすり替えちゃうのですが、水原さんは容赦無い。
具体的に行われている諸状況がどうのというより、あくまでソレを暴力コードとして貫き通すから、
読者を選ぶのですね…そして、この作品は本気で本格仕様なのでその旨は十分に注意されたし。

但し、今回は主人公(千紘)が、極めて健全な青年として描かれていたので共感しやすかったです。
まあ、だから余計に暴力シーンがキツいのですが、“自由”という名の希望を思い描ける子でした。
窮地に立たされた時でも、ソレを忘れないヒーロー(orヒロイン)というのを私は高く評価したいです。
しかも、千紘は自らの翼(or足)でチャンスを逃さずに跳べるキャラだったので、気持ち良かった!
鷹村(王子様)は機会を与えるのみで彼を助ける訳ではなく、あくまで選ぶのは千紘なんですよね。

ラプンツェル構造の面白いところは、自明に見える二択が実はそうじゃないという点に尽きるかと。
千紘に加虐の限りを尽くした魔女(三橋)も、実は孤独に生きる寂しい人間であることが判明する。
最初は気楽にいたぶれるペット扱いだった千紘が、いつの間にか唯一の心の拠り所になっている。
生半可に濃密な時間を長く過ごしてきた二人の間にも、定義し難い関係性が生じてくる訳でして…。
千紘に選ばれなかった三橋が選ぶルートはやや安直(お約束)ながらも、潔くて私は好きでした。

が、その分鷹村が…オーソドックスなヒーローに徹してしまったのが、仇となってしまいましたね。
彼のダークサイドも十分に描かれていたら、もっと満足のいく作品に仕上がっていた気がします。

<作品データ>
・水原とほる『影鷹の創痕』(立石涼・画、二見書房シャレード文庫)2008.2
影鷹の創痕 (二見シャレード文庫 み 1-1)影鷹の創痕 (二見シャレード文庫 み 1-1)
(2008/01/29)
水原 とほる

商品詳細を見る




それにしても、暴力的なシーンをどの程度まで描くのが妥当かという問題は難しいですね。
今回の場合、後半の展開を考えると前半の描写はやや行き過ぎだったような気がするなあ。
でも、基本的には私はこのストーリーもキャラクタも三者三様で面白かったんですけどね。
[ 2008/02/03 20:30 ] novel BL | TB(8) | CM(3)
こんばんは!ハスイさん、霖雨さん。
コメント&TBありがとうございました♪

>ハスイさん
鷹村の心情というか、過去というか、率直に言うと彼の妹との関係にもうひと波乱があったような気がしてなりません。
選んでいる職業からして、一筋縄ではいかない部分があったことは想像に難くないのですが、やはり何処で惚れたかと言われると「うむむむむ…」ってなりますよね。
正直、表紙イラストが無ければどちらが本命かすら分からない物語だったように思います。

そして、今スレイヴァーズシリーズを読んでいるのですけど、コチラはセンセーショナルなタイトルの割にやっている事がノーマルの範疇の肉体関係だよなって思ってしまいました(笑)。
水原節になれると、大概のありえないその種のシーンが普通に見えてくるから不思議ですネ。
ちなみに、このシリーズは別の意味でとても楽しいですね。

>霖雨さん
私は、今回はちょっと描写の痛々しさに限界を感じてしまいました。
はっきりとその瞬間を書かないから逆に、余計に想像しちゃってちと辛いデス…へたれ読者でスイマセン。
それでも、千紘が現実に負けなかったから結果的には楽しかったんですよね。
芯の強い受けは大好きです♪

まあ、欲を言えばもう少し作品のカタルシスが欲しかったんですけどね。
ではでは!
[ 2008/02/07 19:14 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは!

ごく普通だった千紘が、暴力と恐怖によって三橋に支配されていくのが楽しかったので、もうちょっとなら描写が暴力的でも個人的には良かったんですが、それはさらに読者を選ぶことになりそうですね…。

鷹村の考えていることがいまいち伝わってこないせいか、最初から最後までよく分からないキャラに終わってしまったように思えます。
tatsukiさんのおっしゃられる通り、暗いことも仄めかせる鷹村というのを見てみたかったです。

TB送らせていただきますね!
[ 2008/02/05 22:30 ] 霖雨 [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは!

水原さんの作品は、ある種ストレス発散的に手に取る事が多いので、後半がソフトになってしまった事を残念に思ってしまったのですが(本当にすみません)、結果的には楽しんで読了出来ました。

三橋が千紘を心の拠り所にしたり、その辺りの展開も好きだったのですが、やはり鷹村の心情があまり伝わらないままで終わってしまったのは残念でしたね。

恋愛面を完結させるにしても、せめて「鷹村が、千紘の何処に惚れたのか」がはっきりと描かれていれば良かったように思います。

ではでは、TBお返しさせて下さいね!
[ 2008/02/05 22:12 ] ハスイ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/742-d806e533

la aqua vita 影鷹の創痕
[2013/06/09 18:26] cheap wow gold
la aqua vita 影鷹の創痕
[2013/04/24 18:30] seo tools
la aqua vita 影鷹の創痕
[2013/04/23 14:54] wow gold
la aqua vita 影鷹の創痕
[2013/04/22 18:09] mulberry bags
la aqua vita 影鷹の創痕
[2013/04/22 15:30] DtEqSXhE
la aqua vita 影鷹の創痕
[2013/04/22 14:37] sac louis vuitton
親の意向に従って進学し、やる気の出ない毎日を過ごす中学生の千紘。ところが退屈しのぎに仲間の一人が仕掛けた悪戯がきっかけで、暴力団と深い関わりを持ち、違法取引に手を染める男・三橋に監禁されてしまう。 嗜虐癖を持った三橋に毎晩犯され、千紘はペットに成り下が...
[2008/02/05 22:17] 霖雨の彼方
【あらすじ】 親の意向に従って進学し、やる気の出ない毎日を過ごす大学生の千紘。ところが退屈しのぎに仲間の一人が仕掛けた悪戯が...
[2008/02/05 21:59] +synapse∞type-bee+
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。