スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ライク・ファーザー・ライク・サン 

えーとですね、実は残念ながら本日もオススメではありません…贔屓の英田さんなのにネ(笑)。
実は、著者の“意欲作”だったとは思うのです…が、私が現状BLに求めているテーマじゃ無い。
但し、あくまで初見では魅力を感じなかっただけなので、近い将来評価が一転するかもしれません。

というのも、私は頑固なので映画狂の時から滅多に作品の感想を変えることは無かったのですが、
例外的に“恋愛”映画に関してのみ、鑑賞する度に印象が変わっていくコトが経験上多いのです。
その時々の私のテンションも勿論影響しているのでしょうが、上質の恋愛映画は年を重ねることで、
登場人物の会話や表情の“再発見”が多く、繰り返し鑑賞することで真の価値が見えてくるのです。
具体例を挙げるなら『恋人たちの予感』…この作品は4度目の正直でその面白さに開眼しました。
(ちなみに、初見ではつまらないコトに小うるさいヒステリックな男女の話にしか見えなかった…)

さて、閑話休題。
つまり、私は今回の作品の真髄を見極められていない予感がする、と前置きをしたかったのです。
物語中盤まで読んで、何で“恋愛”に失敗し続けてきた(ている)人々がこぞって主人公の志真に、
我々BL読者の多くが敬遠しがちな典型的な恋愛イデオロギーを語るかな、と思っていたのです。
志真も志真であえて“少年”に設定する必要があったのかな…と、冒頭から疑問に感じてましたし。
ものすごくオーソドックスな恋愛少女漫画をなぞる展開に、正直とても退屈な話だなと思いました。

が、パイプカットネタに差し掛かって、実はこの作品が恋愛を皮肉的に扱っているコトに気づく。
なので、初恋相手(幼馴染の父親・康征)に地道な恋愛のステップアップを踏襲してきた志真も、
最終的に恋愛が成就したとしても、それは将来の波乱(浮気とか)を想起させる結末となっている。
真っ向勝負で“恋愛”をテーマに掲げながら、恋愛関係の儚さをシビアに書いた物語なのですね。
BLジャンル的には新しい試みに思えますし、英田さん贔屓の私としてはその意欲を買いたいです。

でも、まあ正直言って今のところ不肖の私ではソコに萌えが見出せないのが、ちょっと悔しいです。
私は受けのニュータイプかもしれない志真よりも、オールドタイプの当て馬・トオルの方が好みです。
ってか、ショートストーリーで良いのでトオル視点のスピンオフ(報われると尚良し)が読みたいな♪

<作品データ>
・英田サキ『ライク・ファーザー・ライク・サン』(ヤマダサクラコ・画、大洋図書シャイノベルス)2008.2
ライク・ファーザー・ライク・サン (SHY NOVELS 198)ライク・ファーザー・ライク・サン (SHY NOVELS 198)
(2008/01/30)
英田 サキ

商品詳細を見る



この作品は、もしかしたら私よりも若い世代に案外受け入れやすい作品なのかも知れません…。

2月19日<追記>
旅先でお約束して下さった、待望の秋月さんのレビューはコチラです。
私の心許ないあやふやな感想を、見事に完膚無きまでに力強く論破し、更に補完して下さいました。
思えば、この小説は発売直後に読んで直ぐに感想を仕上げた為、他の方々の反応は未見でした。
私は、例のパイプカットの描写に至ってこの作品の方向性を確信したつもりだったものですから、
皆さんから、まさかあんなに糾弾される事象になるとは予測だにせず…。

と言いつつ、私も基本的に自分の解説を撤回する気は全く無いのです。
ただ、自分は兎も角、一般的にこの作品はがどう受容されるかがまるで見えてこなかったので、
曖昧かつ不明瞭で、回りくどい解説をしてしまった不甲斐ない自分に対して猛反省中なのです。
何となく、(私も含めて)従来のBLファンからは支持され難い作品だろうな、とは思ってましたが、
そして、この予想自体はそんなに外していないと思うのですが、その理由は私の想定外でした。

にしても、パイプカットはこの小説の痛恨の一撃であり、毒であり、衝撃の瞬間だと思うので、
この描写を規制(or回避)することは、この小説の場合はやはり不可能という気がするのです。
少なくとも、パイプカットに匹敵するPに対する衝撃的な現象でなければ、“皮肉”が露見しない。
あ!Pは親指PのP、はっきりと表記するなら男根

その昔、斉藤美奈子が古今の名作を“妊娠小説”として喝破した、あの面白さに似ていると思う。
即ち、“恋愛”小説を徹底的におちょくっているのだ。


[ 2008/01/30 19:55 ] novel BL | TB(7) | CM(10)
こんばんは!游さん。
私も基本的にロム専なのでお気になさらず(笑)。
ただ、無性に他の方と萌えを共有したいモードの時にアチラコチラにコメント残す時もあるのですが、殆どはロム止まりです。
遊びに来てくださっていたというお話伺えただけで、とてもありがたいですヨ!
コメント&TBありがとうございます♪

この作品は、私は比較的弁護に回っているように思われているみたいなんですが、正直言って萌えではなくて、ただ面白い“試み”の作品だったなあと思う次第なのです。
類似作品が今のところ思いつきませんし、もしかしたら今後こういうブラックなBLがブームになることがあるのかもしれません。
そして、その時に改めて再評価される作品のような予感もするのですが、現状だけでは何とも言い難いです…。
(少なくとも、数年後に読んだら私の感想は変わる気がするんですよね)
英田さんは映画がお好きみたいなので、映画っぽい構成の小説を意図されていたのかもしれませんが。
んー、でも私も“萌え”で置いてけぼりをくらった口なので、やっぱりオススメ作品とは言い難いのですよね。
変わった作品だとしか言いようがない。

でも、この作品は本当BLとは別の局面でイロイロと考えさせられましたし、今でも考え続けてます。
その答えは、ブログ上でもちょっとずつ展開していけたらな、と思ってます。

ではでは!
[ 2008/03/02 20:51 ] tatsuki [ 編集 ]
こんばんは、tatsukiさん。
こちらにコメントを書き込むのは初めてで、ちょっと緊張気味(笑)の游です。
すいません、私は時折こっそりやってきて読むだけ読んで帰ってく……おい!、な読者なのでした。

実は、最初にこの話を読んだとき私は?????状態でした。
何が面白いのかも、何が変なのかも判らなくて、ただ、この本を書く意味とか世に出す意味ってあるのか?みたいな感じだったんです。
『英田さんどうしちゃったの?』
と言うのが、最初の感想だったと言ったら、その時の私の戸惑いが判ってもらえるでしょうか?
カットネタだけがちょっと衝撃的だけど、でもそれも、そんなこともあるのかも…等という、薄い反応でしかなくて。
でも、余りに?だったからこそ、「自分の感覚がおかしくなったのかしら」と他の方のブログを回って、そこから色々紆余曲折したんですが……。
正直なところ、今でも、この本で英田さんが意図したものが何か、判りません。
もしかしたら、あと何度か読み返したら見えてくるのかもしれないし、見えないままかもしれませんが、そういう意味で、tatsukiさんの「真髄を見極められていない」との意見には諸手を挙げて賛成です。

ゴメンナサイ。初めての書き込みで長く語ってしまいました……。
ゴメンナサイついでに、TBも頂いていってしまいます。
すみません∞m(。≧Д≦。)m

[ 2008/03/01 22:38 ] 游 [ 編集 ]
こんにちは!下さん。
コチラの記事にコメントありがとうございました♪
TBも全然オッケーですよ、コチラも後で伺いますね。
ただ…このところFC2ブログ同士だと何故かTBをミスってばかりなので、上手く飛ばないかもしれません…。

そして、月村さんの『おとなり』病に感染させてしまったみたいで、申し訳ないです…。
あの作品を読んじゃうと、満足し過ぎちゃって逆に他の作品が読みづらくなってしまって困り者です。
麻薬的な依存BLだわ…本当に…。

そして、本題である今回の英田さんの新刊。
この作品については、本当にイロイロと改めて考えさせられました。
著者→作品→読者に伝達される過程で、当然著者と作品は一個なんですけど、読者は無数にいるから受容のパターンは無限個あるのはそうなんですけど、作品の根幹に対する捉え方がコレほど分かれてしまうのも珍しい気がします。
私自身、この作品に対する“感想”は数年後に違ったものに見えてくるかもしれませんしね。
理想的な恋愛小説像って、難しいテーマだなと思いました。

ではでは!
[ 2008/02/22 10:32 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは。こちらには初めてお邪魔させていただきます。先日はいきなり連日おしかけて失礼しました(汗)。おかげ様で私もお兄ちゃん編を何度も読み返してます。楽しいです。やっぱり好きだ…v

今さらですが、こちらのTB頂いてもよろしいでしょうか?
捉え方がとても興味深かったです。

>真っ向勝負で“恋愛”をテーマに掲げながら、恋愛関係の儚さをシビアに書いた物語なのですね。
端的にまとめられて膝ポン!となりました。いやでも、シビア過ぎて、志真の最後のセリフには夢から醒めそうになります…。
[ 2008/02/20 23:45 ] 下 [ 編集 ]
こんばんは!秋月さん。
コメント&TBありがとう♪ってか、待ってました!
長文みっちり型の理路整然とした文章に、冷徹な視線が相変わらずで頼もしい限りですヨ。

そして、私の苦言…。
そうなんですよね、改めて読み直すとこの記事はかなり苦し紛れで遠回りなコト書いてました。
自分の頭の中ではちゃんと繋がっている筈なのに、ソレを他の方にも伝わるように書くのが難しくて逃げちゃったんだよなあ…私。
他の読者の反応も予想つかなかったし…いや、もう反省しきりです…。

そして、トオル。
この作品の有頂天ファミリーには全く萌えられなかったので、私には外野の彼が一番真っ当で不器用で一生懸命で、可愛く見えたんですよね。
実は、かなりお気に入りキャラなんですが、彼に注目している方ってまた殆どいませんよね。

あと、月村さん。
「wish」は兎も角、「Spring has come!」がちょっと意外でした。
実は、私は次に「Spring…」を読むつもりだったので、奇遇と言えば奇遇の話です(笑)。
私も、この2本も割りと好きですよ。

ではでは!
[ 2008/02/19 20:33 ] tatsuki [ 編集 ]
感想を書くことができました…(ヨロリ

tatsukiさん、こんにちは~。
名古屋で語った内容を、アルコールが半分くらい消してくれているので、あれで過不足ないかわからないところですが、TBさせてくださいね。
ひさしぶりに長文を書いたのでかなり支離滅裂でご期待にそえてないかと思います…。

私がこの作品をかなり肯定的に見られたのは、tatsukiさんの苦言に似たこの感想が下敷きとしてあったからなので、そこは感謝していますヨ~。

でも、設定やら展開やらに対して思うところを書きつらねたため、純粋にキャラやストーリーに対する「愛」が語れなかったのが残念です…。

トオル、確かにこのままじゃかなり不憫ですよね(笑)
しあわせになってほしいです。


ちなみに私は月村さんのいちばんは「WISH」か「Spring has come!」ですね。
[ 2008/02/19 08:06 ] 秋月 [ 編集 ]
こんばんは!ゆちゅ♪さん。
こちらこそ、コメントに押しかけちゃって申し訳なかったです。
この作品は洗練された小説だとは思うので、再読したらまた印象変わるのかもしれません。
はーこさん宛てのコメント書いているときに思い出したのですが、私も康征さんがサム・シェパードだったらどんなに浮気されてもめげずに愛し続けるかもしれない…(笑)。
あの手の、甘いマスクのオッサン俳優に弱いです。
そして、子供を持つ機会は数年後も数十年後も来世すら思い描けない私…。
もう、今日妊娠したところで母子手帳はマル高扱いになるような?
今は、どちらかと言うと『おひとりさまの老後』について深く考えてます。

ではでは!
[ 2008/02/07 00:31 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん こんばんは♪

私は更に上をいくオールドタイプな少女まんが世代なのでストーリィ自体は素直に楽しんじゃいました~。
ただ私の感想アレなので今回は実はご遠慮しようかと思ってたんですけど(笑)

ともあれ今回英田さんが意図するところのぐだぐだのろくでなしファミリーは見事に描かれていたということでしょうか?
志真ちゃんの今後の苦労が目にみえるようです(T∇T)

一つ自分的に疑問なのは私の感想って自分が親の立場だからなのかな…ってことだったんで、tatsukiさんが数年後にお子さんを持たれたとしたらまたどんな感想を抱くのかな~と気になりますね(笑)

ではではまた~♪
[ 2008/02/05 21:21 ] ゆちゅらぶ♪ [ 編集 ]
こんにちは!はーこさん。
コメント&TBもありがとうございます。
が、今回はいつにもまして、感想が斜めっててスイマセン…。

冒頭で恋愛映画についてゴチャゴチャ書いちゃいましたが、この作品は“恋愛”に執着して失敗する(であろう)人々のヒューマン・ドラマだったような気がします。
しかも、二世代間の“親子”のギャップを描くというスタイルは映画の『ジョイ・ラック・クラブ』や一連のハーバート・ロス監督作品に通じるプチハートウォーミングストーリー的と言いますか…。
…スイマセン、よっぽどな映画好きじゃないと伝わりにくい話してるなあ、うーん。
今回の英田さんは、いつも以上にBL小説っぽくない物語だったような気がしてならないです。
私も、ホロリと来るシーンが無かった訳ではないのですが、残念ながら萌えは皆無でした…。

私は康征さんの浮気よりも、志真の増長が心配…。
トオルのようなダメ人間の方が萌え♪なので(笑)。
ではでは!
[ 2008/02/01 12:54 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは♪

日本語に訳したら「この親にして、この子あり」だということなので、私は父子それぞれに愛されて悩む受けの話なのかと思っておりましたが、昴は結局家族愛止まりでしたね…。
なんか、私は英田さんの作品にあまり恋愛要素を求めていないようです。
「ボーイズラブ」からラブをとったら何が残るんだ?って感じですが~。
しかし、絶対、康征さんは浮気をすると思うのは私だけでしょうか?

TBいただきましたので、よろしくお願いしますね♪
[ 2008/02/01 00:53 ] はーこ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/738-e28bcce8

la aqua vita ライク・ファーザー・ライク・サン
[2013/04/22 13:29] scarpe hogan
ライク・ファーザー・ライク・サン (SHY NOVELS 198)(2008/01/30)英田 サキ商品詳細を見る
英田サキ/ヤマダサクラコ(SHYノベルズ/大洋図書) 逆光に佇むオヤジと少年たちのショット。 大きく入った英文字のタイトルと小さく入っ...
[2008/02/22 13:39] ブログ萌え付箋
『ライク・ファーザー・ライク・サン』  英田サキ/著 ヤマダサクラコ/絵  大洋図書シャイノベルス (2008.01) この物語はおかしい。一言でいえる。「変だ」。 いい意味でタチの悪い娯楽作品という位置付けになると思います。 高校3年生の相崎志真?...
[2008/02/19 01:04] 月と凌霄花+
あとがきで、 [like father like son]の意味は、 「この親にしてこの子あり」と書いてありました。 アル○のホームページで引いてみると、ちゃんと2番目に出ました。 なるほど……ひとつお勉強になりました。 でも、二人の関係はどちらかというと、 「このバカ親...
高校3年生の相崎志真は、隣の家に暮らす幼馴染み・昂の父親であり、人気脚本家である灰島康征に恋をしている。だが、康征は男女問わず万年入れ食い男のくせに、志真のことはまるで娘(!?)のように可愛がり、いつまでも子供扱いだ。父親代わりなんて必要ないのに!! 酔っ...
[2008/02/08 21:34] 霖雨の彼方
2ヶ月連続でシャイから英田さんの新刊がでました♪ まあ、予定がずれ込んだということは、通しナンバーでわかるのですけどね…。 ライク・ファーザー・ライク・サン (SHY NOVELS 198) 英田 サキ 【あらすじ】 高校3年生の相崎志真は、隣の家に暮らす幼馴染み?...
[2008/02/01 00:17] こんな本よみました…
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。