スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タッチ・ミー・アゲイン 

遅ればせながら、読みました!ヤマシタトモコさんの新刊2つ。
まずは、リブレの方の感想を…リブレ版はBL的に手堅くヤマシタさんらしいカップルが多いです。
この著者の作品は受け攻めを反対と感じる読者が多いみたいですが、私は殆ど同じ志向でした。
正直な話、表題作だけは逆の方が萌えなんですが、この二人のリバ展開を妄想して良しとしよう♪

<作品データ>
・ヤマシタトモコ『タッチ・ミー・アゲイン』(リブレ出版ビーボーイコミックス)2008.1
タッチ・ミー・アゲイン (ビーボーイコミックス)タッチ・ミー・アゲイン (ビーボーイコミックス)
(2008/01/10)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る




□タッチ・ミー・アゲイン
□touch IT again,again,again&again
モノローグの量が半端無く多い!しかも、大半が体言止め…主人公のココロが正直煩いなあ。
だから、君が受けなんだよっ!私の場合、女王様は問答無用で“受け”派なので見事に逆CP。
女王様×へたれの腐れ縁ラブ♪オレサマな遠田は大好物キャラだったのに、ポジションが…。

□息をとめて、
□I cannot breathe without U

童顔デザイナー×へたれ親父(?)。
コチラのCPは萌え志向もバッチリです!ネクラな童顔攻めも、受けのくたびれさ加減も理想的。
ちなみに、私は佐方の狡猾さはアリだと思う、人間関係の理想って一口じゃ言えないでしょうし。
一貫して小ずるく生きるというのも、人生の選択肢の一つなんじゃないのかな?だから芥の方は、
佐方が見せた一瞬の隙をついて、心置きなく言葉と態度で蹂躙し尽くせば良いんだと思うのです。
ゴチになりました!

□ヘヴィ・シュガーの嫌がらせ
コレは雑誌掲載時に読んでます!粘着質なエスとエムな仔ウサギちゃんによる掛け合い漫才?
タイトルが良いなあ♪エロ無しなのに、エロティックなのが良いなあ♪いかにもマガビーって感じ。

□Candied Lemon Peel
□lemon crush,bitter&sour

ド変態の女装“オカマ”攻め×へたれオレサマ(注、女装だからド変態という訳ではありません)。
たかが“名前”のコンプレックスぐらいでガタガタ言ってるから、ド変態に目を付けられてしまう話。
まあ、自業自得♪末永く、お幸せに~♪

□nuotatore nel cantero
また、モノローグが半端無く…以下略。
この脳内だだ漏れショートが萌えか否かは人によるのかな?私には、見え過ぎちゃってウザい…。

□スターズ☆スピカ☆スペクトル
□☆スピカのスはスジョウユのス

この話はBLとは別の次元で面白かったです。
光に対して音波は届くのに時間がかかりますからね!悲しい結末なのに妙にコメディテイスト。
この時間差すれ違い(ラブ)は、意外にも萌えました♪

□うしめし
掘った掘られた程度で、世界はそう変わるモノではない…無頓着な受けと乙男攻めの初夜の一幕。
まあ、こういう二人もアリなんじゃないかな?私は好きです♪また、モノローグがアレでしたが…。

□postscript
[ 2008/01/21 20:50 ] comic BL | TB(1) | CM(4)
こんばんは!ゆちゅ♪さん、はーこさん、のだださん。
予告は案の定、見事にJAROな感じで大変申し訳なく…ごめんなさいっ。
とまれ、コメント本当にありがとうございました♪

>ゆちゅ♪さん
そういえば、小中時代の友人の弟が読みは男の子名なんですが、一般的に女の子名で呼ばれやすい漢字の組み合わせだったので、みんなその女の子名の方をあだ名として読ばれてましたね。
そしたら、何かの表彰式で壇上に上がった際に、校長先生からもその女の子名の方で呼ばれてました(笑)。
檸檬は、画数多すぎてテストでタイムロスしそうな気がします(私は漢字で書けません!キッパリ)
あ、ちなみにマーブルコミックスの私の激萌え話は、残念ながらゆちゅ♪さんのとは違う作品です。
明日こそっ!

>はーこさん
モノローグは長くても良いんですけど、もう少し言葉を選んで私の心に訴えてくるモノだと良いんですけど…。
まあでも、ヤマシタさんは多分あの脳内のウザさ一種のギャグ要素として扱っているとも思われるので、こんなことでグダグダ絡んでいる私の方が大人気ない行為かもしれません。
マーブルの方は、明日こそっ!(今日は興奮冷めないウチに初崎谷さんを…)

>のだださん
こちらこそ、今年もよろしくお願いします~♪
ヤマシタさんの作品は、のだださんの視点だと3桁は軽く突っ込まれそうな要素がありそうです(笑)。
私も、モノローグ以外でも引っかかる部分が無きにしも非ずなのですけどね…。
例えば、後書きのスタンスとか…(あの松田美優さんの後書きにも動じなかった私なのにw)
そういえば、モノローグだけではなく言葉が過多なタイプの(少女)漫画を描かれる方って、基本的に作画が微妙な方に多いという話を聞いたことがあります。
そういう意味で、ヤマシタさんはよしながふみさんに近い気もするんですよね。
(私がよしながさんの作品をあまり好まないのは、作中の登場人物の言葉が多すぎるのも原因の一つだと思うので…)
ヤマシタさんの作品は、むしろそんなモノローグのウザさを超えて尚、魅力的な要素があるという部分に焦点を当てて分析すると面白いかもしれないです。
この点に関しては、明日こそ少しお話できたらと思っています。

ではっ!
[ 2008/01/23 23:17 ] tatsuki [ 編集 ]
こんにちは、tatsukiさん。

概ね好評のこのコミックス、珍しく(?)tatsukiさん志向の攻め受けCPが多かったみたいですね。私も好みでした♪
私はモノローグの量は過多なほうが好きなのですが、ただ、tatsukiさんとは違う理由で煩く感じました。表題作の二人はナイーブに悩んでいますが、一体何を躊躇ってあそこまで話を引っ張ってたのか意味不明で・・・。

>モノローグ。
もしかしたら、語ってる内容がもうチョットあっさり系だと良かったかもしれないですね?
あと、「掘った掘られたくらいで世界は変わらない」がウケました^^全く同感です。
と、ところで、大変遅くなりましたが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
またこちらでレビューしたらTBさせてください。
[ 2008/01/22 16:45 ] のだだ [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは♪

確かにヤマシタさんってモノローグが長いといいますか~。
『タッチ・ミー・アゲイン』なんか、あの1話1話の短さのなかであの量のモノローグ…。しかも、それを隔月で読んでいたら大変かもしれないなあと思ってしまいました。
まとめて読めてよかったかも…と思いました。

明日のマーブルの感想楽しみにしていますね~。
ではでは~。
[ 2008/01/22 00:55 ] はーこ [ 編集 ]
tatsukiさん こんばんは~!

うふふ♪どうやらまたまたヤマシタさんでTB2連チャンになりそうですね♪

私もカップリング的には問題なく萌えたクチです~。いや、表題作もあれはあれで…まあ女王×ヘタレの場合はむしろ受けた方が女王さまは安心するのでしょーが。

ところでマーブルの方にも名前コンプレックスの人は出てきましたけど、女の子で男名前の子はかっこいい!と思われる場合が多い気がするのに、逆だと笑いのタネになってしまうのはかわいそうですね~。
まあ、れもんは女の子でもあまりいないでしょうけど(笑)

また後日まとめてTBお願いいたします~!
[ 2008/01/22 00:07 ] ゆちゅらぶ♪ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/678-dedffa6f

今月買ったリブレの新刊はいずれも地味というかキラキラした絵柄とはかけ離れたものばかりになりました…。 『ものがたりの力』とはよくいったものです。 タッチ・ミー・アゲイン (ビーボーイコミックス) ヤマシタ トモコ JUGEMテーマ:読書 【あらすじ】 7?...
[2008/01/22 00:48] こんな本よみました…
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。