スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CRAFT vol.35 

うっかりしていたら、今回初めて「CRAFT」の発売日をすっかり忘れてました…。
本日あわてて大型書店に買いに走ったのですが、店頭在庫が見当たらなくて焦るコト焦るコト。
発売日は昨日だった筈だから、流石に2日で売り切れは無かろうとスタッフに問い合わせてみる。
やっぱりストックの在庫があったみたいで無事買えました♪ってか、ライバルが結構いるのね。
てことで、本日は戒めも兼ねて久しぶりのCRAFTの感想です、毎回買ってはいるんですけどね。

<作品データ>
・「CRAFT」vol.35(大洋図書)2008.3
CRAFT vol.35 (35)CRAFT vol.35 (35)
(2008/01/19)
不明

商品詳細を見る




□宮城とおこ『真夏の距離』
まさかの『G線上の猫』番外編でした!本編の最終回から1年後のお話になるのかな?
真夏という時期ハズレな設定もアレだが、まさかのエロエロ展開に恐れ戦きました(笑)。
実は最終回が気に食わなかったんですけど、このベタベタなバカップルぶりは萌えでした♪
いっそのこと、せっかくの機会なんですからリバってくれても良い感じ♪私的は無問題デス。
しかし、この話は一体いつどこでコミックス収録されるんだろう?

□天禅桃子『フラッター』
天禅さんの新連載になるのかな?
カミングアウト済みのゲイの同僚に惹かれて行く、実直な青年の恋物語になるのでしょうか?

あくまで 僕の場合ですけど なんていうか
僕らみたいなのを 気持ち悪いって 人がいるのは 仕方ないことだと 思うんですよ
そういうハンデ というか負い目 みたいなものを いつも感じてて
それならせめて 外見はちゃんと しとけ! みたいなね
劣等感(コンプレックス)の 裏返しです
「カッコいいのに 勿体ない」って 言わせたら こっちの勝ちです
ま、ちゃちな プライドですよ


ちょっと長めに引用しちゃいましたが、見てください!
この淀みなく流れる台詞と、観月さんの物腰の柔らかさに私もすっかり魅せられてしまいました。
従来のBLの(ゲイの)登場人物とは、かなり異なったモノの捉え方をしている方だと思うんですよ。
この作品は、BLの通念を破る作品に化けるかもしれません。

□ヨネダコウ『どうしても触れたくない』
この作品は、相変わらずベタベタのコテコテでソコがとても良かったです♪
まさお三月さんがマガビーで連載されている作品と、全く同じテーマが扱われていますね。
即ち、非在の“家族”に対する攻めの絶え間なき憧憬、ソレが受けの心を頑なにさせています。
この問題は彼らに限らないんですけど、私にも覚えがあるから気持ちがシンクロしちゃうんだな。
私の弱点の一つであります。

□木下けい子『幾千の夜』
未読、木下さんの作品は最近全く受け付けられなくなってしまいました…。

□真生るいす『満員御礼』
力士×力士♪片方(多分攻め)はリトアニアへの郷愁の思いに駆られるへたれ外国人力士、
もう片方は先輩メガネ力士(ややツンデレ風味)、2008年は角界BLが幅を利かせる年かも…。

□古街キッカ『鉢植えの住人』
微妙にファンタジー設定の最終回。
何か予定と終わりが変わってませんか?ちょっぴりセンチメンタルな妄想オチで良いのかなあ?
古街さんのファンだけど、この作品は何とも腑に落ちない物語でした。

□山本小鉄子『チュチュンがチュン』
スズメが二羽に増殖して、更に不機嫌指数が上がるタカ。
きっとオレサマ×天然なんでしょうが、ここまで来たらオレサマピッチャーが受ける方が萌えるなあ。
BL的な進展度はほぼ0。

□菊屋きく子『あまい日々』
やんちゃ年下×クール年上、典型的な年下攻めモノ…故、私の萌え指数は自ずと下がる…。

□井上ナヲ『てのひらふたつ分の恋』
吸血鬼モノ。
井上ナヲさんの作品は読んだ端から内容を忘れちゃうみたいで、前話までの展開が忘却の彼方。
エド受け認定でいいのかしら?

□樹要『インターバル』
未読。

□雁須磨子『猫が箱の中』

全くもって話の筋が良く分からない…この作品はBL?今後BLになるの?

□anya『夜明け前』
絵心無い私が言うのもなんですが、何度読み直しても北畠あけ乃さんの絵に見えるのですが…。
ってか、北畠さんは数年前に描かれていた野球部の作品が確か未完だった気がするのだが…。
ロシアのサッカー名門校の寄宿寮生モノらしいです…ちゃんと続きがあるのなら期待しています♪

□橘紅緒&宝井理人『セブンデイズ』
ようやっと、物語が動きましたね!
芹生のお家で何かが起こることを期待してます♪

□月村奎『こんな毎日』(守井章・画)
このエッセイと『セブンデイズ』が、今となっては一番長い連載作品になるんですね。
光陰矢のごとし。
[ 2008/01/20 21:54 ] magazine&anthorogy 感想 | TB(2) | CM(4)
こんばんは!korekaさん。
またまた、コメントありがとうございます♪
私は、どうも他の方々より雑誌派みたいなんですよね(笑)。
アンソロジーは今となっては、CRAFTとHERTZのみなんですが…たまにふらふら~っと他のも買ってみたくなります。
多分、飽きっぽいから一人の作家を集中して追いかけることの方がシンドイんですな。
korekaさんに感想を誉められてしまって、おだてに弱い私は舞い上がってますヨ。
今年は、雑誌系ももう少し真面目に感想書きますね。
では!
[ 2008/01/28 19:54 ] tatsuki [ 編集 ]
はい、芯の通った辛さが素敵ですー!

tatsukiさまの雑誌やアンソロの感想、大好きです。雑誌は買わないと決めていても、思わず欲しくなってしまうことしばしばです。すごく丁寧にお書きになるので、アンソロのレビューはご面倒なんだろうなーと思いつつ、今後も楽しみに致しております~
[ 2008/01/27 21:28 ] koreka [ 編集 ]
こんばんは&はじめまして!korekaさん。
コメントもTBも大歓迎です、ありがとうございます♪
あれ?私の感想、ピリリと辛いですか?
確かに、今日更新した遠野さんは激辛でしたが(←笑)、大概ツンデレやオヤジがいればデレデレの感想だと思いますよ(笑)。
CRAFTはここ2~3日の更新件数を見ていただければお分かりいただけるように、世の中私ほどこのアンソロジーを長く追いかけている人間が他にいるのか、という按配でして…。
感想は(面倒で…)あまり残してないのですが、今年は毎回更新できるように頑張りたいです。
ではでは!
後ほど、そちらにも伺いますね。

[ 2008/01/27 19:40 ] tatsuki [ 編集 ]
はじめまして、korekaと申します。
いつもtatsukiさまのレビュー楽しく拝読致しております! ピリリとお辛いところに身を乗り出して読み入ってしまいます~

TBさせていただきました。どうかよろしくお願い致します。また、記事本文中でもtatsukiさまのレビューに言及させていただいたのですが、もし問題等がございましたら、おっしゃっていただけたらと思います。ご不快じゃないといいのですが、、
[ 2008/01/27 16:08 ] koreka [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/677-fc5ab8be

la aqua vita CRAFT vol.35
[2013/04/22 15:22] scarpe hogan
本屋の店頭に、猫田リコ先生の新刊『ココロに錦』がなかったので、 しょんぼりして雁須磨子先生でも読むべ~と『CRAFT』の最新号を買ってきました。 掘り出しものが2つありました! 「フラッター」(天禅桃子): すごい! 期待大の新連載です。リーマンモノ。 ...
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。