スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ビーンズ・キャンプ 

実は私、世間の評判に反して依田沙江美さんのBL漫画にあまり食指が動きません。
よしながふみさんや木原音瀬さんもなんですが、私がBLに求めている物語じゃない気がするのだ。
とはいえ、↑の3者とも例外的に好きな作品もありまして、よしながさんは『ジェラールとジャック』が、
木原さんは“吸血鬼”シリーズが、そして依田さんの場合は今回紹介するこの作品がお気に入り♪
一見すると、ショタっぽい雰囲気の三つ子ちゃんモノ…が、実態は…?

(インドの)仏教神話が設定に絡んでくるのですが、不肖の私には元ネタが全く分かりません!
せいぜい固有名詞のいくつかを聞いたことがあるくらいで、その背景や寓話には何も触れられない。
てことで、本日は純粋にボーイズラブにテーマを絞った解説になります。

本命CPは、何と蛇×豚デス!性格属性的には、へたれ(お稚児趣味)×意地っ張り(ホモフォビア)。
紆余曲折を経て、根性の曲がったインテリ蛇が傲慢でオレサマの豚に“受け”の呪いをかける物語。
残りの兄弟も同罪の咎を受け、3匹の子豚ちゃんは“受け”る人間として生涯を送るコトになります。
が、“本命”の動向を陰ながら見守り、場合によっては援護する過程で蛇も墓穴を掘ってしまう(笑)。
結局、彼も(あまり出来の良くない)人間の生を全うする羽目になり、しかも、意地っ張りな“本命”も、
思い通りに彼に落ちてこない!…結局、最後まで二人の恋路は通じているとは言い難い顛末デス。

それゆえ、この作品は未完のBLコメディになってしまっているように私は思います。
この作品の続きは出ないんでしょうか?(少なくとも、現在まで「ディアプラス」に続編は無い筈…)
ついでに、この作品と前後して描かれていた、大学生CPの話もコミックス化を待っているのですが。
もしかして、同人誌辺りで完結編とかそういうオチなんでしょうか?

いずれにせよ、この作品は淫らな少年VS.翻弄される大人という図式に意味が隠されておりまして、
「一本取られたな!」と騙された(=楽しめた)作品でした…“不思議”が深くネタに絡んできます。
私がBL読み初めの頃に買った昔の作品なんですが、今でもたまに無性に読み返したくなります。
そういえば、へたれ攻め萌えの原点だったような気もする…とまれ、ご馳走様でした~♪

<作品データ>
・依田沙江美『ビーンズ・キャンプ』(新書館ディアプラスコミックス)2002.4
ビーンズ・キャンプ (ディアプラスコミックス)


私はディアプラスコミックスを結構買ってるし、一時期は雑誌も定期的に購入していました。
が、今となっては殆ど手元に残っていないのデス!小説の方はいっぱい手元にあるのですが。
だから、今でも大事に持ち続けているこの依田さんの漫画は、レーベル的にも例外的なんですよ。
そして、“ニート”が定着した現在、“パラサイト・シングル”という単語が妙にこそばゆい感じ(笑)。

あ、この記事はentryナンバーでバレバレでしょうが、大分前の記事のサルベージ+再編集。
かように、埋もれている下書き記事が実は結構あったりします(笑)。

<拍手お礼>
・entry552、823、824(4件)、825に拍手ありがとうございます♪

>825に拍手して下さったK様
私はバンダル・アード=ケナードシリーズにハマって、駒崎さんの既刊を全部集めたクチです(笑)。
ビーンズのBL風味な高級男娼シリーズよりも、私はこの(オヤジ)傭兵モノの方がお気に入りです♪
しかし、前後編…先に買っちゃうと読まずにはいられないのに、読んじゃうと内容忘れそうで困る。
うむむむむ…いや、それでも予定通りに出るなら文句は言いませんヨ!延期が一番辛い~。

[ 2008/06/05 21:00 ] comic BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。