スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

このBLがやばい! 

実は買おうかどうしようか1日中悩んでいたのですが、結局買ってしまいました(笑)。
想像よりは悪くは無かった!少なくとも、先月の某ボッタクリう○こ本に比べると遥かに良心的。
リーゾナブルだし、ネタとしてそれなりに楽しいし…ま、あの本と比べられても嬉しくないでしょうが。
ランキング集計方法が恣意的でやや信憑性に欠けるトコロと、紹介文の拙さにが気になりますが、
カフェオレ・ライター~誰も書かなかった映画レビュー~さんのBL帯特集が楽し過ぎたから良いや。
元々、ひっそり↑の帯レビューを楽しく拝見させて頂いてたのですが、やっぱり格段に面白いなあ。
私はこのライターさんの記事を読むまで、帯を全くチェックしてこなかった事を深く後悔しています。
(基本的にカバー不要派なので、帯は邪魔で全サ目当て以外はそもそも直ぐに捨てちゃうんだな)
BLだけに限りませんが、キャッチコピーあらすじは殆ど編集さんの手腕によるものらしいデス。
が、私のような迂闊な読者は大概は作家買いor設定買いor挿絵買いだから、気づかないのよね。
しかも、棚に差す時やっぱり邪魔になるし傷み易いから、職場でも処分しまくってるんだよなあ…。
今後は、もっと小まめにチェックしよう♪

草間さかえさんと九州男児さんのBL(エロ)萌え全開インタビューは、読み応えがありました!
実は、他ジャンルへの露出が増えている(気がする)草間さんの状況が少し不安だったのですが、
私の杞憂だったみたい…あんなに露骨にエロ萌えを熱く語ってくれた草間さんがステキです♪
逆に、榎田さんのインタビューはやや微妙な印象…インタビュアーとの相性が悪かったのかな?
いや、もっと単純に私が榎田さんの漫画家シリーズ(特にルコちゃん)が好きじゃないからかも…。
榎田尤利という作家の作品の方向性について、あるいはBLジャンルに身を置く渦中の作家として、
榎田さん自身がそれをどのように考え、今後展開していくつもりなのか突っ込んで欲しかったな。
今回のインタビューで、自作品の萌えドコロが分からないと榎田さんは暴露しているんですよ。
私は榎田さんの大ファンになると思うけど、榎田作品では実はあんまり萌え要素は感じません。
機知に富んでて軽妙で読みやすいのがこの方の作風の魅力だとは思ってましたが、やっぱり…。
自作品で萌えが見出せないというのは、今後の創作の大きなマイナス要因になりませんかね?
榎田さんのコメントは、何だかファンをとても不安な心地にさせます。

最後に、ゴールデンホモー賞について…とかく言葉で言い尽くせない破壊力を感じました(笑)。
私個人の今年のマイベストBLはまた年末にでも…多分、このラインナップとは被らない筈デス…。
以上。

<作品データ>
・「このBLがやばい!」2008年腐女子版(宙出版)2007.12
このBLがやばい! (Next BOOKS)このBLがやばい! (Next BOOKS)
(2007/11/28)
NEXT編集部

商品詳細を見る


↓はややプライベート・トーク?


ちなみに、私の職場で今年最も売れたBL漫画は恐らく『amato amaro』、次点は『幻月楼奇譚』。
(データで見ると前者が50冊弱、後者が30冊強販売しているみたいですよ←社外秘じゃない筈…)
元々BLの動きが良くない職場だから、他ジャンルで人気の作家じゃないと入荷数が一桁デス(笑)。
でも、私が担当にプッシュしたbassoさんと中村明日美子さんはロングで売れているから嬉しいな。
円陣闇丸さんは外したけど…(思ったより売り上げ実数が伸びない!山田ユギさんの方が堅調)。
そういえば、新人のBLコミックスなのに『セブンデイズ』だけはやけに好調なのが意外でした。

ちなみに、小説部門で堂々1位の『DEAD LOCK』シリーズは配本自体が無かったけどね!
このブログ上でも相当暴れた心乱れた記事を書いてますが、他のキャラ文庫は来てるんですよ。
てか、売れ筋だけ配本無し!ってあの某K川グループだって流石にありえないハナシだからね!
私のT間に対する不信感は募るばかりデス…。
[ 2007/11/28 22:19 ] magazine&anthorogy 感想 | TB(2) | CM(2)
こんばんは!はーこさん。
私は逆に1位だけは順当と思っていました(笑)。
と言いつつ、私もあのシリーズは最初のカップルしかちゃんと読んでないんですけどね。
私はカップルが移行するシリーズは、基本的に萌えが続かないから…。
他は順位がどうのというより、集計期間秋~秋だったので、去年の本がランクインしていることに何と無し違和感が…。
しかも、この本に限らず集計極近に刊行された作品は不利だよなあ、とか余計なコトを考えてました。
私のベストに入りそうなのは、中村明日美子さんだけなんですが、あの作品はBLと呼ぶには色々未遂で本質テーマが違っているような気がしなくもなく…。
小説の方は、今年はあの作品が不動の1位だと思いますよ、私の場合。
「しあわせ~」よりも断然「ラステロ」派です(笑)。
ではでは!
[ 2007/12/02 21:45 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは♪

気が付けば、今年も残りわずかとなりました~。
私にとってのゴールデンホモー賞はなになのか、いまだに決めかねています。
なかなか楽しいムックでしたが、
へえ~、これが1位なのか…
とも思ったり。
いや、1位作品をまともに読んでいないから…。
個人的には、草間さんの作品にもう少し票が入ってもいいのでは?とか思ったり。
でも、割と順当だとは思いますけどね~。
tatsukiさんの今年のベストBL発表を楽しみにしています♪

TBよろしくお願いしますね♪
[ 2007/12/02 02:03 ] はーこ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/639-5d57401d

「すごい!」ではなく、「やばい!」なんですね…。 うん、ある意味正しいです。 このBLがやばい! (Next BOOKS) JUGEMテーマ:読書 【やばさ】 詳しくは↓を読んでください…。 『このBLがやばい!』がやばい!特設サイト
[2007/12/02 01:57] こんな本よみました…
ちなみに、丁度今から2年前にこのようなムックも発行されていたのは、皆さんご存知でしょうか? メインはあくまでライトノベルなんですけど、後半約3分の1はBL関係のガイドで占めら...
[2007/12/01 20:54] la aqua vita
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。