スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

俺と奴の対峙する関係 

アレだけ散々他人サマに文句を言っておいて…実はちゃんと読了してみたら楽しかった作品です。
先日の筒井さんも仰っていましたが、評判の小説を途中で投げるのは人生えらく損をします(笑)。
この作品も尻上がりに面白くなるタイプの作品、方々でグチってた愚かな私を笑ってやって下さい!
ご馳走様でした♪

てことで、本日は読了までに実に1ヶ月強の時間を要した義月さんの作品です。
BL版のから騒ぎと言った印象の作品でしたね(と言いつつ、シェークスピアの内容覚えてないや)。
誤解から始まる恋と言えばBLで定番の設定ですが、今回は誤解故に始まらなかった恋の話。
父親の急逝で帰省し、かつての幼馴染兼初恋の黒田と対峙せざるえなくなってしまった主人公。
しめやかに父の葬儀が行われる中、業績不振の家業と人の良い兄の連帯保証人問題が浮上し、
結局は不承不承も兄の後始末を内々に処理する為、休職願いを出して実家に居残るコトになる。
が、そんな彼の家業(旅館)に対する経営のテコ入れや内密行動は、件の黒田には不穏に写る。
いわゆるクールビューティー系の志岐は、初恋の黒田相手にも手の内を見せない徹底ぶりなので、
今も昔も相思相愛な二人なのに、互いに誤解と不信感を抱いているから恋愛関係に行き着かない。
コレが即ち、この二人の対峙する関係の結果なんですな(笑)。

この作品が独特なのは、登場人物が攻めも受けも脇役も等身大にフツーの人間な点に尽きます。
通常はBL小説もエンターテインメント小説の亜流ですから、キャラクタ小説の体ををなす筈なのに、
この作品に登場する人物達は、よくも悪くもそんじょそこらで出くわせそうな人間ばかりなんですよ。
で、この現実味溢れるが理想的(or魅力的)ではない人物描写が、実は私あまり好きじゃなかった。
特に、読者にも虚勢を張って自身のクール振りをアピールする主人公に共感しづらかったのです。
が、コレは読み方を根本的に間違えてたのですね…この小説はマクロに人間関係を楽しむ小説で、
ミクロに登場人物の誰かに加担する物語では無かったのだなと、読了後にようやく気づきました。
そんな風に眺める視点を切り替えれば、ありえそうなから騒ぎコメディとして十分に楽しかった!
些細な意地の張り合い&誤解で随分時間をロスした二人ですが、最後は上手くいくのでご安心を♪

難を言えば、この著者の文章に私個人はかなり苦戦しました。
基本的に、会話文ばかりが続く小説を許容できない心の狭い人間だと言う自覚はあるのですが、
特にこの作品の場合、メイン二人の会話のテンションにあまり差が感じられないものですから、
斜めに読むと誰の誰に対する会話なのかを見失ってしまうのです(特に高校時代の回想シーン)。
しかも、その会話シーンが物語進行のリズムにもならず、かえって停滞させている印象が強い。
この件に関してはオフレコで何度か語っちゃったんだけど、まあ要するに私好みの文章じゃない。
気分が乗らなければ、多分読みこなせない文章ではありました、以上。

・義月粧子『俺と奴の対峙する関係』(朝南かつみ・画、オークラ出版プリズム文庫)2007.9
俺と奴の対峙する関係 (プリズム文庫)俺と奴の対峙する関係 (プリズム文庫)
(2007/08/23)
義月 粧子

商品詳細を見る




この主人公は、和服萌えの時だけデレが垣間見れますね(笑)。
[ 2007/10/08 18:09 ] novel BL | TB(1) | CM(2)
こんばんは、ゆちゅ♪さん。
もう、ゆちゅ♪さんには失笑ものでしょうが、ちゃんと読んだら面白い作品でしたよー(笑)。
田舎の商店街の様子が、本当にらしくて楽しかったです♪
葬儀の合間に降って沸いたような金銭問題が生じるのも、現実にはよくあるお話ですしね…。
(ウチは父方の祖父の葬儀後暫く経ってから、証券会社の方が来て財産分与やナニやらでてんやわんやな時がありました…だって祖父以外に為替相場に手を出している人間がいなくて仕組みとかさっぱり分からなかったから…)

文章は、正直やっぱり苦手な感じです…。
登場人物の言葉遣いに明白な違いがあるなら(断定調と敬語調など)、会話だけでもニュアンスが伝わるのですが似たような若者言葉同士の会話は混乱しちゃうんですよねー。
いかに普段、私が斜めに小説を読んでいるかがくよく分かる感じ?

それにしても、義月さん家のバカヤローな攻めというのが逆に気になります(笑)。
アホ攻めとは違うんですよね…?
ではでは。
[ 2007/10/10 20:40 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん こんにちは♪

和服萌え!でしたね~、意地っ張りというより頑なすぎて温度の低い女王様でしたがこのフェティッシュな部分の可愛いげで救われていたのかも!

でもお互いバラを抱えた写真を待受にしちゃうあたり本当は可愛い人だと信じています(笑)

私はあまり文章的に引っ掛かったことはないけど、気になる方には気になるのですね~。というか私がこだわらなすぎなのか!(SASRAチャットで痛感しました)

また後日TBに参りますので、よろしくお願いしますね♪
[ 2007/10/09 12:46 ] ゆちゅらぶ♪ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/614-1a76e39e

俺と奴の対峙する関係 (プリズム文庫 ys- 1) 義月 粧子 「あんたらアホやろ!(笑)」 読み終わって叫んだ私を責めないでください。 いや、だってこれ読んだら叫びたくもなりますよ! あまりに恥ずかしいバカップルぶりに…(≧∀≦)! 義月さんにはまたやられ...
[2007/10/11 11:45] 水中雑草園
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。