スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

KISS ME テニスボーイ 

本日は、私が今月密かに最も楽しみにしていた京山あつきさんの新刊コミックスをご紹介します!
実は、雑誌掲載時に殆ど読んでいたのですが、やはり1冊のコミックスともなると感動も一入デス♪
基本的には、日本人×オーストラリア人CPによる異文化コメディBL作品となっているのですが、
攻めの要は日本人気質というよりも、その天然ぶりはもはやネジが一本飛んでいる宇宙人型(笑)。
某ひちわさんにも匹敵するチクビストぶりと、徹底した焦らしプレイを楽しめるコト請け合いです!
相変わらずこの著者らしい上質なBLコメディ作品でした、ご馳走様です♪

天然(?)ジャパニーズテニスプレイヤーの要×へたれアイドル型スタープレイヤーのダニエル。
少年時代のダニエルの要に対する軽薄な行動が、その後の二人の運命を変えてしまいます(笑)。
ダニエルに小バカにされたことで何かに目覚めた要は、再会の瞬間から行動がぶっ飛んでます。
衆人環視の中で強引にダニエルに(ディープ)キスを施し、それ以上も平然と強請る我流ぶり。
当然、この押しの強い情熱に驚き焦り流されまくるダニエルでしたが、彼も割と直ぐに観念します。
要の巧みないやらしい唇と手つきに慣れ親しみ、ダニエルの方も当然それ以上を覚悟し始めます。
が、要は二人の独自ルール(注、作ったのはダニエル)に忠実なので、キス⇒チクビからそれ以降、
さっぱり関係を先に進めようとはしないのです!この天然焦らしプレイぶりが、本当に堪りません♪
てことで、仕方なく比較的快感に忠実なダニエルが逆に誘いor襲い受け始めたりするのですが、
コレが要の萌えツボを刺激しないらしく、二人のディスコミュニケーションぶりが笑いを誘います。

結局、二人はお互いが一番ステキになれる(…らしい)テニスコートで関係の決着をつけることに…。
オチは読んでのお楽しみ♪この二人に相応しい大団円と、その後の間抜けなオチが付いてますヨ。
京山さんはBLジャンルとは多少の距離がありまして、そのズレを生かしてコメディに仕上げます。
そこが、私にとって堪らない美味しいBL作品になっているのかもしれません♪大好きデス!

・京山あつき『KISS ME テニスボーイ』(徳間書店キャラコミックス)2007.11
キスミーテニスボーイ (キャラコミックス) (キャラコミックス)キスミーテニスボーイ (キャラコミックス) (キャラコミックス)
(2007/09/25)
京山 あつき

商品詳細を見る




それにしても、現実的には要タイプと付き合うのは友達関係だとしても骨が折れるだろうなあ…。
[ 2007/09/24 20:20 ] comic BL | TB(3) | CM(6)
こんばんは&初めまして!闇霧さん。
テニス関連のBLに特化したレビューって、切り口が面白いですね。
京山さんの作風は、何処か男性向けっぽい赤裸々さとリリカルさなノリがある気がします。
というか、リリカルを逆手にとった生々しさが、男性向けっぽいのかもしれません。
だから、キャラクタを生物の授業のように眺めているような部分があって、少女漫画に慣れしたんだ女性読者には辛いのかもしれないなあと思っていたのですが、最近は本当に多くの方に受け入れられているみたいで、ファンとしては嬉しいです。
そして、私はテニスに疎いので(某王子様がありえなさ過ぎるのは流石に分かるのですがw)気付かなかったのですが、テニス描写もカッチリした作品だったのですねー。

コメントありがとうございました。
それにしても、このエントリはー男性に読まれているのかと思うと、いつも以上に恥ずかしい(アホ)発言が目立つなあ(笑)。
ではでは!
[ 2009/03/25 21:00 ] tatsuki [ 編集 ]
 今更ながらに過去記事へのコメント、失礼致します。「テニスを題材としたBL漫画」に限定してレビューを書いている者で、闇霧(やみぎり)と申します。腐男子と言えるほどではないですが、それなりにBLを楽しむ心を持ち合わせた男性です。
 正直、私も要の色々な意味で理不尽な性格には面食らったのですが、それでも作品として楽しむことが出来たのは、tatsuki様も下のコメントで仰っている通り、全体的に「男性にも読ませやすい作風」だからなのかもしれません。
 最後の最後まで「テニス」にこだわった作風となっている点が、私の中では非常にポイントが高いです。
[ 2009/03/25 18:33 ] 闇霧 [ 編集 ]
こんばんは!のだださん。
コメント&TBありがとうございました。
私の感想(レビュー)はいつもジャイアニズム精神に則ったオレサマな端折り方をしているので、お恥ずかしい限りです(笑)。
ネタとして、楽しんでいただけたのだとしたら幸いです♪

私はイベント会場でたまに京山さんのスペースに寄りますが、この方はいつも男性ファンが並んでいる印象がありますね~。
腐男子さんなのかは兎も角として、BLとしては異端な部類の作風だと思うので逆に男性がとっつき易い作家さんなのかもと想像しているのですが、いかがでしょう?
まあ、いずれにしても仕掛け(ネタ)が上手い作家さんだとは思いますが…。

今回の作品は、そういう意味では割とBL寄りの萌えを提供してくれてる作品だったかもデス。
ではでは!
[ 2007/09/29 21:43 ] tatsuki [ 編集 ]
どうもこんばんはー。今回の京山さんは大変にグーでしたね!こんな面白い工夫のある攻防戦を読めるとは!もう至高の喜びですv
簡潔な言葉で二人のステキ要素を紹介なさってるレビューでしたので、トラバを送らせていただきます。それでは!
[ 2007/09/29 02:32 ] のだだ [ 編集 ]
わーい!ゆちゅ♪さんもお気に召して頂けたようで本当に嬉しいです!
京山さんは、私は旧PN時代から追いかけているコアなファンだったりするのですが、この作者の作品は真性のショタなトコロがあって、どうしても普通の感性の方にはお勧めしづらいんですよねー。
私は(恐らく)京山さん同様の重度のショタコンなので、いたいけな少年が心と下半身のコントロールに悩んでいる姿が激萌えだったりするもんで(笑)。

ああ、でもコメディ作品としてのクォリティは、過去のいずれの作品も大変完成度が高いので、そういう意味ではお勧めです。
私の大贔屓BL漫画家さんの一人です。

ではでは!
[ 2007/09/26 21:29 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん こんにちは♪

私京山さんは初読みでした…というよりtatsukiさんのご紹介がなければ絶対読まなかった作品だと思います(笑)

本当に本当に私の大好物焦らしプレイをこれでもか!と堪能させていただきました♪
何気に乙女のためのBLまんがにあるまじきあの初合体時の擬音にもウケました(笑)
久しぶりにBLまんがの感想書いてみましたので、また後日TBにうかがいますね♪
[ 2007/09/26 13:44 ] ゆちゅらぶ♪ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/605-dfa10485

la aqua vita KISS ME テニスボーイ
[2013/04/22 14:56] scarpe hogan
至高の変態漫画を描いてくれた京山あつきさんに心からありがとう! キスミーテニスボーイ (キャラコミックス) (キャラコミックス) 作者: 京山あつき 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2007/09/25 メディア: コミック あらすじ。 テニス留学中の寺門要(じもんかなめ)に ケン
[2007/09/29 02:26] のだだがBL読んだ。
キスミーテニスボーイ (キャラコミックス) (キャラコミックス) 京山 あつき BL系をうたいながらめずらしくとはこれいかに。 いや、しかし本当にあまり書いてないのですよね。 なので最近ブログの紹介文から「BLまんが」を削除しました(笑) しかし、そんな私が ...
[2007/09/27 12:35] 水中雑草園
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。