スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

不機嫌なピアニスト 

作品の舞台が映画業界だったからなんでしょうか?良くも悪くも、極めて映画的な小説でした。
初めて読む作家さんだったのですが、この独特の文章には慣れるのに大変時間を要しました…。
慣れれば決して読みづらい文章という訳では無いのですが、読むのに非常に時間がかかります。
一言一句を丁寧にきちんと追わないと、読者が置いてけぼりを喰らってしまうような不思議な文体。
ここまで文章で取り繕わない小説は珍しい…主に攻め視点の受けに対する観察日記的なソレ…。
恐らく視点キャラの坂口は文章を綴るのが苦手なんでしょう、本業は駆け出しの映画監督ですし。
故に、心情描写が殆ど見られない作品なので叙情性豊かなBLを好む方にはお奨めできません!
映画表現的なシンボリックな会話と、低温で冷静な観察記録的な文章を許容できる方のみ推奨…。
私はといえば、その昔重度の映画ジャンキーだったこともあってか、意外にも楽しい作品でしたヨ♪

この二人の断片的な会話は、読者に全くと言って良いほど本音を伝えていないので、沸点が低い。
(と言いつつも、たまに子供じみた癇癪を起こす瓜生の行動は、天然培養な感じで萌えるのですが)
特に受けの瓜生は下半身がユルユルなので、フラグも立っていないのに簡単に足を開いてます。
どうも二人の間には、会話だけではさっぱり見えてこない水面下の心のやりとりがあった模様…。
が、肝心な事を(つまらない…)冗談で誤魔化したり、奇妙な比喩表現で煙に巻く坂口の視点では、
どうにもこうにもその辺の微妙かつかなり重要な部分が見えてこない…情報不足にも程がある!
てことで、この二人の関係は(特に序盤は)何となく身体の相性が良いセフレ?…という印象です。
尤も、坂口の強引な行動には瓜生の全て(心・体・才)を手に入れるための策略があるのですが…。
但し、この序盤を流し読みしちゃうと、アンニュイな雰囲気だけが濃厚な微妙な二人になってしまう。

面白くなってくるのは、実は物語が廻り始めた後半のエピソードにあります。
てっきり坂口の次回作品に、瓜生の奏でる音楽をつけてもらう展開になるかと思っていたのですが、
実際は、坂口の次回作品(ドキュメンタリー)に出演+音楽をつけてもらうという状況になってくる。
が、瓜生は出演は兎も角、自分には心が無いから自分の為のオリジナル曲は作れないとのこと。
さてさて、二人のラブアフェアがこのドキュメンタリー作品にどのような影響を与えるのでしょうか?
坂口の瓜生に対する視線→カメラを通して見えてくる瓜生の新しい側面→そのビデオを見る瓜生。
結局、坂口の視線を通して自身の心の在り処を自覚する瓜生…この入れ子構造的な変化球が、
いかにも映像作品にありえそうな展開で、結果的に私がこの小説をいたく気に入った理由です。
ご馳走様でした♪

・甫刈はるひ『不機嫌なピアニスト』(ヨネダコウ・画、オークラ出版アクアノベルス)2007.8
不機嫌なピアニスト (アクアノベルズ)不機嫌なピアニスト (アクアノベルズ)
(2007/07/23)
甫刈 はるひ

商品詳細を見る




映像と音楽の融合がラディカルで斬新で成功した映画と言えば、「死刑台のエレベーター」
てことで、↑の作品序盤の瓜生のイメージは私的にマイルス・デイヴィスだったのですが…。
全然違ったデス…少なくともコンポーザーとしての瓜生は、もっと普通に音楽職人でした(笑)。
[ 2007/09/14 17:01 ] novel BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/598-4a10f240

la aqua vita 不機嫌なピアニスト
[2013/04/22 13:34] scarpe hogan
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。