スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夕暮れララバイ 

3年越しの片思いがようやく実を結びました…胸がいっぱいで、何故か焼肉が食べたいです(笑)。
てことで、本日は極個人的に2004年の秋からコミックスの発刊を待ち続けた作品の紹介です♪
実際、半ば夢を諦めかけていたのですが、BLのカミサマは私を見捨てていなかったみたいです。
最近の大型新刊ラッシュに揉まれた中でも、実は一番私の心の琴線に響く作品になりそうです…。
今回の作品は断然オススメ♪という訳では無いのです…が、私は本当にこの作品が大好きでして。

さて、この作品はぽっちゃり体型の人の良い会社員×典型的なツンデレボクサーのラブコメディ。
(メタボリックという程でも無いのですが、ダイエットの為にボクシングを始める攻めの純愛ラブコメ)
ちなみに、↑の掛け算表記の内訳を、ちゃんと把握できたのは割と最近の雑誌からだったりします。
私も中途から(第3話)ハマったシリーズで、導入部を知らなかったのが最大の理由なんですが、
表紙を確認してもらえると良く分かるように、どちらがどちらか絵の雰囲気では大変把握しづらく、
サービスと言う名の決定的なシーンが実は殆ど描かれていなかったりするんですよね、この作品。
しかも、BLジャンルの王道は年下攻め…だから、私も攻守のポジション取りに少し混乱したのです。

が、結果的にはこのシリーズは、へたれ攻め×ツンデレニャンコ受けの年下受け作品です。
私的には見事な萌えの直球ストライクなんですが、ソレ故に皆さんには逆にオススメしづらいです。
私と萌えツボが重なり易い類稀なBL嗜好の方には、多分オススメです(笑)。

とはいえ、1つの漫画作品としてみた場合、やはり手放しでは誉められない微妙な部分がちらほら。
絵柄も魅力的というには程遠く、ストーリーもありきたりと言えばありきたりで凡庸なBL作品です。
が、年下の甘たれで意地っ張りな小粒ボクサー松岡が、吉野と出会って心身成長していく姿がね、
何だか本当に可愛らしくて…些細な二人の日常会話のやり取りに、ホロリと来るものがあるのです。
吉野はぽっちゃり体型の3枚目へたれですし、決して理想的な年上と言うわけでは無いのですが、
まだまだ末っ子気質の子供の松岡に比べると、やはりワンランク上の視点から眺める余裕がある。
この見た目と(中身)のギャップが、この作品の一番の醍醐味なのかもしれません、大好きです!

ご馳走様でした♪

<作品データ>
・松木加斎『夕暮れララバイ』(新書館ディアプラスコミックス)2007.7
夕暮れララバイ 夕暮れララバイ
松木 加斎 (2007/06/30)
新書館
この商品の詳細を見る

[ 2007/07/01 19:48 ] comic BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/560-7bbefdf0

la aqua vita 夕暮れララバイ
[2013/04/22 15:13] sac louis vuitton
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。