スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

世界の果てで待っていて~天使の傷痕~ 

『楽園~』最終巻の感想を放置して、まずはこちらをば。
先日入手したばかりのドラマCDを聴いて、改めて読み直しました…高遠琉加さんの意欲作かな?
私の感想としては、未だに保留物件の難儀な作品、今後大好きに転じる可能性は大なんですが、
現時点では、シリーズ序盤で伏線の未回収箇所が多く、結末がどう転ぶのか余談を許さない状況。
この著者の作風自体、アチラ側に行ってしまうかコチラ側に留まるかの確率は丁度五分五分…。
本当に気の抜けない、非常に厄介なシリーズなんですよね(苦笑)。

さて、高遠琉加プレゼンツの異色の探偵×刑事モノです。
といっても、物理的な掛け算表記に至るシーンは現状殆ど無いと言って良いシリーズ第一作です。
実は私、天使双子といった主題の作品は個人的にはあまり好きなアイテムでは無いのですが、
今回は、贔屓の高遠琉加さんの作品ということで別腹扱いです、本当にやるせないお話でした…。

双子の片割れの行方を追う過程で、探偵・黒澤の凄惨な過去や彼と刑事・櫂谷の微妙な関係
それゆえに、世界の果てでしか接触できない彼らの特別な事情が徐々に見えてくるのですが、
その内容を知れば知るほど、黒澤という人間が今どちらの側に属しているのか判断できなくなる。
一読者としては、最終的にコチラ側を選んで欲しいと願わずにはいられませんが、いずれにしても、
この二人はこのままでは済まないだろうし、次の接触時には更に何かを失っていそうな予感も…。
どころか、最悪の事態も当然想定されうるので、続きが楽しみでもあり…実は怖かったりもします。

まま、兎にも角にも私は高遠琉加さんの作品には敵いません!(要するに、大好きデス)
この方の描かれる独特の日常世界は、確かにBLジャンルの中心テーマではないのでしょうが、
こういう作品にも出会えてしまうこのジャンルに真の底力を感じますし、読んでて目眩もしてきます。
例えば、澪子の敬礼、水田が出会った3人の天使、梶田さんの供えた白い花、黒澤家の藤棚…。
こんな情景を目の当たりにしてしまうと、確かに身体くらいなら、くれてやるという境地にも(笑)。

要するに、そこにはメメントの森があり、すぐ隣にはオフィーリアがいる、つまりは世界の果て
気を抜くと飲み込まれてしまいそうになりますが、黒澤には明るい場所に這い上がってきて欲しい。
精神的にタフな櫂谷が、何とか彼を地上に引っ張り上げてくれると期待したいですね。

・高遠琉加『世界の果てで待っていて~天使の傷痕~』(雪舟薫・画、大洋図書シャイノベルス)2005.9
世界の果てで待っていて ~天使の傷跡~ (SHYノベルス138)世界の果てで待っていて ~天使の傷跡~ (SHYノベルス138)
(2005/09/10)
高遠 琉加

商品詳細を見る




この作品の水田と律の関係を考えると、私はやっぱり大人×子供もアリな人間です。
二人の間に横たわる確かな愛情を前にしたら、外野がとやかく言うことでは無い気がしてくる…。
まあ、この二人は擬似親子と言った方が体裁の良い関係なんでしょうが、律の気持ちを考えると、
水田の奥さんと呼んであげた方が歓ばれるんじゃないのかな…という気がしなくもなく…。
(注、この二人の間に下世話でセクシャルな関係を私が想定しているという訳では無いですよ)
[ 2007/06/01 21:19 ] novel BL | TB(4) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/540-f29ebc08

la aqua vita 世界の果てで待っていて~天使の傷痕~
[2013/04/22 13:31] sac louis vuitton
世界の果てで待っていて -天使の傷痕-  高遠琉加/雪舟薫   大洋図書シャイノベルス 2005.09 高遠さんと雪舟さん、元刑事の探偵と現職刑事という組み合わせに発売前から大きな期待を抱いていましたが、その期待は裏切られませんでした。高遠さんの最近の作品?...
[2009/01/25 22:35] 月と凌霄花
世界の果てで待っていて ~天使の傷痕~ (SHYノベルス138)高遠 琉加 大洋図書 2005-09-10by G-Tools オススメしていただいてすぐ購入したのに、かなり眠ら...
[2009/01/25 13:36] にゃんこのBL徒然日記
さて、本日はCDバージョンの方で…発売日が丁度この作品の舞台と同時期なんですよねえ…。小説自体は確か、2年前の晩夏~初秋の発売だった筈ですので数えで3年、色々感慨深いです。そういえば、この作品の舞台であるかの地
[2007/06/02 20:33] la aqua vita
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。