スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最後のテロリスト2~鼓動~ 

最後のテロリストって、結局誰のコトなんでしょうかね?
次の完結編がセキ編とのこと、それを考えるとやはりセキが最有力候補になるのでしょうか?

てことで、前回から続きが気になって気になって仕方が無かったラステロ第2弾です、昨日読了。
このシリーズは、私の想像以上に展開のスケールが大きく、タイムスパンも長いお話みたいです。
関西ヤクザに大物与党政治家、公安エリート、元極右リーダー、更には赤軍派まで絡んでますヨ。
主人公が巡るシリーズというコトも含めて、高村薫さんの『リヴィエラを撃て』辺りを彷彿させます。
ボーイズラブという局面とは殆ど無関係に、このお話の結末が気になって仕方がないです(笑)。

さて、第2弾は蓮編。
蓮は以前から威士の裏方役に徹しておりましたが、今回の展開もどうやらその途上にはある模様。
どうも彼自身は、一個の(基)点ではなくて威士の為の(導)線として生きていく運命な気がします。
まあ、コレはあくまで現状から見た私の予想なんで、ハズレだったら本当にゴメンナサイです(笑)。
正直彼の動きが、今後の展開にどう影響するのか一読者である私には未だ全く見えてきませんが、
今回培った(or利用した)人脈が、威士(orセキ)を守るとして重要なのは間違いないでしょう。
あと、一ヶ月大人しく待つしか無いですね…。

で、蓮のお相手は今回初登場のセキです、典型的なツンデレキャラでした(笑)。
蓮による殆ど強姦から始まる関係、嫌がる割にはよく感じる彼は見事にいつもの谷崎さんの受け。
前回の凪が割と(谷崎さんにしては)異色な雰囲気の受けだったので、今回は逆に安心感が…。
基本的にこういう関係を許容できない方には、谷崎さんの小説は全くオススメできないのですが、
私は以前も話したとおり、実は大好物なシチュエーション♪今回はサービスシーンも多かった!
逆に言えば、今回のお話ではセキはお色気シーン以外の活躍が皆無…むしろ役立たず気味…。
次回の主役抜擢で、彼の名誉挽回が期待されるトコロですが、はてさて…。

不満点を一つ挙げれば、文章がやや奔り過ぎで谷崎さんの独特の特徴(否、欠点?)が多いです。
要するに、いきなりの視点切り替えに戸惑い、少し置いてけぼり感を感じてしまうかもしれません…。
私は谷崎さんの文章にはさほど違和感を感じない方だと思うのですが、今回は少し混乱しました。
展開が面白いのは良いのですが、かなり強引な力技で前に進めようという印象も強く感じます。
とまれ、この程度の些細な欠点が気にならないくらい、このシリーズはストーリー展開が面白い!
私の今の心境を端的に言えば、一刻も早く続きを我が手に!と言ったトコロです(笑)。

・谷崎泉『最後のテロリスト2~鼓動~』(シバタフミアキ・画、二見書房シャレード文庫)2007.6
最後のテロリスト〈2〉鼓動 (二見シャレード文庫)最後のテロリスト〈2〉鼓動 (二見シャレード文庫)
(2007/05)
谷崎 泉

商品詳細を見る




次は、セキと威士が対面しそうですが、この二人は共闘というよりは対峙する関係になりそう…。
蓮はセキに対して、言葉が少なすぎますしねー(笑)。
[ 2007/05/27 20:35 ] novel BL | TB(3) | CM(4)
棗さん、こんばんは!コメント&TBありがとうございます。
「最後のテロリスト」って言い方が気になるんですよねー、最後というのが特に!
しかもテロリストってことは、何らかの示威行動を取るというコトなんですよね、多分。
今回の氷川のアレが導火線だとして、今後はどう展開するのやら?
うーん、私も結末が全く予測つかないです…早く月末来ないかしら?

そういえば、私は文体合わずに小説を投げることは今でも日常茶飯事です(笑)。
文章の許容幅が狭くて、我ながら人生損しているなとつくづく思います。
私も、実は谷崎さんの文章に関しては割と平気な方なんですが、
会話がだらだら続いたり、異常に改行の多い文章はそれだけでもう集中力が続かない。
萌えシチュや萌えストーリーでも、コレばかりはどうしようもない性質なんですよね…。

それでは、また。
これからそちらに遊びに伺いますね!
[ 2007/06/03 21:10 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは。

おくればせながら、読みましたラステロ2巻。
・・・ホントに、誰のこと差してるんでしょうね「最後のテロリスト」って。
役立たず(笑)セキちゃんのことですかねえ?
凪ってことなさそうですよね・・・。

谷崎さんの文体・・・クセありますよね。
慣れると、平気なんですけどね。
気にはなりますけど(笑)
昔は、あんまり自分とあわない文体の人だと、すぐ投げてたんですが、最近はおもしろければなんでもよしなので・・・。

最終巻は、すごく楽しみですね。
氷川がアレなところで終わるとは思ってなかったので、ちょっと衝撃(笑)
・・・でも、どういう決着の仕方をするのか、全く予想がつかなくて、どきどきです。

TBさせていただきましたので、よろしくお願いします♪
[ 2007/06/03 20:32 ] 棗 [ 編集 ]
こんばんは!はーこさん。
コメントレス遅くなってしまって、ゴメンナサイです…。

私はこのシリーズ、今回の方が実は冷静に対処できてますね(笑)。
前回は、「その日」が何時どの段階で来るんだろう、とビクビクしていたのですが、
逆に今回は凄まじい展開で収束したものの、とうとう来るところまで来てしまったので…。、
安心というのも変ですが、気持ち的には大分落ち着きました♪
サイは投げられたのですから、もう物語はラストまで奔り続けるしか無いですもんね!
あと一ヶ月弱、期待を胸に秘めながら完結編を待ちたいトコロです。

ではでは。
[ 2007/05/30 19:01 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは♪

あまりにも酷いところで続くとなっているので、氷川のこととか知っていた私でも呆然としていましたよ…。
3か月連続発刊で良かったと心から思いました。
これで、3巻がいつ出るかわからなかったりしたら、暴れていますね(笑)
次はセキ編。
実はカバーイラストも楽しみのひとつなのですよね。
カバーイラストといい、口絵といいBLとは思えない本ですね。
でも、この作品はそれでいいような気がします。
とにかく、来月を待ちましょうね~。

TBよろしくおねがいします♪
[ 2007/05/28 23:34 ] はーこ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/537-4d2edda7

la aqua vita 最後のテロリスト2~鼓動~
[2013/04/22 14:23] sac louis vuitton
最後のテロリスト 2posted with 簡単リンクくん at 2007. 6. 3谷崎 泉著二見書房 (2007.6)ISBN : 457607086X価格 : \580通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る <あらすじ> 氷川の指示で警察庁幹部・唐沢の養子になり、東京の大学に進んだ
[2007/06/03 20:20] 雪月花
ラステロ第2弾です♪今回の表紙は蓮です。先月出た第1弾と同様にとてもBL本に見えません。中のカラー口絵も同様です。安心して友達に買ってきてもらえます(笑)最後のテロリスト 2 (2)谷崎 泉【あらすじ】氷川の指示で警察庁幹部・唐沢の養子になり、東京の大学に進んだ蓮。
[2007/05/28 23:14] こんな本よみました…
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。