スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

咎狗の血 

とうとう読みました、『咎狗の血』コミックスバージョン!
が、この作品ってゲーム版をプレイしていない読者にどの程度内容が伝わっているんでしょうか?
私の場合は、2年前にゲームをプレイしているので流れや独特の単語を大体把握できるのですが、
コミックスで初めて目にした方には、どうもなかなか厳しそうな設定の予感が…。

というか、この作品に限らずゲームのシナリオと言うのは基本的に小説やコミックとは異質でして、
意味深な単語や設定を散りばめては、読者の想像力(or妄想力)に委ねる(煽る)コトが多いです。
で、実態はそれらの言葉は本編とは殆ど無関係だったり、そもそも意味が練られていなかったり…。
この作品も、第三次世界大戦が~とか、CFCと日興連の対立がどうのという解説がありますが、
実はこの辺あまり気にしなくて良いです…むしろ気にされるとクリエーター側が困りそう…デス。

重要なのは、トシマという荒廃しきった旧首都にて日夜繰り広げられる生死を賭けたバトルで、
無事に主人公達が生き残れるかどうかが焦点、周囲は怪しげなドラッグも横行しておりますしネ。
実はこのドラッグ(ライン)は今後のキーポイントになるので要注意です、文字通りの咎狗の

ゲームとの最大の違いは物語の視点でしょうかね?
ゲーム版では主人公のアキラ視点で進行し、彼の視点外のエピソードは殆ど見えないのですが、
(各々独自のルートを極めることで、その対象キャラに纏わるフラグが少しずつ解ける仕様なので)
コミック版は俯瞰視点なので、早々に重要なエピソードが小出しにされているのが興味深いです。
(リンやアルビトロのアキラに対する執着心の片鱗は、ゲーム版だと大変分かりづらいのです)

それにしてもこのコミック版は、元が18禁BLゲームだというのにエロが全く期待できなさそう…。
現時点までのエピソードでも、もう少し官能的な演出がゲーム版だと施されていると言うのに!
サービス(エロ)方面にどうにも不満が残るので、久しぶりに只今ゲームをリプレイしております。
気が向けば、ゲームリポートも仕上げてみますね、あ!イラストは茶屋町さんの方が好みデス♪
アキラテラカワユスデス♪

<作品データ>
・茶屋町勝呂『咎狗の血』①~②巻(エンターブレインビーズログコミックス)2006.11、2007.3
咎狗の血(1) 咎狗の血(1)
茶屋町 勝呂 (2006/11/01)
エンターブレイン
この商品の詳細を見る

咎狗の血 2 (2) 咎狗の血 2 (2)
茶屋町 勝呂、Nitro+CHiRAL 他 (2007/03/31)
エンターブレイン
この商品の詳細を見る



ゲームは完全にアンインストールしちゃってましたので、文字通りのやり直しです。
じっくりシナリオを追うと結構プレイ時間がかかるのね…てか、何で案内人ルートが無いんじゃ?
案内人は、良いツンデレ攻めだと思うんだけどなあー。
[ 2007/05/18 21:19 ] comic BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/531-4e2634a3

la aqua vita 咎狗の血
[2013/04/22 15:05] sac louis vuitton
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。