スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サラマンダーの鉄槌 

あの、瑞祥コンビが1年ぶりに帰ってきた♪…某ドラマCDのCMみたいな始まり方で失礼します。
さて今回、迂闊にもホワイトハートの発売日チェックをすっかり失念していたtatsukiです…。
篠原さんの新刊は、入荷日に大型書店に行ってもラスト1~2冊しか残っていないことが多いです。
それ故、不安に慄きながら新刊平台物色してきましたが…案の定ラスト1冊でした…ギリギリです。
いつものこととはいえ、WHは刷らな過ぎるにも程がある…職場での入荷は久しく絶望的な状況。
ま、無事に買えたからこれ以上文句は言いませんが。

てことで、ホミサイド・コレクションシリーズ第3弾。
私個人は、残念ながら「英国妖異譚」シリーズ程思い入れのあるシリーズでは無いのですが、
今回は、前作よりは遥かに楽しめる捕り物帳でした…BL方面へのテコ入れを強く感じますし(笑)。
私は、篠原美季さんの描かれる作品は総じて大好きなのですが、実は801萌えはあまり無い。
でも、このシリーズは、801フィルターをかけてBL小説と割り切って読んだほうが楽しい模様。
シリーズ3回目を迎えてようやく、私はこのシリーズの楽しみ方を把握できるようになりましたヨ。

と言うわけで、この楽しみ方を見誤った為に前作の感想はかな~り厳しい仕様になっています。
コレをミステリー作品として読み込むと、どうしても所々気になる点が一つ二つ出てくる上に、
凄惨な事件の割に、動機が薄っぺらくてどうにも気に食わない…後味も悪くて心に残ります。
そんなこんなで、このシリーズのライトな登場人物達にはイマイチな印象を受けていたのですが…。
開き直って、瑞祥コンビのラブコメディと割り切って読めば、あら不思議!かなり楽しいです(笑)。
今回は、ちょっぴりとはいえサービスシーンも拝めましたしね♪ご馳走様です♪

今後は、瑞希の義兄からの妖し気なアプローチも期待できるみたいで、ちょっと目が離せませんヨ。
いよいよ、本格的に三十路の男達のトライアングル★ラブコメディに突入するのかも…(笑)。
あ!私信になりますが、棗さんご贔屓の隆聖さんはやはりこちらで再登場してくれるみたいです!
もう、チェック済みかもしれませんが。

<作品データ>
・篠原美季『サラマンダーの鉄槌』(加藤知子・画、講談社WH文庫)2007.4

サラマンダーの鉄槌 Homicide Collection ホミサイド・コレクション サラマンダーの鉄槌 Homicide Collection ホミサイド・コレクション
篠原 美季 (2007/04/02)
講談社
この商品の詳細を見る



さて、あのブツの行方がやはり気になります…次回への伏線なんでしょうか?
それとも、また携帯サイトあたりのお楽しみ企画になっていたりするんでしょうか?

それにしても、天愛のコミ文化はまだかしら?首を長くして待っている人間が、ココにいます!
本当に久しく、加藤知子さんの漫画を読めていないので、とてもとても寂しいのです。
[ 2007/04/10 21:55 ] novel 非BL | TB(1) | CM(4)
こんばんは、棗さん。
またまたコメント&TBありがとうございます♪
無事にゲットされて、お気に召して頂けたようで私も大変嬉しいです。
棗さんの、熱い萌え心が伝わってくる記事を楽しく読ませて頂きました~♪

隆聖さんは次回、どのような活躍を見せていただけるんでしょうねー。
英国妖異譚シリーズだと、アシュレイとキャラが被るところがありましたから、
篠原さん的にもホミサイド~の方が動かしやすいのかな、と勝手に想像していたり。

それでは、また!
[ 2007/04/18 20:48 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは。
早速買いました、「サラマンダーの鉄槌」。
萌えました、悶えました!
本当に、教えていただいてありがとうございます!
あやうく、この本読まずにいるところでしたよ・・・。

サービスシーン、これを楽しみに読んでたんですが、予想外というか、想像以上で、電車の中で慌てました(笑)
千祥さん、ちょっとそれは積極的やすぎないかい?みたいな・・・。
そして、考えを改めました。
私は千祥さんを陰ながら応援しようと(笑)
今度の展開が非常に楽しみですね。

そして、隆聖さん。
いったいどんな登場の仕方をされるのか、今から楽しみです♪
あいかわらずのオレサマっぷりを発揮していただきたいものです。

・・・あまり、本編の感想を書いていないんですがTBさせていただきました♪
[ 2007/04/18 19:57 ] 棗 [ 編集 ]
こんばんは、棗さん!
次回のホミサイドで登場を計画しているような事を仰っておりました~。
図式的には、瑞希VS.隆聖みたいな感じにしたいとか…隆聖さんの圧勝のような気が…。

第2弾があまり楽しくは無かったので(小声)、私も迷っていたのですが、
今回は事件自体もそこそこ面白かったです(感想で触れてませんが…)。
しかも、ほんのりサービスシーンが長めに描かれているのでちょっと美味しいです。
と言っても、篠原さんの作品なのでBL未満の描写なんですが…。
でも、逆にエロ心をそそられましたヨ(笑)。

瑞希のお兄ちゃんズは、それだけで一本作品が出来上がりそうなキャラですよね。
しかし、義兄がキャリア検事で、義弟が刑事ってパターンは小説設定は私は実質3度目。
このパターンて、現実でそんなに有りうるコトなんでしょうか?
ちょっと気になりますネ。

ではでは!

[ 2007/04/11 22:38 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは。
私信ありがとうございます!

ええ~、私もう、隆聖さんはホミサイドには出てこないんだと諦めてて、今回見送ったんですよ!
なんてこと!
しかも、tatsukiさん的にオイシイんですね?
ああああ、つくづく読みを誤ってしまいました(泣)

前にブログでもちょこっと書いたんですが、私は瑞希家三人の、義兄弟トライアングルが結構萌えだったりします・・・。
[ 2007/04/11 20:18 ] 棗 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/504-de0c72a5

サラマンダーの鉄槌posted with 簡単リンクくん at 2007. 4.18篠原 美季〔著〕講談社 (2007.4)ISBN : 4062559528価格 : \683通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る <あらすじ> 警視庁刑事部捜査一課強行犯捜査係、通称「チームイレブン」
[2007/04/18 19:47] 雪月花
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。