スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フェイス・オフ 

全国の年下攻め萌え同盟の賛同者の皆さん、こんばんは!そして、本当にゴメンナサイ…。
私は相も変わらず、年下攻めネタに全く萌え心を掻き立てられないダメっ子腐女子みたいです。
本作品は、小川いらさんという素敵なBL作家さんの作品だったにも関わらず、ものの見事に敗退!
この作品の二人の恋愛事情には、全く興味・関心が持てないまま読了してしまいました(苦笑)。

攻めの篤大が典型的な甘えたがりの大型ワンコでして、コレが私的には全く受け付けない。
彼は17歳のピチピチ(←笑)の高校生らしいのですが、言動が小学生並に見えて仕方が無いです。
若さゆえの情熱と、良い意味で体育会系の実直な性格だけが取り柄なんでしょうが、如何せん、
致命的に中身が伴っていなくて、直情的に尻尾を振っては甘えてくるどうしようも無い攻めでした。

受けの倖弥の方もね、女王様然としてきっちりこの大型犬を躾けられる器があるなら兎も角も、
アイスドールの異名を持つ、どちらかと言えば世間知らずのお姫様気質の青年なものですから、
勢いよく圧し掛かってくる大型犬に抵抗しきれず、なし崩し的に足を開いて受け入れてしまいます。
己自身が人間的に未成熟で無分別な性質で、大型犬一匹まともに躾られない自覚があるのなら、
元より飼うな(手を出すな)と、私は声を大にして彼に忠告したい気持ちでいっぱいでした(笑)。

とまあ、私的には残念ながら全く萌えを充填することは出来ない設定のBL作品だったのですが、
小説の内容自体は、雰囲気的になかなか心地の良い素敵な要素も実は随所に感じられました。
まあ、故に最後まで諦めずに読みきることが出来たとも言えるわけなんですが…。

特に、主人公のセックスフレンドだった植田教授と、彼の数少ない友人で篤大のコーチの田上。
この二人は大人ならではの余裕とユーモアで、倖弥に実のある助言をくれる心強い味方でした。
要するに、倖弥にとって攻めの篤大には全く欠けている部分を補って尚余りある存在なんですね。
二人の言葉には、人生経験の豊かさと倖弥に対する深い愛情に裏打ちされた底力を感じます。
いささか気障な表現を使うなら、そこに文学の欠片らしきものがある…(笑)。

そんな二人に半ば背中を押される形で、年下の篤大に対する恋心を自覚して一歩踏み出す倖弥。
作品内の比喩に倣えば、人形から(情緒を感じ取れる)人間に成長した主人公の倖弥に対して、
それぞれ全く対照的な方法で祝福のメッセージを送る植田と田上、即ち倖弥の二人のオトモダチ
彼らの存在とウィットが場面を和ませ、年下攻め萌え指数が殆ど皆無に近い私のような人間でも、
それはそれとして、なかなか楽しめるタイプのBL小説に仕上がっていたのではないかと思います。

でも、繰り返しになりますが、私はやっぱりこういう篤大タイプの攻めは好みじゃないです…。
恋愛ゲームなんかで出くわしたら、鬱陶しくて見事にスルーすると思います。
以上。

<作品データ>
・小川いら『フェイス・オフ』(北畠あけ乃・画、白泉社花丸ノベルス)2007.3
フェイス・オフ (白泉社花丸ノベルズ)フェイス・オフ (白泉社花丸ノベルズ)
(2007/03)
小川 いら

商品詳細を見る


[ 2007/04/01 21:02 ] novel BL | TB(2) | CM(4)
こんばんは!霖雨さん、こちらにもコメント&TBありがとうございます♪
私は、いつも年下攻めネタは減点対象になってますね(笑)。
世間の需要は大きいのに、私の萌え心はいつも凪いでます…。
特に、篤大のようにモノを知らない大型犬タイプはダメですね~。
私は長女なんですけど、年下に甘えられたいという欲望が極端に低いみたいです。
(でも、甘えられる逆らえないのが分かっているから苦手なんです…困ったもんだ!)
只、小川さんはとにかくスラスラ読みやすい文章で小説を書いて下さる方なので、
萌えシチュではないけど、サクサク読めちゃうん方なんですよねー。
ここがファンとしては辛くもあり、嬉しくもあり…。
それでは、また。そちらには、後日改めて伺わせて頂きます。
[ 2007/04/10 00:22 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんはv
こちらにもお邪魔させていただきます。

私もtatsukiさんと同じで、篤大を許容できませんでした(泣)
前は好きだったので、また数年経てば、年下攻め萌えに戻るのかもしれませんが…。
倖弥に拒まれる篤大が、どうアタックしていくのかがちょっと楽しみだったのですが、人の話を聞かない凄まじさで押し通しましたね。確かにそうでもしないと、倖弥の心は掴めないとは思いましたが、強引さにちょっとびっくりでした。
[ 2007/04/08 20:50 ] 霖雨 [ 編集 ]
こんばんは!はーこさん。コメント&TBありがとうございます♪
東京へいらしてたのですね、私も先週箱根&鎌倉の小旅行にでかけてました。
桜も結構咲いていて、とても心和みましたよー。

さて、この作品は私の感想が微妙過ぎで申し訳ないです…(笑)。
あらすじでアイスホッケーというトコロまでしか読まずに購入してしまったので、
読み始めてようやく年下攻めネタだと気づきました。
私、本当に犬型年下攻めが苦手です…地雷と言うのとは違うのですが、
カップリングに対する興味が薄れてしまうんですネ。
アホアホ系かオラオラ系が攻めとしては、ベストです(笑)。
だから、『太陽を抱くの男』の方はウキウキと楽しく読むことが出来ました。
ルチルの方を先に購入してはいたのですが、完全に出遅れちゃったので、
諦めて『フェイス・オフ』の方を先に読むことにしたんですよー。
でも、はーこさんも仰るとおり私はレオのお話のほうが好みでした(笑)。

それでは!後ほどまた伺いに上がります。
ではでは!
[ 2007/04/05 18:55 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは♪
全国年下ワンコ攻萌え同盟九州支部会員のはーこです。

TBは早々にいただいていたのですが、その後PCのない環境へ行っていたので、コメントが遅くなりました。

年下攻め好きの私には楽しい作品でしたが、そうでない人には、篤大くんは小学生のようでしょう。
年下攻スキーな私でも篤大くんのような子に懐かれたら、3か月が限度かなあと思っていますもの(笑)
結局、私は末っ子なので甘やかすより甘える方の人なんですよね~。(本当に年下攻め好きなのか!?)
篤大くんは本当に人の話を聞かない子だなあと思いましたよ。
今後の躾が重要ですね。

「太陽を抱く男」のTBもいただきました♪
よろしくお願いしますね♪
[ 2007/04/04 22:43 ] はーこ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/496-37be24b6

アイスホッケー選手の奥田篤大は、人間嫌いのため他人をよせつけないシビアな皮肉屋、伊月倖弥に一目惚れ。篤大は持ち前の明るさと体力と打たれ強さで果敢にアタックするが…? すべてが正反対な2人の初恋物語。
[2007/04/08 20:31] 霖雨の彼方
あの~、何でこの作品、花丸文庫ではなく、花丸ノベルズででたのでしょうか…?別に、文庫で良いじゃない?新書にすると300円くらい高いのだよ(怒)!!いくら二段組だったとはいえ、手にした瞬間、「薄…」と思ったよ…。フェイス・オフ小川 いら【あらすじ】「地質学教室
[2007/04/02 19:19] こんな本よみました…
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。