スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ずっと君が好きだった。 

ガッシュ文庫にしては珍しく、比較的満足度の高い軽妙なラブコメディでしたヨ。
前作は著者本人が話が暗すぎた、と語っていて一体どんな作品だったのかと思ってみれば…、
アレだったか…私が去年読んだBL作品で確実にワースト3に入る後味の悪い作品でした(苦笑)。
余りに結末が頂けなさ過ぎて、このブログに感想を残すことすら放棄してしまった作品でした。
後書きを先に読んでしまって、本編に対する一抹の不安が募ったものの、結果的には割と満足。
いつもの夜光さんの作品とは少し温度が違う気もしましたが、たまにはこういう系統も悪くないです。
まあ、手放しで褒めるには、ちとエピソードが物足りない印象も受けましたが…。

本作品の主人公である裕紀は、人として大変重要な要素が何か致命的に欠けている青年です。
故に、比較的顔が良いので女の子にはもてるのですが、彼女らと付き合っても長続きしません。
高校3年のある日、彼はとうとう八木という剣道部主将の好青年からも告白されるに至ります。
が、裕紀は「5年間好きでいてくれたら、お前のこと好きになるよ」と、根拠不明の謎の予言を残し、
かの青年(八木)のかけがえの無い5年間を無邪気に奪い、お友達ごっこを始めるのです(笑)。

さて、この主人公に欠けていたモノとは何でしょう?思慮?節操?配慮?それとも心自体?
以下は、現在ブログ更新休止中の「ほもほも日記」秋花さんのコメントからの引用。

>夜光花さんの描く受けは、心が不感症な人が多めな印象です。

実は、この秋花さんの的を得た1行で、この主人公にまつわる全て謎が解けてしまいました(笑)。
心が不感症(鈍感)だから、彼は自分に好意的な相手に対してはかなり無防備というか無頓着。
天然という性格属性だけでは到底許容できない、致命的に先天的な心の欠陥があります。
まあ、要するに彼はある意味いつもどおりの夜光さん作品の主人公だという話なのですが…。

この作品がいつもの夜光さんと毛色が異なって見えるのは、むしろ攻めのタイプが違うから。
夜光さんにしては珍しい比較的気弱なヘタレ攻め、つまりCP的にはへたれ×天然になるのですが、
このパターンの相性がイマイチなので、この物語の恋愛の障害は全てはソコに帰する気がします。
どちらも恋愛関係の主導権を握ろうとせずに、お互い受身的に対応しようとするものですから、
関係が遅々として進まず…そして、エロシーンもなかなかお目にかかれず…(笑)。

結局、恋愛の主導権は受けの裕紀が握り、ラストは騎乗位プレイで大団円なんですけどね♪
裕紀はこの5年間で演劇に対する情熱を自覚し、役者として本格的に芝居に打ち込み始めます。
そして、所属劇団オリジナル作品の主役抜擢で、その役柄にのめり込み感情移入することで、
自身の恋愛感覚も自覚(or再認識)し、八木に対する独占欲が即ち恋だと結論づけるのです。
八木への切ない思いを役柄に投影して(逆もまた然り)、鬼気迫る演技で舞台を魅了する裕紀、
ラストは芝居の打ち上げそっちのけで八木を必死で追いかけ、情熱的に彼に迫ります(笑)。

最後の最後でようやく待望の熱い3時間休憩が始まり、この物語の幕は閉じるのでした。

<作品データ>
・夜光花『ずっと君が好きだった。』(文月あつよ・画、海王社ガッシュ文庫)2007.3
ずっと君が好きだった。 ずっと君が好きだった。
夜光 花 (2007/02)
海王社
この商品の詳細を見る



オマケページの倒錯プレイが激萌えでした(笑)。
ちょっと見かけない珍しいパターンですヨ。
[ 2007/03/04 01:25 ] novel BL | TB(4) | CM(8)
こんにちは、aya-meさん!
コメント&TBありがとうございます、そして先日はリンクまで…。

>この無神経さはみんな苦手なのだということは
一致していて、ちょっと安心しました。

ですよね♪
私は眺めて見る分には楽しいタイプだと思うのですが、
流石に当事者としては積極的に関わりたくないタイプだと思います(笑)。

aya-meさんの「ガラスの仮面」を下敷きにした感想もとても楽しかったですよ!
それでは!
[ 2007/03/17 14:09 ] tatsuki [ 編集 ]
こんばんは、aya-meです。
TBありがとうございました。

tatsukiさんのコメントに書かれていたように、
皆さん的を得た表現をされていますね。
この無神経さはみんな苦手なのだということは
一致していて、ちょっと安心しました。

おまけページは本編より面白かったかも(笑)

それではまたお邪魔します。
[ 2007/03/16 22:10 ] aya-me [ 編集 ]
こんばんは!mimuさん。
コメント&TBありがとうございました♪
へたれ×天然は私は割とよくコメディBLで読んでいたりしますが、
寸止めネタとして最適なモノの、ラブストーリーで読み込むと、
さっぱり事態が進展しないコトが多い気がします。
私は、受けの方が恋愛の主導権を握る話が好物なので、
そういう意味でもこの作品は楽しかったです。

そして、前作ですが…正直、本当に思い出したくない作品です。
あの結末で、幸せになれる2人というのが不思議ですよね。
私もアレはちょっと本当に頂けなかったです(苦笑)。
ではでは。

追伸>ブログペットの件はもう少しお待ちください~。
(私も機能をよく分かっていませんでした…)


[ 2007/03/12 20:02 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんにちは。

「心の不感症」というのも、凄くよくわかりますね。
なるほど~。
自分の感想では裕紀に比重を置いて感想を書いてしまいましたが、八木の不器用な感じとか、長い片思いの成就とか、結構好きな設定でしたので、その辺りも楽しめました。
でも確かにヘタレ×天然だと、恋を引っ張るのはどちらも難しいですね。
裕紀はただの天然ではないので、最終的には目覚めた彼が引っ張ってくれたわけですが。

そうそう、前作のガッシュ、私もあの終わりかたはいくらなんでも、と思いました。
ガッシュの小冊子サービスでその後を読みましたが、あのあと罪に問われることもなく、幸せにしてるみたいですよ(笑)

TBさせていただきました~!
[ 2007/03/12 08:12 ] mimu [ 編集 ]
こんばんは!ハスイさん。
コメント&TBありがとうございます♪

私は本作品に限らず、夜光さんの書かれる受けは何かが足りないと思っていたのですが、
「ほもほも日記」の秋花さんのエッセイ読んで妙に合点がいったのですよー。
私も、だから今回は完全に秋花さんの受け売りです(笑)。

この受けの致命的気質は、ハスイさん的に精神面がマグロの受けだったり、
「0Hz ―ゼロヘルツ―」のmimuさんは、はっきりとアホの子と言ってたり、
ブロガーさんによってこの微妙な性質を表現する言葉が各々独特で、
大変興味深かったです。
私はちとボカしておりますが、正直に言えばmimuさんとほぼ同じ印象(笑)。
彼の天然性は、ちょっと人としては許せないレベルかもしれない…。

いずれにせよ、今回はハスイさん仰るとおり薄味のライトコメディでしたよね。
私は夜光さんがこういう雰囲気の作品を書いてくれたのが珍しくて割と楽しかったのですが、
相対的にはかなり普通のBL小説でしたよね(笑)。
私も次回はいつもの毒素を期待したいかもしれません。
ではでは。



[ 2007/03/11 22:20 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、今晩は!

早速ですが、心の「不感症」、「冷感症」と言う表現を初めて知りました。

夜光さんの新作の読了後には、「このカップルは言う事もやる事もラブラブのはずなのに、あんまりラブを感じないなあ」と悩んでしまったのですが、「人として大変重要な要素が何か致命的に欠けている受」と言う一文を拝見して、妙にスッキリしてしまいました。(笑)

「人として何かが致命的に欠けている」と言う事が判った今、作品の仕上がりに満足が行かなかった事にも納得をしてしまいましたよ。

「軽快・明るい」と言う意味での「ライトなラブ」ではなく、「重さの少ない、薄い」と言う意味での「ライトなラブ」になってしまっているからなのでしょうね。

精神面がマグロな受、と言う事で、作品に疑問を持つ事に諦めをつける事が出来ましたが、出来れば今後は、精神面がマグロではない受が登場する作品を拝見したいものです。

ではでは、TBさせて頂きました!
[ 2007/03/10 18:43 ] ハスイ [ 編集 ]
こんばんは、ゆちゅ♪さん、コメントありがとうございます♪
本日読んだインドBLもとっても面白かったので、又後ほどTB頂きに上がりますね。

なるほど、今は冷感症という言葉が一般的なんですね。
勉強不足で申し訳ないです、こういう心理学系統の言語表現はイロイロ難しいですねえ。
気をつけているつもりでも、意図せず差別表現になったりってことが多くて…。

今回の夜光さんの作品はお話のトーンもさることながら、
途中までのサービスシーンが少なめだったのが、結構意外でもありました。
が、最後のオマケの倒錯プレイが実にこの著者らしくて良かったです♪
メガネ萌え属性の低い私でも、エロくてイイ!って思わずガッツポーズを…(笑)。
それでは、これからそちらへ遊びに行きますね。
[ 2007/03/05 18:46 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん こんにちは♪

>待望の熱い3時間休憩

ウケました(笑)確かに!
しかもスパンコールつきの舞台衣装で飛び込んじゃったんですよね~。
他人事ながら帰りはどうするのかな~ってずっと心配してましたよ。

裕紀は心が不感症…そうですよね、言えるかも。
今は不感症って言わずに冷感症って言うんですよね?そうすると誰にも温められなかった裕紀の心を包んで五年かけてぬくめてあげたのが八木なんですね!(^-^)
普段ヘタレっぽい癖に実は熱い情熱の男・八木。
でもエロでは最後までリードされっぱなしでしたね(笑)

夜光さんがこんな明るい青春ラブを!と思ってびっくりでしたが楽しいお話でした♪

また後日TBお願いします!
[ 2007/03/05 16:52 ] ゆちゅらぶ♪ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/478-da0de3ab

こんばんは、演劇ものBLにはうるさいaya-meです。演劇そのものに関してはど素人なのですが、演劇を扱った2次元の表現に関しては、ガラスの仮面が最高だと考え、作品の出来を評価するときはおろか、登場人物の性格まで重ね合わせて考えてしまう傾向にあります。そんな私が夜
ずっと君が好きだった。夜光 花著 / 文月あつよイラスト海王社 ガッシュ文庫(2007.3)オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る「五年間好きでいてくれたら、お前のこと好きになるよ」高校時代に八木に告白されて裕紀はそう答えた。これをきっかけに二人の友人付き合いが...
[2007/03/12 08:14] 0Hz ―ゼロヘルツ―
【内容紹介】「五年間好きでいてくれたら、お前のこと好きになるよ」高校時代に八木に告白されて裕紀はそう答えた。これをきっかけに二人の友人付き合いが始まる。役者の道を志したバイト生活の裕紀に、八木はご飯を
[2007/03/10 18:07] +synapse∞type-bee+
ずっと君が好きだった。夜光 花例えるならば「楽園」とか「瞳を閉じて」とか歌ってた平〇堅がいきなり「POPSTAR」を発表したときの驚愕。今 そんな気持ちです。ガッシュ文庫 夜光花 「ずっと君が好きだった。」「五年間好きでいてくれたら、お前のこと好きになるよ」高校時
[2007/03/06 13:48] 水中雑草園
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。