スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子供に内緒で 

お気に入りのカバンの中に忍ばせること約2週間、ようやくこの作品を読了しました。
(あ、今回は読み始めるのに時間がかかっただけで、サクっと読めましたけどね!)
様々な方面で好評な感想を伺っていたのですが、私は今回の挿絵に対する抵抗感が強く…。
どうにもこういう、松本花さんとか星野リリィさんとかその辺の画風がBLだと苦手です。
(他ジャンルだと多分全然平気だし、可愛いとは思うのですがBLだと濡れ場がシンドイのです)

で、早速の雑感なんですが…実は私的にはせいぜい中の中といった印象の作品でした…。
アレ?何ででしょ?決して面白くなかった訳では無いのですヨ、楽しいBL作品だったと思います。
が、今回は作品のメインプロット以外の部分が非常に気になったりして、イマイチ入り込めず…。
よくよく考えてみたのですが、その理由は以下の3点に凝縮されていたと思うのです。

①前評判を伺いすぎて、私の方が作品に期待をかけすぎた。
思えば私、いおかさん作品はいつも何かを割り引いて読んで楽しむ作家さんなんですよね。
作品世界にのめり込むのではなく、むしろ萌えとかエンターテイメント小説として楽しんでいました。
この軽さというかサクッと感がいおかさんの持ち味で、そこを私もいつもは愛していたのですが、
今回はもう少し世界観に入り込み易い、ヤラレタ感の強い作品を期待してしまったらしく…。
多分、いつもどおりのいおかさんの小説だったのですが、私が読むスタンスを逸したみたいです。

②へたれ攻め×健気受けという組み合わせ
へたれ健気も単体としては大好物なBL属性なんですが、この二つの組み合わせがちと不満…。
私的にはへたれ×女王様とか俺様傲慢×健気とかそういうCPパターンに萌える人間なので、
今回の穏やかな二人の関係には、イマイチ萌え心が掻き立てられませんでした。

③攻めのお仕事設定(書店営業)が私の日常に極めて近い
他の方からも何度か、自身の職業設定は集中して読めなくなるというお話伺っていたのですが、
今回の私も正しくソレが原因だったんだろうなあ、と後になって思い立ちましたヨ…。
二人のラブストーリーとは全く別個の細かい点が、とても気になって気になって…。
(ちなみに、榎田尤利さんの『普通の~』シリーズは、うんうん頷いて読めたのですけどね)

③についてはもう少し詳しく、今回は↓で語りますネ。
で、まあ他にも、裕真は週1勤務で残りの6日間を一体どのように過ごしてきたのだろうとか、
深夜の4時過ぎまで(裕真を)待っていたスポンサー社長の気の長さとか気になりドコロが…(笑)。
(短気で自己中な私は、待っても5分ですからね!この社長が可愛く見えるのは私だけ?)
てことで、今回の私の感想はいつも以上にあてにならないかも知れません…。
勧善懲悪の痛快劇は、私も読んでて心地良かったのですけどね…ちょっと設定が残念でした。
(作品が新書媒体だったので、お値段に見合う面白さじゃ無かったかもです)

<作品データ>
いおかいつき子供に内緒で』(カズアキ・画、幻冬舎リンクスノベルス)2007.1
子供に内緒で 子供に内緒で
いおか いつき (2007/01)
幻冬舎コミックス
この商品の詳細を見る



さて、こちらでは特に絵本・児童書ジャンルの書店営業について個人的雑感をば。
もっとも、今の職場は絵本媒体を全く扱わない書店なので、前の職場の経験から得た印象です。
ちなみに、強面だからと言って書店員から冷たく対応されるコトはありません。
(出版社営業の方には、もっと強烈な印象の方が私の経験上いらっしゃいます…)
殊に絵本ジャンルは、大手の版元でも買切り扱いのトコロが多く、まず書店にとって重要なのは、
売れる⇔売れないよりも、扱いが買切りか委託か3延べかとかそういった契約上のシステム、
ないし、大手取次ぎを通している版元か否かというのが最重要だと思います。
(ぶっちゃけると、返品できても期限付きとか直送とかイロイロ面倒、倒産のリスクもあるし)
この辺は久世番子さんの『暴れん坊本屋さん』シリーズにも描かれてあったかもしれません。

あと、これは声を大にして言いたいのですが、現実は売れる絵本≠子供に人気の絵本です。
正しくは、親や祖父母が子供(孫)に読ませたい絵本=売れる絵本ではないかと。
子供がどんなに欲しても、親から反対されればそれは絶対に買えない(買わない)絵本です。
以前の職場で、私は実際そんな切ない場面に何度も立ち会っております(笑)。
てことで絵本を売るのに一番良い宣伝媒体は、今大人気の子供のしつけ・教育誌に、
(日経キッズとかAERAキッズとか、あるいは通販雑誌も良い広告媒体な予感)
広告営業を仕掛けることだと思うのですが、いかがでしょう?

以上は、全く本編には関係の無いお話でした(笑)。
[ 2007/02/17 13:04 ] novel BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/470-4eae3a6a

la aqua vita 子供に内緒で
[2013/04/22 13:57] sac louis vuitton
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。