スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

恋の行方は天気図で 

うぅ、完敗…はっきり言って認めるのが恥ずかしいのですが、この手の作品には弱いです、私。
序盤の展開では、こんな乙男(オトメン)に心動かされてなるものかと抵抗していたのですが、
物語中盤以降、私のBL展開予想図を地味に上方修正していく二人の関係に堪えられなくなり、
結局は、己の本能(萌え)に打ち勝つことが出来ませんでした…こういうお話、大好きなんです。
自覚はしているのですが、それを認めたくない自分もまたいる訳でして…。

この作品の所為で、今私の頭の中は松任谷由美の『卒業写真』がエンドレスで流れています。
時期的にも(世代的にも…)少し早いですが、タイムリーと言えばタイムリーなんでしょうけど、
リアルな私は、本当はいつもこういう雰囲気にだけは負けたくない気持ちで一杯なんですよ。
あの頃の理想とはかけ離れた自分を知りつつもね、今の私も相応に頑張っているつもりですし。
アレはアレ、コレはコレと見限って生活していかなければ、生活基盤が成り立たないですし…。

どんなに好きなモノ(コト)を仕事に生かせたとしても、不満やストレスは絶対に無くなりません。
私達社会人が世間で出来るのは、せいぜい妥協であり、ある種のバランス感覚くらいなモノです。
社会に身を置いている方は、多かれ少なかれそのコツを身につけていかなければなりません。

今回の主人公の柚生君は、ソレが上手く体得出来ずに心身に失調をきたしてしまいました。
胃潰瘍で入院、実家で静養、仕事上では彼にとって厳しい向かい風が吹き荒れております。
そんな中、初恋の君と再会し、あの頃のピュアな恋愛感情を再確認し、しかもBLですから、
その彼・知明とは割と直ぐに気持ちが通じてしまいます…が、ここまでは私の予想図通りの展開。

意外だったのは、この後の展開。
てっきり知明は「(仕事をやめて)俺のそばにいればいいだろ」的なコトを言い出しすモノと、
予測していたのですが…結果的には、柚生の背中を押して「頑張ってこい」だったのですよね。
柚生も私も一瞬「あれれ?」となってしまいました…いや、コレは正論なんですけどね。
BLジャンルは、無理を通して道理が引っ込む要素が多分にあると思っていたものですから、
こうも毅然と「遠恋しよう」なんて言われてしまって、逆にかなり驚いてしまいました。

攻めの知明は、当初から少女漫画にありがちな出来過ぎな男だなあとは思っていましたが、
ちょっと私の想像以上に出来た男だったみたいで、こうなると俄然作品にのめり込んでしまい…。
この後も、主人公の柚生は甘えたり、泣いたり、悩んだりと乙男街道まっしぐらなんですが、
ナマジ、昨今滅多にみられないくらい安定した骨のある彼に支えられているモノですから、
何と言いますか、私の方も良い夢いっぱい見させてもらい、幸せな気分になるんですよ。

折りしも台風速報というアクシデントを挟んで、柚生の仕事の風向きも変わってきます。
全てが良い感じになって、予定調和に物語は収束しますが、これが嫌味じゃないんですよね。
夢見心地のようでいて、案外地に足が着いた素敵な恋愛物語になっていたと思います。
それは、この知明もかつて厳しい風を経験し、挫折も味わっていたからなんですよね。
が、それを表面に出さずに、柚生の理想的な彼に徹する姿がまた大変魅力的でして…。
柚生は柚生で割と(私の)自己投影をしやすい属性を多分に孕んでおりますから、要するに、
この二人は、私にしては珍しく手放しで応援したくなるのですヨ。

こんなことを長々と赤裸々に書いている自分が、かつて無いくらい恥ずかしい感じなんですが、
まあ、正直大好きなタイプのBL小説です、個人的に久々にうえださん作品で当たり引きました。
ご馳走様です♪

注、私実は、『乙男』を未だ読めていないので、この解釈間違っていたらゴメンナサイ。

<作品データ>
うえだ真由恋の行方は天気図で』(橋本あおい・画、新書館ディアプラス文庫)2007.2
恋の行方は天気図で 恋の行方は天気図で
うえだ 真由 (2007/02)
新書館
この商品の詳細を見る





今回は、橋本あおいさんの表紙絵がちと不満です。
挿絵のモノクロは割と好みなんですが、カラーが原色系でイメージが狂います…。

後、腐妄想ですが、ちょっと柚生に意地悪だった野辺さんの続編が読んでみたいです。
受けを希望したいが、攻めでもOKです!バツ1子持ちのエロ親父~♪
私的には、この作品で一番の萌えキャラでした(笑)。
[ 2007/02/11 21:42 ] novel BL | TB(4) | CM(8)
棗さん、こんばんは!コメント&TBありがとうございました♪
後ほどこちらからもTBお返しさせて下さいね~。

私もうえださんは当たりハズレがあると言いますか、
作家自体を追いかけるほど好きという訳ではないのですが、
たまにこの作品のようにドツボにハマって抜けれなくなります(笑)。
こういうストレートな作品って読んでて恥ずかしいんですけど、やっぱり面白いです。
BLのお約束展開を巧く回避して進む物語だったのも大好感♪
2月は買う作品を割と絞り込んだので、当たりばかりで大満足のBLライフでした。
その代わり、読書量自体は大減退してるのですが、その結果は後ほどまた(笑)。

あ!野辺さんは、私的には受け方向で~♪
マイナー街道は今日に始まったコトじゃないのですが、私世間とは逆の方が多いですね。
ではでは。
[ 2007/03/04 21:36 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさんと同じく私もひさしぶりに、うえださんで大アタリの作品でした。
最近、ちょっと自分の好みから外れてるなーと思ってたんですが、やはり、こういう乙女な展開のお話ってやっぱりいいですね。
初恋って、素敵な響きです(笑)

私も、あそこで、知明は”BL的お約束”の行動をとらなかったことに、かなりおどろきました。
それにしても、知明かっこよすぎですよね・・・。
そんな男がよくぞ七年もひとりでいたなと。

しかし、野辺さんですか。
確かにその肩書だと、放っておくのは惜しい人材ですね・・・。
しかし、受ですか?

[ 2007/03/04 18:14 ] 棗 [ 編集 ]
mimuさん、こんばんは!
コメント&TBこちらこそありがとうございます。
そして私の方からもTB送れたみたいで、本当に良かったです。
どうも送れてもたまにタイムラグが発生するみたいで…。

知明の出来すぎ君ぶりには、見事にしてやられましたよ~。
最初はタダの便利な優しい攻め認識しかなかったのですが、
想像以上に度量の深い攻め君だったと気づいたときには、もう…。
認めたくない気持ちもあるのですが、私もお気に入り作品です。
ではでは。
[ 2007/02/21 22:57 ] tatsuki [ 編集 ]
TB&コメントありがとうございました。
やはり知明が良かったですよね。
ブランクの末に両想いになれたのに、なかなか言えることじゃありません。
自分の挫折を引き合いに出さないところも良かったと思います。
こんなふうに言ってくれる人こそ、本当に相手のことを考え想っていてくれるということなんでしょうね。
素敵なお話で、お気に入りの一冊になりました。
こちらからもTBお願い致します~。
[ 2007/02/20 20:34 ] mimu [ 編集 ]
こんばんは、霖雨さん。
コメント&TBありがとうございました。
コチラからのTBは本日上手くいかず…また後日改めて挑戦します!

知明が本当に格好よかったですよね~。
挫折を知った上で立ち直ってきた人間の強さが感じられて。
そういえば、昔は高校球児だったと言うことで、
私はどうしても『大きく振りかぶって』とイメージがダブります(笑)。

野辺さんは射程広そうなんで、誰でも歓迎ですヨ♪
私にしては珍しく、年下攻めの野辺さん受けが理想ですが…。
可愛いorキレイ系のおじ様より、やさぐれ親父受けが萌えみたいです。
腐嗜好もいよいよ末期的です…変な萌え妄想炸裂してて申し訳ないです。
では、また!
[ 2007/02/19 21:57 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは!

うえださん、初めて読む作家さんですが、面白かったです。
本当に知明が、いい男でしたよね。高校時代は硬派だったということで、いい方向に成長してくれたなと思いました。

野辺さんのお相手…どんな人になるでしょうか? アナウンサーとか?

TBさせていただきますね~。
[ 2007/02/18 21:39 ] 霖雨 [ 編集 ]
こんばんは、ゆちゅ♪さん。コメント&TBありがとうございました。
こちらからも早速TB送らせて頂きましたので、よろしくお願いします。

これ当初は、男同士の必然性が弱いなあと思いつつ読んでいたのですよ。
昔の少女漫画みたいで、好きなんだけど好きな自分を認めたくなかったのです。
が、あそこであんな台詞を言われてしまって、本当にびっくりしてしまって、
気づいたら作品に深くのめり込んでました(笑)。
うえださんは『熱帯魚~』といい、私はたまにドツボにはまる作家さんです。
今回はゆちゅ♪さんと感想のシンクロ率高いみたいで私も嬉しいですヨ。
これから、そちらへ遊びに伺いますね。ではでは。
[ 2007/02/16 22:19 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん こんにちは!

今感想仕上げてお邪魔しに来たのですが、tatsukiさんの感想を拝見すると見事なまでに同じところにヤラレているのがわかって嬉しく思いました♪
ですよね~、あの知明にはやられましたよね~!
「よくあるBL的展開」をよくぞ打ち破ってくれました、って感じで。
柚生のほうもしっかり自分を立て直したあたり、オトメン(笑)とはいえ、男子でしたね!
今回はうきうきとTBお願いいたします♪
[ 2007/02/16 13:54 ] ゆちゅらぶ♪ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/466-1a0d08bf

恋の行方は天気図でposted with 簡単リンクくん at 2007. 3. 4うえだ 真由著新書館 (2007.2)ISBN : 4403521533価格 : \588通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る <あらすじ> 東京のウェザーステーションでお天気キャスターとして働く吉沢
[2007/03/04 18:02] 雪月花
恋の行方は天気図でうえだ 真由著 / 橋本あおいイラスト新書館 ディアプラス文庫(2007.2)オンライン書店ビーケーワンで詳細を見るお天気キャスターの柚生は、帰省中に倒れ運ばれた先の病院で、高校の頃の親友・知明と再会する。それは卒業以来連絡を絶ち、忘れようと努め...
[2007/02/20 20:35] 0Hz ―ゼロヘルツ―
お天気キャスターの柚生は、帰省中に倒れ運ばれた先の病院で、高校の頃の親友、知明と再会する。それは、卒業以来連絡を絶ち、忘れようと努めた片想いの相手でもあった。ストレスで胃を壊し、そのまま実家で療養することになった柚生は、早く東京に戻らなくてはと焦る一方..
[2007/02/18 21:35] 霖雨の彼方
最近はお天気の専門番組なんかもあったりして気象予報士とかお天気キャスターも注目度高いですよね。私自身は天気予報とはあまり縁のない生活ですが。朝起きても子供を追い立てるのにいっぱいいっぱいなので天気予報など見る余裕もありません…(T∇T) ディアプラス文庫 うえ
[2007/02/16 13:55] 水中雑草園
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。