スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

花隠れ 

またまた、立て続けに華藤えれなさんの作品の感想で失礼しますネ。
私的に、目下クリティカルヒット連発中の素敵BL作家さんの一人です。
今回もなかなか素敵な作品で大変美味しゅうございました、ご馳走様です。
(流石に作風に慣れたのか、今回は残念ながら“クリティカル”ではありませんでしたが…)

今回は前回の左近以上に京言葉を紡ぐ受けと伺っていたので、実は少し身構えておりました。
私は以前に読んだ某BL作品にて、京言葉の受けに手酷い目に遭ったことがあったので、
どうしても苦手意識に先立ってしまうのですよね…どうもはんなり系受けは苦手らしいです。
が、この作品は全く気にならなかったといえば嘘になりますが、案外普通に楽しめました。
これぞ、所謂華藤さんマジック、この方の独特な文章に私は相変わらず魅了されております。

まあ、これも実はいつものコトでなんですが、ストーリーはかなり典型的に王道な設定です。
今回は文字通りのシンデレラストーリーだったので、私的に萌え指数は実はイマイチでした(笑)。
これは単純に個人的な嗜好性の問題なので、皆さん本当許してください…。
ちなみに、今回の二人の障害は征司郎がもう少し頭を使って巧く立ち回ればしのげたような…。
まあ、彼の間抜けな属性がとかく暗くなりがちな作品のトーンを明るくしているのは間違いないので、
そういう意味では、私は彼のようなお馬鹿攻めは割と楽しかったですヨ(笑)。
(私は殊にBLに関しては、強引な関係から始まる恋もバッチコイです♪)

メインの舞台が京都だったためか、お話の設定も時間軸も妙に古風で現代ぽくなかったですね。
たよりない身の上の主人公が、嵯峨野の東屋で侘しく恋人を待ち焦がれる姿は、実は明言すると、
平安時代的な印象でして、伊勢物語か源氏物語あたりに似たような恋愛モチーフがありそうです。
でなければ、古今和歌集か新古今、いやもっと単純に百人一首だったかもしれません…。
健気だけが取り得の(家筋が)心もたない女と高貴な身分の男との身分違いの悲恋譚とか、
借金の形に身をひさぐ女とか、男の激しい恋の情念が女を蔵に閉じ込めてしまう展開とか…、
そして最終的には通い婚スタイルというのが、致命的に時代錯誤というか中世的です(笑)。
これはこれで、個人的にはこの不思議で楽しい雰囲気を十分に堪能させて頂きましたけどね。

一方で、ストーリー後半の東京編は思わず『智恵子抄』かと突っ込みそうになりました。
これは、決して私だけではないハズですよね…?
(ストーリーに倣うなら、華藤さんの場合『シナプスの棺』の純愛の方がソレに近いですが)
受けの千尋君は、とかく東京の空気がよっぽど肌に合わなかったみたいでして、
そそくさと京都へ帰ってしまいます(まあ、彼なりに紆余曲折が色々とあったのですが…)。
確かにあんなに美しい京都の情景描写の前には、都民としては全く立つ瀬が無い訳ですが…。

てことで、実際華藤さんの独特で美しい情景描写に今回も虜になっておりますヨ。
今回はお能の描写はあっさり目でしたが、京都の四季の移り変わりやお祭り風景は勿論のこと、
西陣織の着物や花の色の描写、主人公が挑む染色作業の様子、そんな和の所作・雰囲気が、
大変暖かくて色鮮やかで、本当に魅力的なんですよ、ここがこの方の作品の読みドコロです。
そして、次はいよいよ大人気(らしい)スレイヴァーズシリーズに手を出す予定です。
きっとこのペースで、今年中にはコンプリートしてしまうコトでしょうネ(笑)。
今のところ、私的にハズレ無しのマイブームなBL作家さんです♪

<作品データ>
華藤えれな花隠れ』(佐々木久美子・画、幻冬舎リンクススノベルス)2005.6
花隠れ 花隠れ
華藤 えれな (2005/06/30)
幻冬舎コミックス
この商品の詳細を見る





[ 2007/02/08 23:18 ] novel BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。