スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

松風の虜 

昨日読了、行きつけの感想サイトさんの中で割と好評だった鳩村さんの新刊です。
個人的に、初めての作家さんだと思っていたのですが調べてみたら2度目でした(笑)。
外文専門の出版社のお話読んでました…あの作品は鳩村さんの作品だったのね…。
近頃、本当に記憶の混同が激しくて危険な感じです、忘れないウチに感想をば。

さて、本作品は茶道宗家である佐生家のお家騒動がメインテーマですね。
ニューヨークの(ややいかがわしい)カフェで働き、自由気ままな生活を送っていた睦月。
彼はある日、不治の病で余命いくばくも無い家元の長男に代わり、次期家元として、
早々に佐生家に戻ってくるよう当代家元の秘書である伊藤征親に依頼されます。
が、征親への複雑な恋心を抱え、敬愛する兄の衝撃的なニュースを信じたくない彼は、
当然征親のその依頼に戸惑い、拒絶しようとします。

一方で、佐生家に復讐心を燃やす征親は、これを好機と強引に睦月を日本へ連れ戻し、
そのプラトニックな恋心を利用して、自分の傀儡家元に仕立てようと画策します…。
が、睦月と身体を繋げていく内に、あるいは睦月の先天的な茶道の才に感化されたのか、
彼自身も睦月に対して徐々に徐々に思いを募らせるようになってきた模様。

物語が進むと、このお家騒動に浮き立つ周囲関係者や、茶道宗家の裏の事情も垣間見え、
ついには睦月と征親の出生の秘密も明らかになってきたりして、事態は一層複雑化します。
2人の愛憎の行方、佐生家の未来、病床の当代家元の末路は一体どうなってしまうのでしょうか?

まずはこの作品、何といっても結末がですね本当に美しくて大変心地よい印象です。
本編で終始優柔不断を極めていた主人公の睦月でしたが、最後の最後にはとした態度で、
家元として、私事よりも茶事のおもてなしを優先する姿が好感でした。
私はこういう開放型エンディングというものが大好きなので、余計になのかもしれません。
(二人だけで愛の逃避行とかそういう閉鎖型エンディングと比較してという意味でなのですが…)

次に皆さん指摘していらっしゃるように、茶道のお作法にまつわる諸事の情景描写、
すなわち所謂和風情緒というモノなんですが、この描写がまた美しくて圧倒されました。
鳩村さんの美しくてしなやかな日本語表現にはとても心が和みましたヨ。
(この直前に読んだ某作品の壊滅的な日本語に参っていたので、余計になのかもですが…)
茶道に全く造詣の無い私なんですが、一服美味しいお抹茶を頂けたような、
そんな贅沢な気分を味あわせて頂きました、御馳走様です♪

そして最後に、この美しい和風情緒溢れる空間を体感出来る世界の中で唯一、
私が個人的に不満というか違和感を感じずにいられなかったのは、実はラブシーンです。
主従ネタにもメガネ攻めにも、敬語攻めにも心を動かされない気質ゆえか、
このBLの肝とも言えるサービスシーンだけはどうしても馴染めませんでした…。

てことで、結論を言えば私的な総合評価は中の上止まりなんですよね。
情景描写の美しさに感動しつつも、キャラクター設定に一切萌えられなかったのが敗因、
そういう意味では、とても惜しい作品でございました。
でも、皆さんのご指摘どおり、お正月には最適のBL作品だったと思います。

<作品データ>
鳩村衣杏松風の虜』(水無瀬雅良・画、海王社ガッシュ文庫)2007.1
松風の虜 松風の虜
鳩村 衣杏 (2006/12)
海王社
この商品の詳細を見る


[ 2007/01/11 00:16 ] novel BL | TB(3) | CM(4)
霖雨さん、こんばんは!コメント&TB共々ありがとうございます♪
ゆちゅ♪さん宛てのコメントにも書いておりますが、
私の萌え設定ではなかったので、まあ結果は半ば予測しておりました(笑)。
敬語攻めと言えば、私は国民的人気の某交響楽団シリーズの彼が全くダメだったので、
そういう意味では、今回の征親は特に苦手という訳でも無く全く普通な印象でした。
そういえば、メガネをかけるシーンも外すシーンも無いとなると、
挿絵がなければメガネ派かどうかって微妙なコトになってきますね。
一つ発見です!
いずれにせよ、私の萌え攻めは寡黙な不器用系かオラオラ俺様系みたいです。
シチュエーションの許容幅広げたいとは思っているのですが…(笑)。

茶杓に独自の名前を付けて茶事の趣を味わうというお作法も、この作品で知ったのですが、
この名前を付けるときの独特の緊張感のある間がまた良かったですよね。
霖雨さん御指摘の白雨を初め言葉も美しく、心に沁みるものばかりでした。
(でも真澄は、昔の悪友の名前を思い出してしまうなあw)

それにしても、この作品はなまじ文章がしっとりと美しいものだから、
たかが感想を書くのにも、無駄に言葉に気を使って大変だったのは私だけでしょうか?
こういう作品について語るのって、逆にかえって難しいですね。
精進します…では。

[ 2007/01/12 22:58 ] tatsuki [ 編集 ]
こんばんは!ゆちゅ♪さん、コメントありがとうございます。
正直この作品は、きっと萌えないだろうなあとは思っていたのです(笑)。
私は、いつもメガネや敬語攻めには食指が動かない人間なんで…。
でも、ゆちゅ♪さんの感想読んでみたらどうしても読んでみたくなって、
買ってみたらとても楽しく読ませて頂きましたよ~。

お父様の早世とお嬢さんの誕生がほぼ同日というのは大変感慨深いお話ですね。
きっとお嬢さんは、ゆちゅ♪さんのお父様に見守られて健やかに幸せに育ってくれると思いますよ!
余談ですが、私の母方の祖父も膵臓癌で亡くなっております。
が、私の祖父の場合年齢も年齢だったので(享年85だったかな?)、
ゆちゅ♪さんの受けた悲しみとは全く質の違うお話でございますが…。

私がハズした作品その1は、実は昨年末にゆちゅ♪さんが感想書かれておりますよ(笑)。
まあこちらは、設定にとりあえず納得できなくて途中で投げたのですが、
気が向いたら読み返すかもしれません…。
問題はその2…最近ボチボチ感想書いているブロガーさんもいらっしゃるのですが、
私はあの小説の文章を読みこなせる方を心より尊敬します。
設定が好みで買ったものの、とかく文章がな…難解でして…本当にゴメンナサイという感じです。
ヒントは今年発売のBLノベルスです。
私、文章の許容範囲は案外狭いのかもしれません…。
それでは。
[ 2007/01/12 22:28 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは!

昔からの日本語って、いいですよね。
征親が昔、幼い睦月が白雨という表現を用いたことに衝撃を受けていましたが、今はあまり使われない、白雨のような言葉が好きです。

それを言ってはいけないだろうということを言うと、メガネ攻って小説じゃあまり分からないので、そこはあまり萌えませんでした。敬語攻は分かるのですが。
Hシーンでは攻はちょっと慇懃無礼な言い方ですし、茶道に絡めた表現がちょっと違和感を覚えるところもありました。tatsukiさんが気にされたところは、そんな箇所かなと思いました。

TBさせていただきますね~。
[ 2007/01/12 22:27 ] 霖雨 [ 編集 ]
tatsukiさん こんばんは♪

えーと、うちも『行きつけ』にカウントさせていただいてよろしいんでしょうか?(笑)
馴染みの居酒屋さんみたいで楽しいです♪

残念ながらtatsukiさんの萌えポイントとはズレていたようですが、話全体の雰囲気としてはとても気持ちよく読める本でしたよね!
お家騒動と言っても兄弟、家族の情の篤さなんかが感じられる話で。

ラストは先に待ち受けるのは間違いなく哀しみだとわかっているのに、それでも開けている、余韻のある終わり方だったと思います。

私事で恐縮ですが、私も膵臓癌で亡くなった父の臨終には立ち会えなかったもので、余計身に染みる気がしました。
ちなみに父が亡くなった翌日、大難産の末産まれたのがうちの一人娘です(笑)

ところでやっぱりtatsukiさんの引き当てた大ハズレ気になりますね~!
よかったらヒントください(≧∀≦)♪

それではまた後日TBに参りますので、よろしくお願いします!
[ 2007/01/11 23:07 ] ゆちゅらぶ♪ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/441-a293bd1f

la aqua vita 松風の虜
[2013/04/22 13:27] sac louis vuitton
松風の虜鳩村 衣杏みなさま 新年を迎える準備は恙無くお済みでしょうか。今日でまた一年が終わってしまうのですね…。大変感慨深かった2006年を締め括るに相応しいホモ小説は…と積ん読の山を漁ってこれは、と目星をつけました。これを持ちまして今年最後のご紹介でございま
[2007/01/16 11:29] 水中雑草園
「堪能されましたか?」恋焦がれていた男に抱かれ、狂うほど泣かされた後、そんな台詞が冷たく落とされた。茶道宗家・佐生家に生まれながら、その家を出た睦月。彼を次期家元にと、当代家元の秘書である伊藤征親が迎えにきた。征親を断ち切りたいがため家を出た睦月は宗家継
[2007/01/12 22:15] 霖雨の彼方
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。