スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シャレード2007年1月号 

今日は、昨年の11月末に発売されたシャレードの雑感をば。
年末が忙しすぎて、雑誌は買ってもそのまま放置状態続いてました…。
もしかしたら、暫く重点的に雑誌の感想が続くかもしれません。

・高遠琉加「楽園建造計画」(依田沙江美・画)
続きが待ち遠しくて待ち遠しくて、居ても立ってもいられなかったシリーズでした…。
まあ、あまりに放置プレイの期間が長すぎて前回の内容を思い出せなかったのですが(笑)。
予定では次号で完結予定らしいのです…が、この展開で本当に無事に終わるんですかね?
何が心配って、現時点で「ロマンス」「ロ」の字もまだ出てきていないトコロなんですけどね。
どっちに転んでも、読者の心を抉るタイプのエンディングなんじゃないかと思われますが…。
それにしても、蝶野の写真はやっぱり映画の『ブレードランナー』を思い出しますね。
この作品はSFでは無いので、デッカード刑事と同じ理由であるはずは無いと思うのですが、
ストーリーの着地点は、実はアレに近いところに落ち着くような気もします。
高遠さんの作品って、思えばいつも攻めが不安定なんですよね、オフィーリア的と言うか。
果たして、三木はちゃんと蝶野の心を繋ぎ留めることが出来るのでしょうか…。
いずれにせよ、次号も心より楽しみにしております(←忘れていたくせに…)。

・可南さらさ「移り香」(陸クミコ・画)
前回のシャレードで開眼した、可南さらささんの作品の続きです。
カメラマンの弟×ツンデレお兄ちゃんという兄弟ネタの年下攻めネタ。
財産の譲渡の交換条件にヌードモデルを提示されてオタオタしつつも、
そのプライドの高さゆえに、無体な条件を引き受ける要お兄ちゃんでしたが…。
前回は、かなり切羽詰まっていたかのように思えたこの要君の状況でしたが、
実は周囲の人々も彼が思っていた程には冷たくなかったという現状が見えてきました。
結局、彼が一人必死で空回って奔走していた訳でして…。
更に弟の清司君も折れちゃって、モデルの件はもういいやという感じになってしまって、
あのフェティッシュでエロティックな関係には移行しないような予感が濃厚です…。
まあ、これも次号の展開次第なんですが…。
ストーリー自体は今回も楽しかったのですが、エロス方面に少し期待し過ぎたのかも。
弟君の気持ちはともかくとして、私としては要のヌード写真が見たくて仕方が無いのです。
清司君、お願いだからもう一度やる気を出してください~。

・椹野道流「執事の受難と旦那様の秘密」(金ひかる・画)
やっと、事件が解決しましたヨ、とても長かったです。
厳しいこと言ってしまうと、これはBLじゃなくてライトミステリーだと思いますし、
展開引っ張りすぎで、ミステリーの心地よい緊張感も前回辺りで途切れてしまいました…。
これがホワイトハート(講談社)やビーンズ(角川)の作品だったら印象も違うのでしょうが、
私見ですが、BL誌のシャレードでこのプロットというのは、なかなか厳しいモノを感じます。
何より、読者の対象年齢にも見合っていないストーリーだったと思うのですよね。
ミステリーならミステリーで、もう少しビターな味付けでお話を展開させて欲しかったです。
お気に入りのシリーズだっただけに、余計に消化不良気味の作品になってしまいました。

<作品データ>
・「シャレード」2007年1月号(二見書房)より




[ 2007/01/04 00:37 ] magazine&anthorogy 感想 | TB(0) | CM(2)
こんばんは!ヒトコさん。
コメントありがとうございました。

高遠さんの作品は大好きなので、先日はとても暑苦しいコメントで本当失礼しました。
ただこの方の作品の感想は、いつも苦戦してて出来が悪いのでお恥ずかしいです。
大好きなのに、その魅力をイマイチ上手く語れないのです…。
『楽園~』は恐らく全5巻構成になりそうです。
今月末のシャレにちゃんと掲載されたら近いうちに全部文庫で出揃うと思いますよ。
このシリーズは、大学生の青春グラフィティーという印象の作品でして、
やっぱり何処か懐かしい匂いを感じる作品です。
月村さんがお気に入りなら、多分外さない方だと思いますよー。
それでは。
[ 2007/01/07 19:37 ] tatsuki [ 編集 ]
あけましておめでとうございます。
先日は高遠さん情報、ありがとうございました。
旧作はなかなかすぐに見つからないかもしれませんが、気長に探してみます。こちらで紹介して下っている「楽園建造計画」は現在進行形のシリーズの様なので、読んでみたいです。シャレード文庫で既に3巻出ているんですね。パレス・シャングリラという安アパートの名前に何故か心惹かれたりします。その前にまず「世界の果てで待っていて」を読まなくては!
今年もよろしくお願いいたします。
[ 2007/01/07 00:55 ] ヒトコ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。