スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

水に眠る恋  

明けましておめでとうございます!
今年も何卒よろしくお願い致します。

余談ですが…私とうとう数えで三十路の大台に乗っかっちゃいました(笑)。
平成も19年、つまり現在のティーンエイジャーはもう殆ど平成生まれなのだそうです。
まさに、光陰矢のご如し…いや、もう何て言っていいのやら…。
諸行無常の鐘の音が、本当に耳元に聞こえてきそうな今日この頃です。
まあ新年は新年、今年も今までどおり猪突猛進にBL作品を楽しみたいと思います。

何はともあれ、皆様にとって幸多い素敵な1年になりますように♪

さて、前口上が長すぎましたが本題に入ります。
新年早々BL小説読みましたよ、もっと厳密に言えば年越しホモ本でした(笑)。
旧年と本年を又にかけて読んだ今年のBL小説第一弾は、可南さらささんの作品です。
昨年はシャレード本誌とシャレード文庫でなかなか楽しませてくれましたので、
今回はリンクスレーベルの可南さん作品に挑戦してみました。
実は一緒に『微熱の引力』も買っておいたので、どちらから読もうか迷ったのですが、
何となく、円陣さんのイラストに惹かれたのでこちらから先に読ませて頂きました。

さて本作品、半ば予測はしてはいたものの、怖いくらいにベタベタなメロドラマでした…。
正直、読後の感想は面白さよりも恥ずかしさが先に立つ印象です。
憧れの同級生、実父蒸発、身体の弱い母、幼い妹、意地悪なカレの母親などなどなど…、
キーワード設定が、どう見ても昭和時代のソレな気がするのは気のせいですか?(笑)
耐えて、忍んで、また耐えて、そんな昭和の美学を体現しているような主人公ですヨ。
平成19年の幕開けに、昭和の雰囲気が色濃いBLというのもまたオツなもの…
という気もするような、しないような(実際判断が微妙なトコロなんですが)。
私個人は、こういう多分に古臭い(←言っちゃった!)作品は嫌いじゃないのですが、
本当に典型的なメロドラマですので、ダメな人にはダメかもしれません…。
一昔前の、少女漫画風味の強い甘めのBLがお好きな方は是非どうぞ。

そういえば、前回感想を書きそびれた『恋になる日』でもそうだったのですが、
文字通りのツンデレ妹キャラが今回も登場しております。
ツンデレ妹好きのそこのお兄さん、試しにこの作品に挑戦してみませんか?(笑)
肝心の主人公のお兄ちゃんは、同性の同級生にベタ惚れなのが難点かもしれませんが…。
まあ、冗談です(私は女の子のツンデレキャラも大好物なんですが)。

濡れ場ばかりの小説読んでも、全く恥ずかしいとは思わない恥知らずなんですが、
逆にこういう作品読むと、無性に恥ずかしくて身もだえたくなるのは何故なんでしょう?
本質的には、心の琴線に限りなく近いところを掠っている作品なのかもしれませんネ。

<作品データ>
水に眠る恋 水に眠る恋
可南 さらさ (2005/11/30)
幻冬舎コミックス
この商品の詳細を見る



私見ですが、高遠琉加さんと月村奎さんを足して2で割って、
更にガムシロップで溶かすと可南さらささんになるような気がします。
[ 2007/01/01 20:11 ] novel BL | TB(0) | CM(4)
こんばんは!はーこさん。コメントありがとうございます。
はーこさんも円陣さんが理由でしたか、ふむふむ。

可南さんは、基本的に恋愛ドラマと言うよりは人間ドラマに主眼を置く方みたいですネ。
恋愛部門がかなり甘口なので、私は読んでて時々恥ずかしい感じです(笑)。
あと、割とレトロで懐かしい雰囲気が多いような…若い方には馴染み難いかもしれません。
とはいえ、私もまだ他はシャレードしか読んでいないの何とも判断が微妙なのですが…。
(シャレードは、レーベル自体が基本的に作家を問わずレトロなのでw)
シャレード作品はかなり昔のモノなので、同人誌の番外編は私の既読作品じゃない気がします。
どうでしょ?今読み込み途中の『微熱の引力』あたりの番外編かしら?
こちらは今読み始めたばかりなので、感想はもう少しお待ち下さいませ。
ではでは。
[ 2007/01/07 00:18 ] tatsuki [ 編集 ]
こんにちは~。
この作品、円陣さんの挿絵目当てで購入しいたのですが、私は好きでしたよ。
確かに読んでいて、かなり恥ずかしい作品ではありますが(笑)
昨日、冬コミで買ったこの作品の番外編を読みました。
番外編はその後なので、メロドラマ要素は抑え気味でしたが、やはりラブラブな話でした。
他の作品もメロドラマなんですか?
他の作品の番外編の同人誌も買いましたが、本編読んでいないので、封印中です(笑)
そのうち、読む予定ですけどね~。

今年もよろしくお願いしますね♪
[ 2007/01/06 17:57 ] はーこ [ 編集 ]
明けましておめでとうございます。
コメントのお返事遅くなってしまってゴメンナサイです。

意外でした。
秋月さんなら、とっくにこの小説を読んでいるものと…。
可南さんはこの作品に限らず、どの作品も割とメロドラマ風味みたいですね。
決して嫌いじゃないですし、今追いかけ中の作家さんの一人なんですが、
いずれの作品も料理に例えるとちょっとお砂糖入れすぎ…な印象です。
心してかかって下さいませ~。
(でも、↑の作品は割と皆さんに好評みたいです…私はともかく)
[ 2007/01/04 00:46 ] tatsuki [ 編集 ]
3日連続でお雑煮を食べて、そろそろ飽きてきたところです(笑)

現在、円陣さん挿絵の本を集めているところでして、この本も購入予定に入っているところなんです~。
まだ読んでない本なのであまり詳しく感想を拝見してないんですが、ベタベタなメロドラマということなので、心してかかります!(笑)
私も濡れ場よりもメロドラマのほうが恥ずかしいです。が、好きだったりします。

ではでは! 今年もよろしくお願いしますー。
[ 2007/01/03 09:05 ] 秋月 [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。