スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

センチメンタル・セクスアリス 

実は、約1ヶ月ほど積読していた砂原さんの作品です。
様々な感想ブログ&サイトさんで、概ね好評だったようなので、
きっと面白いんだろうなと思っていたら、本当に面白かったです(笑)。
まずは、ご馳走様でした♪

相原春巳には奴隷がいる。

このインパクトのある一文から物語は始まります。彼の名は真部仙介、理系の大学院生です。
無論、彼は言葉どおりの奴隷ではなく、せいぜい我儘な春巳の都合の良い男という印象。
忠犬型と呼ぶには、あまりに寡黙で無骨で真面目な性格をしているためか、
春巳に振り回されている感は薄いというか、彼の視点が無いので感情が分かりにくいです。

その奴隷(真部)に愛されていることを疑わない春巳は、いつも我儘言いたいやりたい放題です。
まあ、これは社会の中でどんどん置いてきぼり感を味わっている彼の最後の矜持とも言えます。
ええ、中身が無いのにプライドだけは異様に高いどうしようもないタイプの受けです(笑)。
私がもし攻めに生まれ変わったとしても(←この条件設定自体がアレですが…)、
この手のタイプとは、一生関わりたくないなあと思わせるタイプの受けです。
頭も下半身もゆるくて軽くて、コメディだとしても限度があるだろと思わせる性質の悪さです。

それが、実は…。

この物語の旨みは、適度に挿入される回想シーンのカットバックにあります。
この映画のようなテクニックが、本当に想像以上に巧く効果的に機能しているんですよね。
実は二人は幼馴染なのですが、とある事故を通してその時からお互いを意識し始めます。
現在の歪んだ同棲生活の遥か昔から、実はは始まっていたのだという事実が、
徐々に徐々に少しずつ、回想シーンの断片から明らかになって来ます。
(しかも受けの春巳の方が物理的にソレを感じるのが先だったりします)
この過程が丁寧でバランスが良く、読んでいて本当に気持ち良い気分になるのです。

一方で、お調子者でお馬鹿なこの主人公にも、つらい過去の事件があったことも判明します。
その事件がお互いの関係を歪んだものに妨げる遠因の一つでもあった訳でして…。
そのトラウマ的事件にしろ、主人公と父親の間の葛藤にしろ、それ程目新しいテーマではなく、
むしろ、ワンパターンと言ってもいいくらいの使い古されたネタではあるのですが、
我々は、と言うか私はこういう背景に実に弱い人間でして(ファザコンの気があるから)、
悔しいながら、思わず涙までこぼれて来る始末です。

今回この主人公を殊更厳しく表現しておりますが、だらしの無いところなんかは、
自分にも多分に共通する性質なので、通常の受けキャラよりも共感指数が高いです。
いや、本当参りました…自分ももう少し社会性を身につけないとなあ…と反省中。

さてさて、本題に戻ります。
このように、冒頭の一文は攻めに対する比喩的表現ではありえません。
ストーリーが進行していくうちに、叙述の中の嘘が明白になってきます。
そうです、先日ちらりとお話した叙述トリックがこの作品にはシンプルながらも存在します。
作品の土台が良い意味で引っくり返って、主人公は自分の本音を自覚し、猛省し、
紆余曲折を経て晴れて二人は結ばれるのです、読後が大変心地よい一品です。

サービスシーンも満足の出来、いささか汁っ気多い感もありますが、それもまた一興(笑)。
ストーリー面でもサービス面でも満足度の高い、素敵なBL作品でした。
今更ながら、オススメ作品です♪

<作品データ>
砂原糖子センチメンタル・セクスアリス』(ヤマダサクラコ・画、幻冬舎ルチル文庫)2006.11
 ISBN4-344-80878-9
センチメンタル・セクスアリス センチメンタル・セクスアリス
砂原 糖子 (2006/11/15)
幻冬舎コミックス
この商品の詳細を見る




ヤマダサクラコさんとここまで作風の相性が良いとは、正直思いませんでした。
特に少年時代の二人が可愛すぎです♪

私、この作品の続きを読みたいとはそれ程思わないのですが、番外編なら読みたいです。
少年時代の二人が、お互いを意識して悶々とする若葉の頃青い春を所望。
アンケートに書いてみようかな。
[ 2006/12/24 01:17 ] novel BL | TB(4) | CM(5)
秋月さん、こんばんは!コメントありがとうございます。
私も砂原さんはそれ程多く作品をあたっていないのですが、
(読んだ作品は割と実は小説誌掲載分が多いかな)
どうしても文章が苦手だと言う意識が前に出てしまう方ですね…。
やっぱり、ちょっと癖があると思うのです。

でもこの作品読んで、小説の構成力の高さに脱帽、開眼しましたよ。
春巳というおバカキャラにもすっかり騙されましたしね(笑)。
来年は、もう少し別の作品も読んでみようかなと思っております。
(今年はちょっともう厳しいや)

それでは。
[ 2006/12/27 21:27 ] tatsuki [ 編集 ]
tatsukiさん、こんばんは。
砂原さんの作品はまだ6冊しか読んだことがないんですが、tatsukiさんが言及されているノリツッコミふうの軽快な文章に苦手意識をもっていたのに、このお話ではぜんぜん気になりませんでした。
頭も下半身もゆるゆるなところ、主人公としてはちょっとどうよ…な春巳のキャラにもヒくことなく。
今まで自分がもってた苦手意識を覆される作品でした。多分にヤマダサクラコさんの挿絵効果もあったと思いますが(笑)
現在と過去のカットバックと、双方がシンクロするカタルシスの手法にウウン!と唸らされる作品でした。
[ 2006/12/26 22:38 ] 秋月 [ 編集 ]
こんにちは!そしてメリークリスマスです、ゆちゅ♪さん、はーこさん。
コメント&TB共々どうもありがとうございました♪
レスが少し遅くなってしまってゴメンナサイです。

ゆちゅ♪さん>
私はどうも砂原さん作品に構えてしまうことがあって、
新刊時にはいつも購入を見合わせてしまう癖があります。
本作品もその典型でして…。
ストーリーや設定が理由ではないです。
(多分、設定に関しては実は大好物♪)
この方の場合、あの独特の文章が苦手なんですよね。
神の声のような自分突っ込みが入るノリと言いますか…。
といいつも、今回の私の感想はちょっと私らしくないです。
明らかに、砂原さんの文章を引きずっていますね(笑)。
自分で自分の感想に苦笑中…。

どうしようもないタイプの受けだとは思いましたが、
この作品は私もお気に入りです。
彼も最後に自分のライフスタイル反省しておりますが、
頭がザルだからきっと直ぐに忘れるんだろうなあ、と思いつつ…。
いや、悪い意味でやっぱり私に似ている主人公です(笑)。

はーこさん>
サービスシーンは本当に私も大満足です♪
BLたるものアレくらい描いてもらわないと(笑)。
私はルチル文庫のエロコードがイマイチよく分からないのですが、
(ルチルコミックは今となっては一番エロ指数の低いBLレーベルと思うので)
あそこまでちゃんと描いてくれるととても嬉しいです。
作者が書きたくて描いているんだろうなあというのも伝わってくる感も、
十分に伝わってきましたし本当に素敵でしたね。

こちらからも後ほどTB送らせて下さい!
ではでは。
[ 2006/12/25 09:30 ] tatsuki [ 編集 ]
この作品、私は発売時に読んだのですが、面白かったです。
攻があまりにも受の我侭に甘受しているので、こいつは精神的Mなのかと思ったくらいですが、回想シーンから色々と受のトラウマがわかってきたりと、本当に巧い作品でした。
サービスシーンも満足でしたし(笑)
本当にオススメ作品ですね♪

TBさせてもらいましたので、よろしくお願いします。
[ 2006/12/24 14:24 ] はーこ [ 編集 ]
tatsukiさん こんばんは♪

わーい!この作品私も大好きなんですよ!!
ほんとにいやな子受の真実が見えてくるにつれてどんどん心情を引きずられてしまって・・・すごくいい話、というか上手いですよね!
砂原さんはもともと好きなんですがまたいっそう好きになっちゃいました♪

TBさせてくださいね♪・・・ちょっと前の記事なんですがw
[ 2006/12/24 01:53 ] ゆちゅらぶ♪ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/427-ab9eb58f

今はタイミング的に何を読んでも、高遠さん以上の“嵐”には出会えないだろうと思ってましたが…。 ちょ…ヤ…ヤバ…、私は砂原さん家の受け...
[2009/04/27 00:25] la aqua vita
あらすじ、1行目。「モデルの相原春巳には奴隷がいる。」あら、砂原さん新境地?と勘ぐってしまいました。読んでみたら砂原さんらしい作品でしたけれども。どうもあらすじって印象を勘違いさせやすいですね。端的に捉える分、どうしても印象を残しやすい設定の際立ったとこ
ルチル文庫というのは、妙に私の購買意欲のポイントをおさえてます。基本的に子供の頃から作家買いなんですよね~。BLでなく、児童書でですよ。(一応、言っときますが、ここまでBL読みになったのは、ここ1年です。2次パロ暦はかれこれ10年近くになりますが、商業誌と云う
[2006/12/24 14:17] こんな本よみました…
センチメンタル・セクスアリス砂原 糖子はう~っ、ヘタレロングラン。流行りなのかそんな人たち、イヤ~ンなブームですな!読者と受に対する容赦ない焦らしプレイだよー!ルチル文庫 砂原糖子 「センチメンタル・セクスアリス」ヤマダサクラコさんの口絵が大胆な構図で一瞬
[2006/12/24 01:54] 水中雑草園
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。