スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1985年 

これは、久々の当たりな新書でした。
が、↓のメモは(修正したにも関わらず)失敗です。
ノート取るの下手ですね…。

1985年といえば、私の場合今は亡き祖母にファミコンを買ってもらった記憶しか無いです。
毎日毎日、自分の家や友達の家でファミコンで遊んだり喧嘩したりしていました。
同時期、女の子の間ではジェニーちゃんやシルバニアファミリーといった人形類も、
ブームだったような気もするのですが、幼い私はファミコン一筋の人生でした。
未だに「スーパーマリオブラザーズ」以上にプレイしたゲームは存在しません。
というか、逆に年々ゲームするのがしんどくなって来ましたので、
もうあの時期を越えたゲーマーにはなることはないでしょうね。

懐かしい(おぼろげな記憶の)時代のお話でした。
(比較するのもアレですが、小説の『クライマーズ・ハイ』よりもずっと面白かったです)

<作品データ>
吉崎達彦1985年』(新潮新書130)2005.8
 ISBN4-10-610130-0
1985年 1985年
吉崎 達彦 (2005/08)
新潮社
この商品の詳細を見る



◎国際史

◆プラザ合意(1985.9.22)
 ・1ドル=250円⇒1ドル=120円、円高ドル安化
 ・「内需振興」+「市場開放」=「国際協調」
  ↑「国際協調のための経済構造調整研究会報告書」=「前川レポート」1986.4
 <背景>
 Ⅰ.アメリカ
 ・レーガノミクス=「小さな政府」+「強いアメリカ」(1981~)⇒拡大路線、威信回復
 →大規模減税&軍事力拡大(戦略防衛構想〔SDI〕…スター・ウォーズ計画、1985)
 ・INF(中距離ミサイル)条約(1987)
 →財政赤字の拡大&金利上昇
 →「高金利とドル高」定着(実力以上にドルが評価された)
 →米国内の輸出産業の不利益を招く&貿易赤字拡大
 →「双子の赤字」=財政赤字&貿易赤字
 ⇔世界景気上昇(1983~)
 ⇒米国内で保護貿易主義の圧力高まる(ex.「ジャパンバッシング」
 Ⅱ.日本
 ・「エコノミック・アニマル」
 ・「ミドルパワー」
  ①GNP(国民総生産)…1年間に「日本国民が」生み出した付加価値
  ∴日本企業によるアメリカでの生産活動を含む
  ②GDP(国内総生産)…1年間に「日本国内で」生み出された付加価値
  ∴アメリカ企業による日本国内でのビジネスを含む
 ⇒1990年代後半以降は経済のグローバル化の進展により、GDPが指標として定着
 Ⅲ.アジア
 ・「アジアの虎」=韓国、台湾、香港、シンガポール
   →対米輸出増加による急成長(日本も同様)
 ①NICS(新興工業国)…東アジアの政治事情に疎い欧州で誕生した言葉
 ②NIES(新興工業経済地域)…香港や台湾を「国」と呼ぶのは差し障りがある(1988~)

∴「通貨調整」

ボン・サミット(1985.5.2~4)「第二次大戦終戦40周年に際しての政治宣言」
 ・ドイツの「戦後総決算」
 ・レーガン大統領がビットブルク墓地を訪問(5.5)
  ※ビットブルク軍人基地…ナチス親衛隊(SS)48人を含む墓地
  ⇒ユダヤ人団体、イスラエル・ロビーから激しい抗議を受けるも、
  コール首相のたっての希望を組む→レーガン支持率低下
 ・ワイツゼッカー大統領演説「荒れ野の40年」(5.8)
  ※旧約聖書の故事に基づいたタイトル
  「過去に目を閉ざすものは、結局のところ現在にも盲目となる」
  →直接的な謝罪表現は1回も使われていない
  ⇔日本…中曽根首相の靖国神社への公式参拝(8.15)
   →北京で反日デモ(9.18)
   →胡耀邦書記、失脚(1987.1)⇒天安門事件
 ■サミット…仏・ランブイエで発足(1975)、経済問題を討議する場
  ・70年代~低成長、インフレ、通貨不安定、石油価格などがテーマ
  →「南の途上国に対する北の先進国の会議」
  ・80年代~ソ連のアフガン侵攻を契機に、政治問題を取り上げる
  →「東の社会主義国に対する西の資本主義国の会議」
  1985年=冷戦期
   ex.)イラン・イラク戦争、カダフィ大佐(リビア)、アパルトヘイト(南アフリカ共和国)
  ・90年代~脱冷戦&ロシアの参加…地域紛争、テロ防止、環境、核不拡散、途上国問題など
  →「西側先進国の首脳会議」⇒「世界の首脳会議」

マルコス追放(フィリピン)⇒アジアの民主化(韓国、台湾、インドネシア)
 ・アーミテージ(国防総省アジア太平洋地域担当次官補)
  「米軍のクラーク空軍基地&スービック海軍基地の維持が肝要」
 ・ウォルフォビッツ(国務省アジア太平洋地域担当次官補)
  「民主化の促進がアメリカの国益にかなう」

cf.「9・11」同時多発テロ事件
 ・ウォルフォビッツ国防副長官…ネオコンの理論的指導者、強硬論
 ・アーミテージ国務副長官…穏健な現実主義者、↑に反対

ゴルバチョフソ連共産党書記長登場(1985.3.11)
 ・チェルノブイリ原発事故(1986.4)
 ・ペレストロイカ(改革)
 ・グラスノスチ(情報公開)
 ⇒石油価格下落が原因
 ・サウジアラビア、スウィング・プロデューサーの役割放棄(1985.7)
 ・ネットバック方式(実質的な値引き販売)採用(1985.9)
 ⇒石油価格低迷
 ⇒ソ連側「逆オイルショック
 ※スウィング・プロデューサー…石油生産の調整役

◎国内史

■「豊田商事事件」…悪徳商法の雛形
 ・「純金ファミリー契約証券」
 ・「ゴルフ会員権」
 ・永野一男会長が報道陣の目前で2人組の男に刺殺される(6.18)
 cf.「オレオレ詐欺」、「振り込め詐欺」←間抜け?
■渡辺淳一…日経新聞に小説連載
 ・『化身』(1985)…そこそこ有名な文芸評論家が主人公、セレブ
 ・『失楽園』(1986)…リストラ寸前の出版社社員が主人公、将来性なし
 ・『愛の流刑地』(2005)…沈没寸前の作家が主人公、何の保障もない立場
■つくば博(1985.3.16~9.16)
・日本=「サイバーパンク」なイメージ
 ex.『ブレードランナー』(1982)、ウィリアム・ギブソン『ニューロマンサー』、『ブラックレイン』(1989)
・1990年代に完成するAIBO(ソニー)ASIMO(ホンダ)に技術継承
■「ハーゲンダッツ」日本上陸(サントリー&高梨乳業のタイアップ)1984.11
⇒グルメブーム
■日航ジャンボ機墜落事件(8.12)
■三光汽船倒産(8.13)…河本敏夫
■阪神優勝(11.2)

◆バブル経済の発生
 ・吉冨勝(経企庁出身エコノミスト)『日本経済の真実』(東洋経済新報社、1998)
 ⇒首都圏再開発
 ex)森ビル・アークヒルズ、恵比寿ガーデンプレイス、新丸の内ビル、六本木ヒルズ、お台場=「13号埋立地」
 ⇒膨大な不良債権→90年代の金融不安
 ※「バブル前に国土庁が間違ったシグナルを出した」
 ・柳沢伯夫『検証バブル-犯意なき過ち』(日本経済新聞社編、2000)
 ・日本=「万年中流国家」(意識上)⇒「生活保守主義」

高齢化社会を予測した1985年経済白書
 ex.)国民年金法改正(1985.4)⇒基礎年金(保険料月額6740円)
  ・2000年の高齢化率を16%に上昇すると予測(cf.実態は少子化現象で17.3%)
 ⇒公的年金や医療保険の給付が大幅に増加
 ※「少子化」という言葉がまだ存在しない
  →団塊ジュニアが出産可能年齢に達するから出生率は上昇との予測
 ※低成長、低金利、低出生率社会(1990年代~)は予測外
  →年金制度にとっては最悪の展開
  →国民年金保険料は月額13580円に(以後月額280円ずつ引き上げられる)2005.4~
  →今後の高齢時代には十分とは言えず

官→民移行開始
 ・「新電電」3社発足(1984)
 ①日本高速通信(トヨタ自動車中核)
 ②日本テレコム(国鉄=JR中心)
 ③第二電電(京セラ中核、1987~事業開始)
 ・電気通信制度改革三法案成立(1985.4)…通信自由化
 ⇒電電公社民営化→NTT→リクルート事件(1987)の導線
 ・「ショルダーフォン」(重量3キロ、大沢在昌『新宿鮫』第一作で重要な役割を果す)
 →「携帯電話」
 ・テレホンカード、国鉄のオレンジカードなどの多くのプリペードカード普及
 <その後>
 ・専売公社→JT(1985)
 ・国鉄→JR(1987)
 ・中央競馬会→JRA(1987)
 ・農協→JA(1992)
 ・日本交通公社→JTB(2001)

「ニューメディア」⇒「マルチメディア」⇒「IT」(情報技術)
 ・ファミリーコンピュータ(任天堂)…8ビットCPU利用の家庭用ゲーム機
 ・『スーパーマリオブラザーズ』(1985.9)…「キラーコンテンツ」
 ・パソコン通信登場
  ex.「株式会社エヌ・アイ・エフ」設立(富士通と日商岩井の均等出資+米コンピュサーブ社提携)1986.2
⇒ニフティの前身
 <現在>
 ・「グーグル検索
 ・「ウィキペディア
 ・「日系テレコン21
 ・「データベース世界と日本」(田中明彦東大教授)…政治外交文書

◆トレンド
・『DIME』(小学館、1986創刊)
・『日経トレンディ』(1987.11創刊)
「コンセプト」⇒「リサーチ」⇒「クリエイティビティ」⇒「トレンド」
∴「消費」の記号化
 ex)電通、博報堂、『広告批評』、『宣伝会議』、『ブレーン』、糸井重里

ex.西武百貨店コピー
 1980 じぶん、新発見
 1981 不思議、大好き
 1982 おいしい生活…消費の新局面、テレビCMにウッディ・アレン起用
 1983 おいしい生活
 1984 うれしいね、サッちゃん
 1985 情熱発電所
 1986 元禄ルネッサンス
 1987 じゃない
 1988 ほしいものが、ほしいわ…消費のイベント化、「自分探し」
 1989 より道主義だ
 1990 いいにおいがします
[ 2006/11/15 01:34 ] non-fiction | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。