スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

センセなんか、好きやない! 

先ほど、読了。大変愉快なコメディBL小説でした。
抱腹絶倒、登場人物全員がみんなネジが一つ吹っ飛んでいて、実に楽しい作品でした♪
文章もアップテンポで読みやすい矢城さん、BL的に王道な設定ではありましたが、
前作とは打って変わったスラップスティックコメディな作品、私好みなドタバタ喜劇でした。
無理やりなソレから始まる恋と言うのは、BL世界ではありがちなのですが(笑)、
この作品の主人公二人はシビアな裏設定にもめげず、コメディに徹してくれました。

二見書房シャレードレーベルのコメディBLを、私は殊に高く評価しておりますが、
小説としての起承転結の計算を、きちんとこなされている点が大好きなんだと思います。
(これは作家の実力もさることながら、編集の力量の大きさも伺える部分だと思われます)
↑は小説の基本として当たり前のコトなのでしょうが、残念ながらソレがちゃんとなされずに、
作者の萌えばかりが強調されて、読者が置いてけぼりを食らってしまう作品も世にはある訳で…。
(私の経験上そういう作品はBLにも多いし、一般文芸にも実は結構あります)

この作品は一見、ぶっ飛んだ設定の勢いだけの小説に思われるかもしれませんが、
伏線を無理なく散らし、きちんと回収しておりますし、何より読後感が大変よろしい。
ちゃんと小説構成を計算しており、読者を意識した作品なのが本当に好感触でございました。
私はこういうお話が大好きですし、BLの醍醐味の一つだと思っております。
更に、受けが関西弁なのも個人的に大好物です。
ご馳走様でした♪

ちなみに、ドタバタコメディ小説が許せない人はスルーした方が賢明です。
(そういう作風が嫌いな人は、基本的にシャレード作品を読まないとは思いますけどね)

<作品データ>
矢城米花センセなんか、好きやない!』(すがわら竜・画、二見書房シャレード文庫)2006.11
 ISBN4-576-06173-9
センセなんか、好きやない! センセなんか、好きやない!
矢城 米花 (2006/10/28)
二見書房
この商品の詳細を見る

[ 2006/10/28 12:54 ] novel BL | TB(1) | CM(1)
この作品、何が珍しいって受けが別の相手に攻めに転じている点が激レアです。
攻めと思っていた主人公が受けに回ってしまう作品は結構ありますが、逆は珍しい。
(リバという訳では無いのですが…)
更に、第3者に無理やりという状況下でも葛藤が殆ど感じられないのも、ある意味スゴイ!
いずれにせよ、私はこういう作風嫌いじゃないです(アホアホ系統なのかもですがw)
[ 2006/10/28 23:03 ] tatsuki [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/376-5b6b591a

la aqua vita センセなんか、好きやない!
[2013/04/22 14:27] sac louis vuitton
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。