スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

普通の恋、普通の男 

「あたし、朝起きて鏡の前で『俺って、普通だよな』とか言っちゃう男って大嫌いなんだよね」

↑は一昔前、私の親友だった気丈なS嬢が今にも泣きそうな顔で語った実話です。
電話越しではなくて会って話したいコトがあると言われて、地元の公園のベンチでポツリと。
彼女は黒のセーラー服、私は紺色のブレザーを着ていた大昔の話ですヨ。
何の話かと思ったら、彼女はその頃同じクラスのとある男子生徒に告白されたらしいんですな。
折しも学祭シーズンで、普段は一定の距離があるクラスの男女の間合いが狭まる時期、
彼女と彼は同じ班(?)か何かで、一緒に会話する時間が自然と増えていったみたいです。
とはいえ、彼女の方はあくまで友人程度のつもりで距離をとっていたはずらしく、
不意打ちの告白に驚くよりもまず、嫌悪感を覚えてしまったらしいんですな。
彼女の返事は、

「あたし、あなたを一生許さない」

という…あぁ…ブリザードのような言葉だった模様…。
(後日彼女と同窓の別の友人から聞いた話によると、本当に3年間彼とは一切口を利かなかったらしいです…)
私は、この幼馴染で親友の彼女のいかにもB型な気性を心得ておりましたから、
内心「うわぁ」と面識の無い彼にいささかの同情を覚えつつも、彼女の愚痴を聞いて慰めておりました。

ちょっと前置き長くてスイマセン。
つまり、このお話の普通って彼女の大嫌いな普通ってヤツなんだなと、ふと思い出したんです。
私の人生で、こんな漫画のようなエピソードは後にも先にもこれだけなんですけどね。

<作品データ>
榎田尤利普通の男』(宮本佳野・画、成美堂クリスタル文庫)2003.11
 ISBN4-415-08858-9
榎田尤利普通の恋』(宮本佳野・画、成美堂クリスタル文庫)2006.11
 ISBN4-415-08893-7
普通の恋 普通の恋
榎田 尤利 (2006/10)
成美堂出版
この商品の詳細を見る

長くなってしまったので、本編は↓へ。



この作品の感想は、自分の内面がポロっと出ちゃいそうでちょっとマズイ予感が…。
↑の余談は、そんな自分からの逃避に他なりません…かなりみっともないですね。

1作目の『普通の男』の方は、3年前の新刊発売時に買って読んでおりました。
が、全くといっていいくらい、ストーリー内容を覚えていない状況でして、
普通の恋』を読んでいくうちに思い出すだろうと高をくくっていましたが、
結局『普通の恋』を読んでも前作が思い出せず、旧作を再読するに至りました。

結論、『普通の恋』は私にとって蛇足以外の何物でもありませんでした…。
普通の男』を読み返す契機になったという意味では、意義ある作品だったと思いますが。
私個人としましては、この主人公二人(的場×花島)は『普通の男』で無事満了しているお話で、
その後を読みたいという希求が薄かったのだと思うのです。
(どうせ続くなら、幸輝×西岡のエピソードの方を読みたかったです)

てことで、以下は『普通の男』に焦点を絞ります。
この作品は、所謂BLという見地からは殆ど楽しめない作品だと思われます。
が、少なくとも私が求めている(かつて求めていた)タイプのBL小説でございました。
3年前に読んだ頃の記憶が欠落しているとはいえ、お気に入り書棚にあったコトから推測するに、
多分当時から、(大)好きな作品の一つだったのだと思われます。
今回読み返すと、紅一点の真砂さんにえらく感情移入してしまいました(年齢が…!)。
多分数年後に読み返したら花島に感情移入し、その数年後には的場に視点が移るんだろうなと、
何か自分でそういうのが見えてきてしまうお話でして、何て言ったらいいんでしょう、
自分の中で生涯愛していけるタイプの小説なんじゃないかと思う次第なのです。

作品設定が、自分のテリトリーと割と関わっている分余計にそう感じてしまうのかもと思う一方、
社会人になってしまった人々が、多かれ少なかれ共感できる普遍的テーマなのかも知れません。
私はこの話に感情移入し過ぎちゃって、ちょっとこの辺冷静な判断を下すことができません。

最近、大概のことは萌えで誤魔化してきちゃったけど、本当はそれだけじゃダメなんだと、
ちょっぴり現実に引き戻される小説でした。

榎田さんの代表作の魚住君シリーズにはまったのも、その頃私がまだ大学を諦め切れなかった時期だった、
そんな背景があったのかもと、今になって思い至りました。

[ 2006/10/22 21:30 ] novel BL | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/369-b2906a97

la aqua vita 普通の恋、普通の男
[2013/04/22 13:28] sac louis vuitton
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。