スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DEADLOCK 

個人的に大贔屓作家英田さんの新刊です、刑務所ネタです。
この小説を買うためだけに、どしゃぶりの雨の中池袋までお出かけしました。

ハリウッド映画のようなコテコテの展開で、大変楽しいBL小説でしたよー。
後書きを最初に読んでしまって、続き物と知りちょっと不安だったのですが、
限られた状況下にも関わらず、ちゃんとサービスシーンもあってホッとしました。
10巻過ぎてもコトに及ばない大人気シリーズを抱えるキャラレーベルですから、
この辺の事情については、つい一抹の不安を覚えてしまうのですね…。

どうも最近の私は、BL小説のサービスシーンを重要視する傾向にありますね。
やっぱり読者の一人として、BLジャンルにその種のサービスは肝要な要素だと思うのですよ。
無くても面白い作品が存在するのは確かな事実なんですが、現実的には大抵の場合、
そこがあるからBLレーベルに手を出しているのですよね、アハハハハハ。

閑話休題。
さて、肝心のストーリーはFBIとかCIAとか各種ギャングとかが目一杯登場していますので、
本当にベタベタでコテコテで良くも悪くもハリウッド映画的なのですが、
私はこういうエンターテイメントに徹した作風は大好物ですので、本当に楽しかったです。
主役カップルは、釣り橋効果が最大限に生かされて盛り上がっておりました(笑)。
唯一の不満があるとすれば、初っ端から犯人が見え見えな所でございましょうか?
ミステリー作品ではなく、あくまでBL作品ですのでこの辺は我慢できる範疇ですが。

あ!描写は比較的あっさりしてますが、強姦シーンがありますので苦手な方はご注意を。

<作品データ>
・英田サキ『DEADLOCK』(高階佑・画、徳間書店キャラ文庫)2006.9
 ISBN4-19-900408-4
DEADLOCK DEADLOCK
英田 サキ (2006/09/27)
徳間書店
この商品の詳細を見る



高階さんの挿絵は初めて拝見したのですが、カラーが美しくて素敵ですね。
キャラは口絵カラーが2枚用意されているので、お得な感じが致します。
ちなみに、白黒イラストの方はちょっと重い感じがしました。

英田さんは刑務所ネタの漫画として、『スケバン刑事』を挙げてましたが、
私なら、何よりもまず吉田秋生さんの『バナナフィッシュ』を挙げたいですね。
次点で、高口里純さんの『花のあすか組』の蘭塾(厳密には少年院)と、
田村由美さんの『BASARA』の網走刑務所でしょうか…。
映画なら『未来世紀ブラジル』の刑務所が印象的ですが、あの刑務所じゃお相手が…。
[ 2006/09/26 22:43 ] novel BL | TB(2) | CM(3)
こんばんは&はじめまして。コメント&TBありがとうございます。
この作品は、本当に様々なブログレビューを読ませていただいたのですが、
はーこさんのバナナフィッシュに反応して、すかさずTB送ってしまいました。
でも、よくよく考えたらバナナフィッシュで刑務所内の話って、せいぜい3巻くらいでしたよね。
私は同作品の特に序盤が大好きでしたので、強く印象に残っているのかもしれません。
(吉田秋生さんは、昔の少年漫画っぽい雰囲気の絵の方が好きなんですよね…)

「未来世紀ブラジル」は、マニアックでしたか…し、失敗だったしら。
(昔、↑のテリー・ギリアム監督の映画作品が大好きだったんですよね)
この作品の刑務所は管理社会のメタファーなので、刑務所ネタというのとは違いますしね。
割と多くの方が挙げていらっしゃる、「ショーシャンク…」は観てないのですよ。
実家にビデオが残っていると思うのですが、結局観ずじまいで家を出てしまいました。
でも、この映画に反応して頂けて本当に嬉しいです♪
私は今こそ全然映画を鑑賞しておりませんが、一昔前は映画漬け人生だったモノで。

最後に改めて、遊びに来て頂いてありがとうございました。
私も又、遊びに行かせて頂きますね♪
[ 2006/10/12 19:15 ] tatsuki [ 編集 ]
こんばんは、はじめまして、はーこと申します。
先日はTBしていただき、ありがとうございます。
こちらもTBさせてもらいたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

ところで、私も刑務所マンガといえば「BANANA FISH」が浮かびました。
別に、あの作品って、刑務所がメインだったわけではないのに…。
だけど、映画で「未来世紀ブラジル」をあげられるとは!!
あんなマイナーな(失礼…)な映画の名前が出るとは思わなかったので、驚きました。
[ 2006/10/11 23:35 ] はーこ [ 編集 ]
電話でサイン会の予約しました。
整理券は先着購入順と聞いていたので、搬入日は前倒しになるのかしつこく聞いてしまいました…。
(※書籍の搬入は、都内だと伝票日付の1~2日前の午後の可能性が大きいのです)
結果的には、商品を予約した時点で整理券は確保できている模様。
必死で急いで買わなくても良いと聞き、本当に安心しました。
J堂さんってサイン会とかトークイベントの宣伝を大きくやっている割に、
行きたいイベントに限って、「満数締め切りです」との冷たいコメント何度ももらっているので…。
最大の懸念事項は、サイン会当日に無事仕事が休めるかどうかなんですが…。
[ 2006/09/27 22:30 ] tatsuki [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/343-77f276bb

(↓はスルー推奨の愚痴…作品の内容とは一切無関係です)ここ3日ほど某T間書店に呪詛電波を送っていたら、本日見事に携帯電話を電車に忘れました…。まさに、人(?)を呪わば穴二つ、以後肝に銘じます、兎も角もこの作品読めた
[2007/03/02 20:41] la aqua vita
今月2冊目の英田サキさんの新刊です。来月末にはいよいよ『エス』の最終巻も出ますね。最近、精力的にお仕事されてますね。DEADLOCK英田 サキ, 高階 佑【あらすじ】同僚殺しの冤罪で、刑務所に収監された麻薬捜査官のユウト。監獄から出る手段はただひとつ、潜伏中のテロリ
[2006/10/11 23:37] こんな本よみました…
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。