スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小説びーぼーい 

今月の小説ビーボーイは、私にしては完読率高いです。
(作品の)出来が良かったというよりも、読み易い作品が多かった印象。
このクォリティを保てそうなら、毎月購入してみても良い様な気がしました。

以下、作品雑感(読んだ順です)。

・玉木ゆら『Coffee Suger』(ヤマダサクラコ・画)
 今までの作風のイメージをがらっと変えて、ハードボイルド風味な一品でした。
 うーん、同人誌なら有りなストーリーでしたが、商業だと微妙かも…。
 お話にメリハリが無くて、期待していたせいか正直がっかりしてます。
 サービスシーンも淡白過ぎですね…どちらかと言えば好きなタイプの設定だったのですが、
 全てにおいて、味の薄い曖昧な印象の作品でした。
 どうでもいいことなんでしょうが、髭を一度も剃らない主人公にも違和感が…。

・夜光花『わがままな唇』(サクラサクヤ・画)
 実に直球にスタンダードなBL小説でした。
 意外性も無ければオチも無い感じですが、ま、割と楽しかったです。
 展開の早いこと、早いこと。
 雑誌掲載だと、枚数が少ない所為だからなんでしょうかね?
 某国のスプラッシュマウンテンに乗った感覚に近い小説とも言えましょうか。
 個人的嗜好を言えば、もう少し攻めが意地悪な方が萌えるんですけどね。

・榎田尤利『吸血鬼には向いている職業』(佐々木久美子・画)
 当初、女装ネタで吸血鬼ネタだったのでスルーするつもりだったのですが、
 スプラッシュマウンテンで勢いがついてしまった為、ダダッと連読。
 ↑がスタンダードならこちらは色物BLですかね。
 締りのいいキレのある文章は相変わらず健在、苦手ジャンルでも読ませてくれるのは流石です。
 ただ、榎田さんは吸血鬼ネタも出版社ネタも以前から書いていらっしゃるので、
 ファンとしては以前の資料(ネタ)を再活用していることが少し残念な気も…。
 とにかく巧いんですから、出来れば新しい土俵で勝負して欲しかったかなあ。
 作品としては、この話全編致命的にが無いです。
 サービスシーンはあるのですがね、しかも珍しく中出(以下自粛)。
 あと、オタクな主人公は口煩いだけで全く萌えないですね…。
 前者はノベルス化の際に多少補填されると思うので、とりあえずはノベルス版に期待かなあ。
 何だかんだでリブレの営業戦略に引っ掛かっている気がする今日この頃です。
 (しかも、8月の榎田さんの新刊まで買ってしまいました…正にカモ)

て、結局3作だけですね…今のところ。
SASRAは読もうかどうか迷い中…ノベルス版を待ってみたい気もします。
いつ仕事をしているのか分からないBL企業とか、一族全員受けの呪い(?)を被る没落貴族でしたら、
迷わずスルーするつもりだったのですが…。
(あと、主人公が浮浪者とかシャブ中っていうのもシンドイのでスルーです)
意外にもアラブならぬエジプトの歴史ファンタジーぽい設定でしたので、ちと気になっております。
ちなみに、私の場合Unit Vanillaの面子で全く未読なのは岩本さんのみ。
他の3方も、それほど作品数を読んではおりません。
(一番多く読んでいるのは、和泉さんかと思います)


<作品データ>
・「小説ビーボーイ」2006年10月号(リブレ出版)

[ 2006/09/16 20:10 ] magazine&anthorogy 感想 | TB(0) | CM(1)
・Unit Vanilla『SASRA』(円陣闇丸・画)

遅ればせながら、ただいま読了。
プロローグだけで、このお話の展開も今後の流れも見当つきましたが、
怖いくらい想像通りで、意外性は皆無なお話でしたわ。
なかなか楽しい作品ですが、受けのセシェンが好みじゃないんですよねぇ。
個人的にはティティが罪を償って、幸せになれるといいなと思っておりますが、
あくまで狂言回しにしか使われない子かもしれません。

作品の流れとしては、輪廻転生で愛がすれ違ったり満たされていく展開なんでしょう。
キーワードは「鷹」。
どんな姿に変わっても…と言う割には、今後も良い男同士の関係にテーマは集中していくんでしょうな。
小説ビーボーイだし(笑)、最終的に畜生同士で結ばれるとかだったら面白いと思うのですが、
一般的な嗜好ではないでしょうから、それは無いと思われます。
(↑的展開が期待できるとしたら木原さんでしょうかね)

次は中世とか。
何だかんだで続きが結構楽しみだったりします。
もっと言えば、バックナンバーのプロローグ編も読みたい感じです。

んで、今回の担当執筆者は和泉桂さんじゃないかと一応予測してみます。
「旨かった」とか言ってますし…ま、ブラフかもしれませんけどね。
あ、これは予測外れても責めないで下さいね。
私はユニットヴァニラの面々の作品をそれ程読みこなしている訳じゃないんで。
榎田尤利さんとか松岡なつきさんとかでしたら、特徴がはっきりしているので分かる自信あるのですが…。
[ 2006/09/28 22:37 ] tatsuki [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。