スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夢を見るヒマもない 

何だかコミックスの感想を書くのは久しぶりですね…。
いつも、漫画は常人の2倍以上は読んでいるのですけどね(多分)、
あえて感想書くほど集中して読んでいる作品が少ないのです。
なので、感想アップ率が他ジャンルよりも圧倒的に低かったり。

さてさて、山田ユギさんの新刊コミックでございます。
実はユギさんのコミック買うのも5年ぶりくらいかも…文字通り久々です。
BLはまりたての頃の大贔屓作家さんの一人だったのですけどね…最近は本当にご無沙汰でした。
(ユギさんの作品数自体、往年に比べて減っているというのも理由の一つですが)
実は、この作品はシャレード本誌で殆ど読んでいたシリーズなのですが、
雑誌掲載時は、それ程印象に残る面白い作品では無いように思っていたのです。
が、1冊のコミックで読むとやっぱりユギさんらしい面白い漫画でしたわ。
雑誌のショート連載だと、ストーリーの時系列等が分かりにくくて作品の印象が曖昧になる模様。
私が忘れっぽい人間なのが、余計に災いしているのでしょうが…。

最後のオチが、やっぱり素敵だったなあ…。
本当に大切なコトって、ある日ポロっと見えてくるモノなんでしょうね。
まあ、今まで目に入らなかった大事なコトが、ちゃんと見えるようになるってコトなんでしょうが。
ユギさんの作品の一連の魅力って、要するにこういうトコロなんですよ。
多くのBL作品のように、カップルの成就が作品のテーマではないのですよね。
むしろ、それを通して主人公が新しい境地に立つというか一皮向ける点に物語の焦点があります。
そういう青臭いテーマを、軽妙にコメディタッチで処理するところがユギさんの最大の魅力かと。

何だかんだで、やっぱり私にとっては間も変わらず大好きなBL漫画家さんの一人でしたわ。
ただ、キャラクターの見た目がどの作品も同じなので続けて読むと飽きがくるのですよねえ。
この点が、唯一のネックなのです。

<作品データ>
・山田ユギ『夢を見るヒマもない』(二見書房シャレードコミックス)  ISBN4-576-06140-2
夢を見るヒマもない 夢を見るヒマもない
山田 ユギ (2006/08/28)
二見書房
この商品の詳細を見る




余談ですが、脇役(当て馬)の森下さんがかなり濃いキャラしております。
一般的なメガネ萌え属性(受)をお持ちの方にはむしろ地雷なキャラクターかも。
ご注意を。

[ 2006/08/29 23:03 ] comic BL | TB(0) | CM(1)
てか、これとメゾン・ド・ペンギンの感想しか無いし…。
コミックの感想はブログアップ率低すぎです、反省中。

でも、8月は通常の30%くらいしかコミックス買ってないですね。
そのかわり、同人誌に…。

[ 2006/09/12 19:29 ] tatsuki [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。