スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏陰 

ずーっと気になっていた小説を、ようやく購入に踏み切りました。
水原とほるさんは、二度目ですね。
レーベルがピアスだったのが災いして、なかなか買う勇気が…。
しかもいざ買おうと思って(比較的)大型書店狙ったものの、
何処もピアスノベルスの既刊って置いてないのですよね、びっくり。
この小説は某J堂で入手しましたが、そちらも続編の方は売り切れだった模様。
続編のほうは、久々にネットで入手しようかな。

さて、本編を。
夏はこういう痛くて厳しいのが無性に読みたくなるらしいです、私。
期待通りの手酷いシーンばかりで、身体の方がゾクゾクしてきました。
感覚としては、エロを読んだというよりホラーを読む体感に近いです。
(あ、内容はホラーではないですよ!)
BLという、甘ったるい雰囲気を含んだ単語からは程遠い印象のBL作品です。
(性)暴力シーンが大半を占めるため、ある程度の覚悟が無いとしんどいと思います。
私は、こういう作品大好きですけどね。

主人公が最後の最後まで抵抗する処が、また好印象です(落ちるのはラスト1ページ)。
一見儚げに見えて、実はかなりの強気で強情な美人受けさんでした。
お相手は某所の専門用語で言う所の所謂DQN攻めに当たるのでしょうが、
心のキレ具合がそんじょそこらの攻めとは全然違います。
(職業はヤクザ…私が読むBLってヤクザ率高いね、いい加減自覚しました)
甘い雰囲気皆無で、常時ピリピリした緊張感をはらむ実に私好みの作品でした。

もっと早く読んでおけば良かったです…。

<作品データ>
・水原とほる『夏陰』(高緒拾・画、マガジンマガジンピアスノベルス)
  ISBN4-914967-35-9
夏陰―Cain 夏陰―Cain
水原 とほる (2003/04)
マガジンマガジン
この商品の詳細を見る



[ 2006/08/08 15:09 ] novel BL | TB(1) | CM(3)
こんな古い記事にまで、コメントありがとうございます♪
私は非BLジャンルでも暴力シーンが1対1の場合は割と平気らしく、
この作品は受けの精神的抵抗も半端じゃなかったので、お気に入りみたいです。
あくまで水原さんの場合、物理的に記号的な(性)暴力シーンなので、
写実的というよりは、隠喩的に使われているのが楽しく思える理由なのかも…。

逆に木原さんは生理的にシンドイモノを赤裸々に描く作家さんなので、
へたれな私は、テーマによっては全く受け付けられなくなります(苦笑)。
特に、カニバリズムは一番の地雷…記号として脳が処理できない…。

そういえば、『夜夜の月』はお読みになられました?
こちらはこのシリーズと比較すると甘めですが、私はこの作品も大好きですv
オススメですよー。
[ 2007/03/16 21:46 ] tatsuki [ 編集 ]
こちらにも失礼します!

>期待通りの手酷いシーンばかりで、身体の方がゾクゾクしてきました。

tatsukiさん、尊敬です。私は思っていた以上にやられました○| ̄|_
でもこの1年で今まで以上にBL本を貪るように読んで、やっぱりここまで本気で容赦ない攻めまくる攻め様はこの方が1番ではないかなと。
読むのはつらかったですが、やっぱり水原さんの攻めはこれぐらいあって欲しい気持ちがあります。

受けも流されず、異様な状況でもちゃんと立ち向かってる様がよかったです。
[ 2007/03/16 01:16 ] miku [ 編集 ]
8月どころか、今年読んだ最優秀作品候補ですわ。
[ 2006/09/12 19:24 ] tatsuki [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://joekey.blog23.fc2.com/tb.php/294-e4ba0641

la aqua vita 夏陰
[2013/04/22 14:28] scarpe hogan
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。