スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

G線上の猫Ⅱ 

先程、拝聴させて頂きました。
いきなりⅡです(Ⅰは未聴)、いろいろCD物色しようと思ったのですが、
結局CDコーナーに長居出来ず、(多分)新譜で目に止まったこの作品を購入しました。

何よりもフリートークが一番楽しかったです(笑)。
森川智之さん檜山修之さんにいじられまくりの平川大輔さん、
上記先輩2人をヨイショしようと思ったら逆にやり込められそうだった神谷さん。
二人が本編よりもずっと可愛かったですなあ。

原作も連載終了しておりませんので、ストーリーには深く立ち入らないでおこうと思います。
未完でサービスシーンはあっさり目ですので、それだけは注意してくださいませ。
(サービスシーンは、森川×神谷<黒>)

↓拙いながらキャストの初感をば(長くなったので下に)。

<作品データ>
・『G線上の猫Ⅱ』(インターコミュニケーションズ、INCD-2158)
  キャスト:神谷浩史、檜山修之、森川智之、平川大輔、他。
G線上の猫 G線上の猫
(2005/10/30)
インディペンデントレーベル
この商品の詳細を見る




◆神谷浩史(成川理也)
 2重人格設定ですので、一人二役のような役どころでしょうか。
 黒猫バージョンはイメージどおりで大変良かったのです、◎可愛い。
 白猫バージョンは、声質ではなくてしゃべり方がいささか違う印象。
 もっとキョドった感じというか、もっとオドオドしたイメージなんですよ。
 神谷さんの演技はお人形っぽさは伝わるのですが、可愛げがちょっと足りないような…

◆檜山修之(香坂遥人)
 尊大な印象の高校生で、理也の先輩役。
 漫画原作の方が当て馬指数高いです…CD版はちょっと誤魔化して、
 三角関係(四角かも…)を引き立たせるキャスト&構成に思えます。
 演技については特に私からは何も申しません(申せません)。
 アレはアレで多分良いと思います…うん。

◆森川智之(池田篤志)
 森川さんって愛称がものすごいのでよっぽどな男前声かと思ってたのですが、
 へたれ属性キャラでも全然違和感無い方ですのね。
 さすがの貫禄です、他の役も是非是非聞いてみたいです。

◆平川大輔(成川佐紀)
 原作は話の聞かない王子様タイプだったと記憶しているのですが…
 平川さんの演技は、随分オカマっぽくなっていたのでびっくりしました。
 あんなしゃべり方だったかなあ…うーん、うーん…ま、いいや。
 この役はシンデレラで言うところの馬車を提供してくれる魔女に当たると思いますが、
 確かに今回だけじゃ何の為に登場したのか分かりずらいかもなあ。
 次回作に期待しときます。

どうでもいいけど、女性徒役の方が台詞棒読みなのが一番気になったなあ…。
[ 2006/07/08 23:13 ] CD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。