スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホテル・ラヴィアンローズ -赤- 

今月頭辺りから、故あって小説読めない病に罹っておりまして…。
リハビリも兼ねて、高遠琉加さんの新作読みました。

この作品は今後もオムニバスシリーズになっていくんでしょうかね。
ホテル・ラヴィアンローズを舞台に繰り広げられるBLラブロマンス…は言いすぎですな。
むしろテーマは感傷とか思い出とかそんな印象です…ラブはテーマとしては二の次っぽいです。
ずっとシリアス展開だった前作も読んでおりますが、今回のお話の方が好みですね。
今回もシリアスといえばシリアスですが、前作よりは余裕というかユーモアのあるお話になっております。
明るい場所へ連れ出してくれる王子様は、何だかんだでやっぱり素敵だなあと思いました。
今は療養中の身故、こういう小話は本当に心が癒されるのでありがたいです。

どんなに辛い過去だって、月日が経てば大抵消化出来ちゃうものなんですよね。
私がオプティミストで忘れっぽいから余計にそう思うのでしょうかね…。

<作品データ>
・高遠琉加『ホテル・ラヴィアンローズ -赤-』(北上れん・画、リブレ出版「小説b-Boy」2006年7月号より)





北上れんさんも薄味の印象の画風ですので、挿絵向きかも。
カラーよりもモノクロイラストの方が好印象でした。
[ 2006/06/17 20:18 ] magazine&anthorogy 感想 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。