スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2012年のまとめ 

明けましておめでとうございます。
今年も何卒よろしくお願い致します(ペコリ)。

こちらにロクに出没しないくせに、せめて新年だけはご挨拶をとか。

えーと、2012年のマイベスト。
【小説】砂原糖子さんの恋惑星
【漫画】秀良子さんの宇田川町(女装男子)

今年はBLの読了数が本当に少ないので、トップのみ。
今ざっくり↓を読んでみたけれど、恋惑星がそもそも記録に無くて……。
たまに記録の抜け落ちがある自覚はあったのですが、まさかマイベストが。
ブログに感想認めようと思って、読メからあえて感想書かなかった本もちらほら。
あわわわ。

それでは、これから北国へ飛び立ちます。

↓は昨年さぼりにさぼった読メの年間まとめです。
件数が流石に多いので、画像は切りました。
リンクのみ。




2012年の読書メーター
読んだ本の数:231冊
読んだページ数:33706ページ
ナイス:598ナイス
感想・レビュー:138件
月間平均冊数:19.3冊
月間平均ページ:2809ページ

■ここにいようよ (プラチナ文庫)
新年初読本。可愛い話でしたが…それだけだったような……。懐かしい日本の風景に対するノスタルジーを覚える反面、家族の絆の理想的顛末はどこか建築/生保業界が提示するTVCMのようなデキスギ感があって私の心にあまり響かなかったです。
読了日:1月5日 著者:神楽 日夏
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15578943

■やじきた学園道中記 15 (秋田文庫 26-31)
オールスターキャストが嬉しい赤目編♪狭霧が可愛くて仕方ない~♪
読了日:1月6日 著者:市東 亮子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15604949

■龍盤七朝 DRAGONBUSTER 〈02〉 (電撃文庫)
恒例らしい残虐なプロローグより、月華に対する涼狐の言葉が残酷なのである。でも、虎を身中に飼い慣らした彼女がいつか龍を屈服させる日を夢想することを諦めきれない。さながら、群狗のように。にしても、やっと彼がその身に宿している筈の龍の片鱗が垣間見れて大満足です。早く続きが読みたいな。
読了日:1月7日 著者:秋山 瑞人
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15619782

■犬とつばめ
石田衣良さんの『美しい子供』を思い出した。何となく。案ずるより産むが易しが世の理とはいえ、その過程はしんどいし一歩踏み出すには時間と勇気が必要なのである。等身大の高校生達の大人未満故にもがく姿に心引き寄せられる。新年早々、素晴らしいBLに出会えて喜びもひとしおである。しかし、特製袋は保管に困るので失敗。素直に通常版買えば良かった。
読了日:1月8日 著者:雨隠ギド
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15633118

■旦那が何を言っているかわからない件
妄想乙…としかwwいや、面白かったですけどねwwww
読了日:1月8日 著者:クール教信者
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15656802

■まんが親 1 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
やっと重版。瓦礫の中から発掘した自著にサインするシーンでうっかり泣いてしまった。
読了日:1月10日 著者:吉田 戦車
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15696533

■昭和元禄落語心中(2) (KCx(ITAN))
読了日:1月11日 著者:雲田 はるこ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063805549

■神に弄ばれた恋 ~Andalucia~ (ルナノベルズ)
えれなさん分特濃。一途で純粋だったけれど終始一貫して正気の人には見えなかったアベル@受けさんには一切感情移入できず。逆に、サタナスは名前負けするくらいクールで真っ当なヘタレ攻めだったと思う。BLというより、マタドールの美しさを堪能する闘牛小説だったと思う。老いも若きも濃厚なキャラばかりだったために、颯爽と登場してきたロサリオ@異邦人兼ライバルの存在が心地よかった。
読了日:1月14日 著者:華藤 えれな
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/15771358

■黒衣の税理士2 (二見書房 シャレード文庫)
ワーカホリックな職業BLといえば、やはりシャレードさん。今回も笑いあり、涙あり、エロもありのバランスの良い三拍子で大満足です。加賀美の左手に欲情する玲司がフェティッシュでエロティックだった。彼が最後に見た夢はロマンチックだし。しかも、このシリーズはもう少し続きそうで嬉しい。早くも今年のマイベスト最有力候補。
読了日:1月25日 著者:海野 幸
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16032506

■動物エッセイ・アンソロジー ウチのコがいちばん! (キャラコミックススペシャル)
みんなめんこい!!でも、高久先生とドテチンの対峙する関係が一番笑ってしまいます。アナザーサイドストーリーも知っているから余計にwwww
読了日:1月26日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16055649

■パラスティック・ソウル ~はじまりの章~
直訳すると寄生的な魂ですか。ピュアな魂を極めた存在や関係はこの上なく美しいが、彼(ら)が生きる汚辱と欺瞞に満ちた世界という土台の醜悪さが際立つという皮肉。見たくないものが、剥き出しのまま見えすぎちゃうのは木原さんの手腕か。平均的に生きるということが許されないこの環境は割と好き。されど、やはり物語としては何処か優しいんだと思う。私にしては珍しく、文句無しにお気に入りの木原作品であった。後編が待ち遠しい。
読了日:1月30日 著者:木原 音瀬
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16164531

■破滅の恋-MeuAmor- (クロスノベルス)
良かった!凄く良かった!!最初は変則的なマイフェアボーイものかと思って読み進めましたが、むしろBL版あしながおじさんですね。惹かれたのはヒロインの文才ではなく歌唱力なんですが。パトロンに恋したのはあくまでヒロイン/受けである、という主体的なラブストーリーだったのが勝因かと。レイナルドはあくまで脇役の一人なのだ(笑)。情景描写とトリップシーンも冴えてます。そして、ブルーノがまた良かったなあ。ハリウッド映画に出てきそうな憎めない敵役として、本当に魅力的でした。大満足。
読了日:1月31日 著者:華藤 えれな
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16199683

■ラテンアメリカ十大小説 (岩波新書)
読了日:1月31日 著者:木村 榮一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4004312965

■民法改正を考える (岩波新書)
比較法は興味深かったが、民法改正の手続き~理念などはどうしても興味が持てないままに読了。法学用語は仏語翻訳がベースになっているのかな?扱うテーマが“民”法だったからかな。
読了日:2月9日 著者:大村 敦志
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16451145

■人間の一番無防備な部分 (ビーボーイコミックス)
読了日:2月14日 著者:舟斎 文子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4799710796

■ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)
個人的な興味関心が原始キリスト教にあるせいか、私はむしろ三章が蛇足(プロ倫のお復習)に感じた。一神教の前提として異教徒/反対者/サタン?が存在しないことには、その正統性を証明できないという逆説は目から鱗だった。ところで、橋爪さんの語るネイションに註釈が欲しい。ナショナリティでもステイツでもなくネイションなの?じゃ、王権伸長とは別の道を歩んだかに見える帝国のキリスト教は何だったんだろう?そして、日本人との関係で言えば宗教弾圧の手段として執拗に“転向”を好むように見える日本人メンタリティに触れて欲しかったかな
読了日:2月24日 著者:橋爪 大三郎,大澤 真幸
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16873810

■こいのうた (ガッシュ文庫)
タイトルはコーリング・ユーで良かったんじゃないのかなあ。君を呼ぶ為に歌い続けて呼ばれて来たのはお前かよ!みたいな話。高遠作品はAパートとBパートでガラッと作品のテンションやテーマが変わるのも相変わらず。亡霊(幽霊)がメガネなのもお約束ですなwwちょっと原点に立ち返るようなお話だったかなあ?年下攻め視点でしか描くことができないタイプの恋愛小説だったと思う。
読了日:2月25日 著者:高遠 琉加
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16907835

■セカンド・ラブ (ガッシュ文庫)
萌えて萌えて萌えて布団の中でゴロンゴロンしながら堪能しました。犬も食わない痴話喧嘩の様子を、どこぞの家政婦探偵よろしく垣間見る楽しさったらないよね。大満足です。永遠に受けに振り回される料理得意なオレサマ攻めの魅力の圧勝。浮田君も新見君も良い性格していてこれまた楽しい。日常系(ラブ)コメディはかくあるべし!ゴチでした。
読了日:2月28日 著者:可南 さらさ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16977654

■世界のすべてをいつかきみに (ガッシュ文庫)
タイトル&あらすじ買い。きっと内容はタイトルに“負ける”だろうと思っていたけど、全然そんなことなかった!内容もちゃんと良かった。世界を君に捧げる話。社会的人間として成長していく受け(浅葱)の姿のめんこいこと。攻め(入江)は若干大人しくて、ちょっともったいない。濡れ場が話しにそぐわなくて残念だったけど、それ以外は本当に満足♪
読了日:2月29日 著者:鈴本 ちさ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16999182

■イベリコ豚と恋と椿。 (GUSH COMICS)
SHOOWAさん大好き♪痒いところに手が届くエロでしたww入江と椿はリバってくれても良いくらいwwww
読了日:2月29日 著者:SHOOWA
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17005786

■ニッケルオデオン 赤 (IKKI COMIX)
音に聞くたった8PのBLの為に買った我が人生に悔いなし!!二人のキスシーンの可愛いこと。BLと切断(+最結合)の話が特に好き。これはステキな良いショート漫画。
読了日:3月1日 著者:道満 晴明
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17048355

■パパ’sアサシン。~龍之介は飛んでゆく。~ (ミリオンコミックス Hertz Series 118)
とりあえず、殆どギャグ。
読了日:3月2日 著者:SHOOWA
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17054434

■アイスクリン強し (講談社文庫)
微SとドSコンビ。スイーツ波状攻撃に苦しめられる…。
読了日:3月3日 著者:畠中 恵
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17078441

■ヨルムンガンド 9 (サンデーGXコミックス)
読了日:3月3日 著者:高橋 慶太郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091572588

■ヨルムンガンド 10 (サンデーGXコミックス)
読了日:3月3日 著者:高橋 慶太郎
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091572979

■Newspaper Row[ニュース゛ヘ゜ーハ゜ーロウ] (ドルチェノベルズ)
一個だけ。洗礼者ヨハネは“予言”者じゃなくて“預言”者だと思うです。ラノベミステリーとして非常に楽しかったけれど、BLでは無かったよね…分かっていたことだけどさ(笑)。
読了日:3月4日 著者:柏枝 真郷
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17132837

■Citron VOL.13
ねこっけトリビュートとジニアさんの為に買って、まあ草間さんは相変わらず面白かったから良いんだけど、全体的にはどうもこのアンソロジーはイマイチなんだなあ。うーん。センスも絵も合わない…のが多い。
読了日:3月6日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17174824

■アルオスメンテ(1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
読了日:3月6日 著者:あき
http://book.akahoshitakuya.com/b/4758055874

■アルオスメンテ 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
双子のターン。秩序は必ずしも正義ではない。そして、間違わないことで得られる“真実”もまたしかりなのでしょう。
読了日:3月6日 著者:あき
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17183189

■黒衣の皇子に囚われて【キャラ文庫】
沈黙は金、雄弁は銀の故事にならうなら、この話は銀以上になりようがない。皇子、喋りすぎ。設定、盛り込みすぎ。そして、巻き込まれ型主人公は一向に本筋に絡めない…。しかも、調教プレイは話の腰を折るばかりで正直邪魔だった。いっそ、イスハークメインで彼の本命に振られ裏切られ転落していく人生を追っていった方が面白かったような。とはいえ、えれなさんが構想したファラージュという王国の政変の顛末は非常に興味深かった。面白いといえば、面白いのだ。
読了日:3月7日 著者:華藤えれな
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17195625

■唇で壊される。 (SHYノベルス)
紅緒さんのひんやりした真水のような文章は美しくて少し甘い。しかし、この話はオチがBL的着地点から少し横にずれた気がする。二人の関係はやっとスタートライン。いけずな攻めにうまいことはぐらされた感じ。
読了日:3月7日 著者:橘 紅緒
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17207741

■おまえにUターン (ディアプラス文庫)
海千山千のオヤジ共に美味しいところ全部もってかれてる気がする。ジュニア世代の君達が対抗するなら、いちゃらぶだけでなく戦略的にリバも実践してくれないと!いや、しかしお仕事BLは楽しいなー。贔屓の印東さんのイラストも目の保養~♪
読了日:3月8日 著者:いつき 朔夜
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17219861

■ヤクザな神さま (SHYノベルス280)
タイトル買い+設定買い+イラスト買い+作家買い(笑)。いやもう何と言うか…きな臭い設定の割に可愛い二人の話で萌えた萌えた♪この作品に限らないけど、李丘さんの小説は続編読みたくなるものばかりで困ります。……続き無いかな?
読了日:3月9日 著者:李丘 那岐
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17269414

■罪に眠る恋 (ビーボーイノベルズ)
大好き。何度読み返しても切なくてグズグズになる。剣道BLの嚆矢。不滅の傑作だと思ってる。コタちゃん可愛い。
読了日:3月10日 著者:李丘 那岐
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17274066

■夜明けの声は甘く (ビーボーイノベルズ)
これもね、願わくは続きが読みたいの。あるいはイサクさんのコミカライズで読みたい。フドーズのポーズを決める4人のシーンが好きで好きでしょうがないww
読了日:3月10日 著者:李丘 那岐
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17285611

■妄想奇行~Adolescence Avatar (電撃コミックス)
さしずめ、厨二病幻魔大戦かなwwTS幼女キャラを男風呂に突っ込む辺りが森山さんらしいと思うwwww萌えた!
読了日:3月11日 著者:森山 大輔
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17329194

■ハングリータイガー (スーパービーボーイコミックス)
料理得意のオレサマ攻め。安心の俺萌え仕様ww
読了日:3月11日 著者:CJMichalski
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17329335

■ヒナまつり 1 (ビームコミックス)
読了日:3月12日 著者:大武 政夫
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047273813

■ヒナまつり 2 (ビームコミックス)
読了日:3月12日 著者:大武政夫
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047276294

■恋愛☆コンプレックス (ディアプラス文庫)
非の打ち所のない良い男で良い人が、必ずしも良い攻めではないことを思い知らされる。長谷川玲央。君は人生においてもっと徹底的な挫折を知ってから、愛だの恋だの大好きだの歯の浮くような台詞を並べ立てるがいい。現時点では細野のような糞虫キャラのが面白いや…。太陽のような年下ワンコ攻めに対する己の狭量さの醜いこと…。
読了日:3月12日 著者:月村 奎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17338239

■空の蒼 (B‐PRINCE文庫)
今日の延長の“明日”すら微妙ないつも低空飛行のギンちゃんと、彼が望めば月まで飛んでいきそうな天真爛漫ちーちゃんの下町青春ラブ?攻めによって、ギンちゃんの生活空間がどんどんどんどん拡張していくのだ。そんな二人のささやかな日常エピソードの積み重ねが愛しい。これは今年のマイベスト有力候補だ。ケチをつけると、作中で使われているサナトリウム文学的素材の多くがややあざとい(笑)。とまれ、人物描写が丁寧なのでそれだけでホクホクしながらストーリーを楽しめる。オススメ。
読了日:3月13日 著者:野原滋
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17376096

■アイスクリン強し (KCデラックス)
第一話は小説を忠実に再現しようとしているせいか、少し硬い。段々、ジニアさんらしい余裕が出てきているよう感じる。小説よりもキャラがストレートなので馴染みやすいと思う。
読了日:3月13日 著者:宇野 ジニア
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17376405

■エア彼(1) (BE LOVE KC)
読了日:3月13日 著者:大久保ヒロミ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063803406

■熱情の契約 (新書館ディアプラス文庫)
階級、宗教、道徳、法律…20世紀初頭の英国社会の掟を前に雁字搦めになって、“誠実な愛”だけでは世渡りできない二人のいかにも英国人気質なグルグルが見事です。そんな自縄自縛に陥る二人の傍らで、ただエピキュリアンとして気まぐれに生きる小悪党ティムが最後の最後まで魅力的。うっかり二人のポジションを食いそうな勢いだった。大好きな墓までBLの一本。
読了日:3月15日 著者:真瀬 もと
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17407894

■ファントムレター (幻冬舎ルチル文庫)
人(治)の心に響く“手紙”と不特定多数の読者の心に響く“物語”を紡ぐ著者(砂原さん)が、完全に入れ子構造になっていて本気で敵わないなと思ってしまう。だから、私はこの話を砂原さんが読者(私)に宛てた優しいラブレターのように錯覚してしまうのだ。真頼と田倉の人生の軌跡を、絶対的に肯定する存在として描かれる治と双葉の対比も見事。しかし、二人の窮地は攻めの“ヘタレ”さ加減に起因しているように見えるので、真頼贔屓の私はどうしても田倉をドツキたくなる。それすらも著者の手の内で踊らされているんだろう。うん、完敗。大好き♪
読了日:3月16日 著者:砂原 糖子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17432099

■アナグルモール 1 (少年サンデーコミックス)
一巻ではタイトルの意味が判明せず。うえきの頃に比べると絵が可愛くおしゃれになったなー
読了日:3月16日 著者:福地 翼
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17451247

■魔法青年西田くん (F-BOOK comics)
内容を深く吟味した上で購入ケテーイ。我ながらどうかしてるww誰向けの作品なのか全く想定不可能。私向けではあるのだけど。コロコロ的意味であきれるくらい下品なのに、BL的には何もはじまっていないという。ちんつぶを更に大和田さん的なギャグに特化した感じかな。心に潤いが欲しい方にお勧めです。
読了日:3月16日 著者:三鷹 圭
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17451429

■追いし、恋し (講談社X文庫―ホワイトハート)
変態兄上×可憐な弟。可愛い義兄弟BLでした。しかし、萌え的にはツンデレ祖父ちゃん/師範が何枚も上手だったという…wwスピンオフあってもいいくらいwwww
読了日:3月21日 著者:李丘 那岐
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17592932

■オトコのコはメイド服がお好き!? (2) (カドカワコミックスAエース)
オトコノコ四姉妹。どちら向け漫画なのかさっぱり分からないけど、悔しいけれど面白かったww全員モッコリが標準なんだ…。
読了日:3月21日 著者:三倉 ちかげ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17599983

■ばくおん!! 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
あらゆる意味でけいおんへのオマージュを非常に強く感じるが、漫画としてはこちらの方が遥かに面白いや。
読了日:3月23日 著者:おりもと みまな
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17627336

■ザクザクザク (二見シャレード文庫)
タイトルがまさか、そっちのネタに引っ掛けているとは思わなかったww
読了日:3月23日 著者:早瀬 亮
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17628900

■天地明察(2) (アフタヌーンKC)
二巻の展開は傑作だわ。参りました。まさに明察。原作者四コマつきww
読了日:3月23日 著者:槇 えびし
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17640394

■刻刻(5) (モーニング KC)
グロいシーン炸裂で肝が冷えた。
読了日:3月23日 著者:堀尾 省太
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17647882

■秘密にスキャンダル (ミリオンコミックス/HertZシリーズ)
年下イケメンDT攻め!!心の中でガッツポーズしました。去勢された猫のような攻めのムラムラとイライラに萌えました。外面良い癖にご主人様に近づく人間は誰でも背中丸めてシャーっとなる攻めが可愛くて辛抱たまらなかったです。女子キャラ&制服も可愛かったなあ。はあ。大満足♪
読了日:3月26日 著者:トワ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17726804

■ルーベンス回想 (ちくま学芸文庫)
言葉に尽くせないくらい面白かった。ルーベンスにスポットライトを当てながら、その光は西欧の文化史全域まで射程が延びていくダイナミックな歴史書でした。ブルクハルト凄い。他も読もう。
読了日:3月27日 著者:ヤーコプ ブルクハルト
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17751871

■よろず一夜のミステリー: 水の記憶 (新潮文庫)
篠原美季版“呪いの時代”かな?八方塞。閉塞の時代。果たして、彼らはどの道を選ぶのか?選ばされるのか?選べないのか?集団暗示/催眠の連鎖反応って、あんまり私の興味をそそらないなあ。まさに水面下の話で、そこを掬うのは私のテリトリーじゃないというか。タレスの叡智にまつわる話は、思えば著者のデビュー作から一貫して関心の深いテーマなのでしょう。不安や恐怖の支配よりは、悪魔や快楽からの方がアプローチとしては好きです(笑)。大森望氏の過ぎた紹介文が何となくこそばゆい感じ。今後のジャンルクロスオーバーに期待したい。
読了日:3月28日 著者:篠原 美季
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17766232

■琥珀色の語り部 欧州妖異譚5 (講談社X文庫―ホワイトハート)
オニールの受難の回。人形ネタは本気で怖い……。見所はオレサマVS.オレサマでした。本編というよりはサイドストーリーよりの話だったような?ようやくミスター・シンとユウリがご対面の回でもあった。
読了日:4月4日 著者:篠原 美季
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/17945011

■青春鉄道 3 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
上越上官!!一生ついてきますwwww
読了日:4月6日 著者:青春
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18007338

■小津くんのヰタ・セクスアリス (B‘s-LOVEY COMICS)
読了日:4月9日 著者:カシオ
http://book.akahoshitakuya.com/b/404727903X

■コイノイロ (ミリオンコミックス 40 Hertz Series 19)
読了日:4月9日 著者:上田 規代
http://book.akahoshitakuya.com/b/4813050484

■同級生 (ミリオンコミックス 40 Hertz Series 27)
読了日:4月9日 著者:上田 規代
http://book.akahoshitakuya.com/b/4813050832

■嘘つきは恋をする (ミリオンコミックス Hertz Series 73)
読了日:4月9日 著者:上田 規代
http://book.akahoshitakuya.com/b/4813052304

■愛の呼ぶほうへ (プラチナ文庫)
タキ×マサが良かったなあ……。攻めがグズグズ泣き出す話って珍しいなあ。しかし、この二人の着地点は本当にそこでいいのか……話の焦点がブレている気がしてならない。水原作品の中ではハズレだと思う。
読了日:4月10日 著者:水原 とほる
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18082920

■ひみつのおねえちゃん   (バンブーコミックス)
読了日:4月10日 著者:藤生
http://book.akahoshitakuya.com/b/481247762X

■やじきた学園道中記 16 (秋田文庫 26-32)
読了日:4月10日 著者:市東 亮子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4253181007

■さよなら、幼なじみ (マーブルコミックス) (MARBLE COMICS)
カップルの片割れが必ず、「ちょ…ま…君、頭大丈夫?」とつっこみたくなるキャラばかりで楽しかったです。殴られてチ○コ勃っちゃう学生CPが一番好きですww
読了日:4月17日 著者:真柄うしろ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18267213

■ヨルムンガンド 11 (サンデーGXコミックス)
夢オチ並にたちの悪い、まさかのパラレルオチ…今更か…今更なのか…。とまれ、これからココの理想じゃなくて野望の展望について自分の武器で考えてみる。私は彼女には加担しないけれど、彼女に踊らされる以前にゴミのように捨てられる人間の側なんだろうと思われる。怪物になる/化けるというのは、情念を身から切り離すことなのかもしれない。
読了日:4月20日 著者:高橋 慶太郎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18318290

■月刊少女野崎くん(1) (ガンガンコミックスONLINE)
ローレライキャラの失敗だけが惜しい!あとはパーフェクトに面白いよー
読了日:4月20日 著者:椿 いづみ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18330578

■CRAFT vol.52 (ミリオンコミックス)
二世代BLが二本もあるのはは時代(流行)の要請なんじゃろか?木下さん、一部ページがいくらなんでも白すぎるwwネーム百日の満員御礼。んー。またまたギリギリ感溢れる号だなあ。マイベストは藤たまきさん、真生るいすさん、宝井理人さん。安定してるのは宝井さんだけだなー。槇えびしさんは次号に期待!
読了日:4月21日 著者:アンソロジー
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18343640

■ワンダーラスト (F-BOOK comics)
真っ向から中二病ネタ満載の青春エトセトラなホラー風群像劇(←説明くどいね…)。シリアスといえばシリアスでストーリー展開/顛末はなかなか“面白い”のですが、いかんせんこれはBLに非ず。いや、それよりも登場人物の一人がまるでベ○ータさんなので、萌えるより前にどうも吹き出しそうになるんだな。何でBL媒体でこのエピソードだったのか、本気で謎です。でも、柳沢さんのアクの強いテイストは好きです。
読了日:4月21日 著者:柳沢 ゆきお
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18344635

■世界史的考察 (ちくま学芸文庫)
読了まで時間がかかった。西高東低。辛辣。冷徹。ティムールに対する評価が笑っちゃうくらい低い。しかし、私にとっての近代史がブルクハルトにとっての現代史で、現在の情勢と比較しても精度が高過ぎで打ちのめされる。歴史学を歴史哲学から分離しなければならぬ、という視座も好き。訳者後書きで、何となく独よりに見えた裏事情も知るなど。ヘタリアファン必読の書であろう…は言い過ぎか。
読了日:4月21日 著者:ヤーコプ ブルクハルト
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18361449

■若き検死官の肖像 (f-Clan文庫)
事件よりも飯食ってる時間の方が長い作品でしたが、面白かったです。
読了日:4月24日 著者:椹野 道流
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18443003

■逃げ出すにはもう遅い (あすかコミックスCL-DX)
初読時の自分のコメントのテンションたけー!でも、今回は過去の自分と対峙するぞ。一番萌えたのは表題作の視姦プレイじゃ!!譲らん!!年下ドS様の言葉攻めで、自家発電しかさせてもらえない関係が辛抱たまらないですwwwwそして、またテンション高い…。
読了日:4月25日 著者:ミズノ 内木
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18453325

■オールモスト・パラダイス (ショコラコミックス)
私の故郷が、パラダイスに近い場所として描写してくれたことが嬉しいな。
読了日:4月26日 著者:松尾 マアタ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18487374

■こじかくんと鳩教授 (バーズコミックス ルチルコレクション)
昔ながらのルチルテイストで良かった。ファンタジックでミステリアスな物語。でも、ビクビクしているこじか君に同調しちゃって、読後はちょっと胸が痛いです。小石川さんはやっぱり大好きな漫画家さん♪
読了日:4月27日 著者:小石川 あお
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18499806

■BABEL 1 (IKKI COMIX)
参った。話に入れない。
読了日:4月27日 著者:重松 成美
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18511597

■先輩 (EDGE COMIX)
鎌倉江ノ島の観光ガイドみたいな…。BLを期待すると、少しフラストレーションを感じる。
読了日:4月28日 著者:びっけ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18522434

■王子の箱庭 (ミリオンコミックス Hertz Series 121)
アバラ浮いてて細っこくてぽっきり腕とか折れちゃいそうな人間の身体に馴染めませんでしたが、王子が“いい性格”しているのでサラサラっと読み終えられました。別名義あるんですか?しいて言うなら、一宮思帆さんと系統似てるかなあ(記憶が曖昧)。
読了日:4月28日 著者:緒川 千世
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18522556

■夕日に触れるその前に (ビーボーイコミックス)
借り物。どうしてこの作品を読みたくなったのか、全く理由が思い出せない。面白くないわけではないのだけれど、物語展開が迂遠だ。
読了日:4月28日 著者:みよし あやと
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18523839

■どっちもどっち (GUSH COMICS)
どうしてリバらない…大事なことだから何度でも言う。どうしてリバらない…。とまれ、初めて読んだ作家さんですが想定以上に面白かったです♪萌えとは違うけれど、“上手い”漫画だと思う。
読了日:4月29日 著者:柊 のぞむ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18546883

■おさななじみの、 (あすかコミックスCL-DX)
あ、やっぱり買ってるな。何処行ったんだろう…?もう一回買ってしまった。寸止めプレイ万歳♪
読了日:4月29日 著者:ミズノ 内木
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18547490

■あと一息で愛 (ディアプラス・コミックス)
あっさり系なのにエロい。そんなまさおさんの作風は好きなんですが…たまに若干引っかかりを覚えるエピソードがあるのよね。
読了日:4月30日 著者:まさお 三月
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18575794

■さよなら、愛しのマイフレンド 1 (アイズコミックス BLink)
初読み。萌えた萌えた~♪書下ろしがサービス満点な先生×ヤンキーでテンション上がりました(笑)。サカる高校生のめんこいこと!
読了日:4月30日 著者:エンゾウ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18576170

■黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス)
読了日:5月1日 著者:藤巻 忠俊
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088746945

■Fate/Zero (1) (角川コミックス・エース 345-1)
読了日:5月4日 著者:真じろう
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047157716

■Fate/Zero (2) (角川コミックス・エース 345-4)
読了日:5月4日 著者:真じろう
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047157872

■Fate/Zero (3) (カドカワコミックスAエース)
読了日:5月4日 著者:真じろう
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047158194

■チョコレート (SHYノベルス284)
左脳で書かれたBL小説というか、理性が勝ちすぎなBL小説というべきか。社会派ノリのテーマは嫌いじゃ無いんだけど、BL局面でのエピソードが極端に少なくて安定してるけれど少し硬くて退屈な文章という印象を受けた。エロは好き。湖水さんのイラストが好きなら買いだと思う。スピンオフ兄ちゃんもきっと買う。
読了日:5月6日 著者:羽生 有輝
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18760266

■めだかボックス 1 (ジャンプコミックス)
読了日:5月8日 著者:暁月 あきら
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088747763

■めだかボックス 2 (ジャンプコミックス)
読了日:5月8日 著者:暁月 あきら
http://book.akahoshitakuya.com/b/408874778X

■めだかボックス 3 (ジャンプコミックス)
読了日:5月8日 著者:暁月 あきら
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088747992

■よしとおさま! 6 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
読了日:5月8日 著者:四位 晴果
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091236057

■牙の旅商人 1 (ヤングガンガンコミックス)
読了日:5月10日 著者:七月 鏡一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4757530420

■牙の旅商人(2) (ヤングガンガンコミックススーパー)
読了日:5月10日 著者:七月 鏡一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4757531796

■牙の旅商人(3) (ヤングガンガンコミックススーパー)
読了日:5月10日 著者:七月 鏡一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4757533489

■さんすくみ 4 (フラワーコミックス α)
ライバル坊主が萌える!
読了日:5月11日 著者:絹田 村子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18872036

■サトウチーフの恋 (ビーボーイコミックス)
大好きだったマガビ掲載の和菓子屋さんのお話はこの方の作品だったのね。やっと、再会できたね♪
読了日:5月11日 著者:鮫沢 伐
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18873373

■牙の旅商人(4) (ヤングガンガンコミックス)
読了日:5月12日 著者:七月 鏡一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4757534914

■ディメンションW(1) (ヤングガンガンコミックス)
主人公が~屋さん系は、女子人気が高いのかしらん?面白かったけれど、ちゃんと風呂敷畳んでくれるのか一抹の不安を覚える。
読了日:5月12日 著者:岩原 裕二
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18894085

■氷菓 (1) (カドカワコミックスAエース)
中の絵柄可愛いのに、表紙がイマイチに見える。物語は春季限定~なんとかシリーズとあんまり変わらないような。
読了日:5月12日 著者:タスクオーナ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18896785

■詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックス)
読了日:5月12日 著者:古舘 春一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088700724

■詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 2 (ジャンプコミックス)
読了日:5月12日 著者:古舘 春一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088700937

■詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 3 (ジャンプコミックス)
一番、良い味出してたのケツアゴ先生だからなあ。四ツ谷先輩が一番 キャラが不安定だったのが敗因かと。1巻に比べたら、2~3巻は面白いです。
読了日:5月13日 著者:古舘 春一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/18919177

■Fate/stay night (1) (カドカワコミックスAエース)
読了日:5月20日 著者:TYPEMOON,西脇 だっと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047138258

■Fate/stay night (2) (カドカワコミックスAエース)
読了日:5月20日 著者:TYPEMOON,西脇 だっと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047138657

■Fate/stay night 3 (角川コミックス・エース 150-4)
読了日:5月20日 著者:TYPE-MOON
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047139149

■Fate/stay night 4 (角川コミックス・エース 150-5)
読了日:5月20日 著者:TYPE-MOON
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047139556

■Fate/stay night 5 (角川コミックス・エース 150-6)
読了日:5月20日 著者:TYPE-MOON
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047139955

■Fate/stay night (6) (角川コミックス・エース 150-7)
読了日:5月24日 著者:西脇 だっと,TYPE-MOON
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047150479

■Fate/stay night (7) (角川コミックス・エース 150-8)
読了日:5月24日 著者:TYPE-MOON,西脇 だっと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047150940

■Fate/stay night (7) (角川コミックス・エース 150-8)
読了日:5月24日 著者:TYPE-MOON,西脇 だっと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047150940

■Fate/stay night (8) (角川コミックス・エース 150-9)
読了日:5月24日 著者:西脇 だっと,TYPE-MOON
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047151440

■Fate/stay night (9) (角川コミックス・エース 150-10)
読了日:5月24日 著者:西脇 だっと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047152307

■Fate/stay night (10) (角川コミックス・エース 150-11)
読了日:5月24日 著者:西脇 だっと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047152838

■Fate/stay night (11) (角川コミックス・エース 150-12)
読了日:5月24日 著者:西脇 だっと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047153486

■Fate/stay night (12) (角川コミックス・エース 150-13)
読了日:5月24日 著者:西脇 だっと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047154245

■Fate/stay night (13) (角川コミックス・エース 150-14)
読了日:5月24日 著者:西脇 だっと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047155020

■Fate/stay night (14) (角川コミックス・エース 150-15)
読了日:5月24日 著者:西脇 だっと,TYPE-MOON
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047155853

■Fate/stay night (15)(角川コミックス・エース)
読了日:5月25日 著者:西脇 だっと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047156809

■Fate/stay night (16) (角川コミックス・エース 150-17)
読了日:5月25日 著者:西脇 だっと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047157643

■Fate/stay night (17) (角川コミックス・エース 150-18)
読了日:5月25日 著者:西脇 だっと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4041200490

■Fate/stay night (18) (カドカワコミックスAエース)
読了日:5月25日 著者:西脇 だっと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4041202027

■トーチソング・エコロジー (1) (バーズコミックス スピカコレクション)
どっちに転がるのかさっぱり予想できませんが、BL期待すると後で痛い目見そう。
読了日:5月25日 著者:いくえみ 綾
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/19235582

■かけまくも、かしこき (ウィングス・コミックス)
子狐が可愛い~♪あと、目下黒髪モブ顔男子にトキメキ中なので別の意味で滾った。腐れ脳ですみません……。
読了日:5月26日 著者:宝井 理人
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/19258425

■101人目のアリス (6) (ウィングス・コミックス)
サイン会までお預けなのであーる。開催日勘違いしてた…。
読了日:5月26日 著者:かわい 千草
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/19258517

■ハヤブサ-真田電撃帖- 2巻 (ZERO-SUMコミックス)
みんなイケメンでキャラが立ってて面白いんだけど、何処に向うつもりなのかさっぱり分からない(ギャグ?シリアス?)真田十勇士モノ…いや、お庭番モノか?
読了日:5月26日 著者:松永 空也
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/19258563

■Fate/Zero(6)煉獄の炎 (星海社文庫)
ラストの桜の描写だけが唯一にして最大の不満。サーヴァント戦のかっこよさに反して、ずっとマスター戦が醜悪だったのは主に切嗣の所為だと思っているが、切嗣VS.綺礼バトルはマイナス×マイナスがプラスになったみたいで気持ちよかった。ここまで生き残った陣営は何だかんだで、なるべくしてなった結末を迎えられたんじゃないのかなあ。ウェイバーの令呪を放つシーンが美しい。
読了日:5月30日 著者:虚淵 玄
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/19368093

■アクエリオンEVOL 1 (MFコミックス ジーンシリーズ)
彼らが何と戦っていて何をなしたいのか全然分からない…。
読了日:5月30日 著者:あおぎり
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/19368357

■リーゼロッテと魔女の森 1 (花とゆめCOMICS)
読了日:6月1日 著者:高屋奈月
http://book.akahoshitakuya.com/b/4592194616

■リーゼロッテと魔女の森 2 (花とゆめCOMICS)
久々に高屋作品読みました。相変わらずのノリで懐かしかったです。案山子なヒーローが良いね。お兄ちゃんターン、早く早く♪
読了日:6月1日 著者:高屋奈月
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/19415163

■ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)
菅原先輩が本当良いなー♪
読了日:6月5日 著者:古舘 春一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/19523540

■よんでますよ、アザゼルさん。(1) (イブニングKC)
読了日:6月16日 著者:久保 保久
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063522229

■よんでますよ、アザゼルさん。(2) (イブニングKC)
読了日:6月16日 著者:久保 保久
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063522407

■よんでますよ、アザゼルさん。(2) (イブニングKC)
読了日:6月16日 著者:久保 保久
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063522407

■よんでますよ、アザゼルさん。(3) (イブニングKC)
読了日:6月16日 著者:久保 保久
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063522636

■よんでますよ、アザゼルさん。(4) (イブニングKC)
読了日:6月16日 著者:久保 保久
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063522997

■よんでますよ、アザゼルさん。(5) (イブニングKC)
読了日:6月16日 著者:久保 保久
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063523241

■よんでますよ、アザゼルさん。(6) (イブニングKC)
読了日:6月16日 著者:久保 保久
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063523578

■ボールルームへようこそ(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
読了日:6月20日 著者:竹内 友
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063713296

■鉄楽レトラ 2 (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
読了日:6月20日 著者:佐原 ミズ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091236162

■古代オリエントの宗教 (講談社現代新書)
『ふしぎなキリスト教』と併読推奨。こっちの方が、私の痒いトコロに手が届く。感想はこのスペースで語りきれないので、備忘メモのみ。F/Zに滾っているので、アンリ・マユさんの登場に愉悦を感じざるをえなかった。一方で、大高忍さんの『マギ』の“世界”は割とよく出来ていると感じていたが、とてもよく出来ているに上方修正した上、再読&精読したいと思った。しかし、私が一番ロマンを感じるのは相変わらずミトラ教である(笑)。この政局下でこの書と出会えたのも運命なのか。兎にも角にも、篠原美季さんのアシュレイの薀蓄好きには堪らない
読了日:6月21日 著者:青木 健
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/19956004

■コハエース (単行本コミックス)
雁夜おじさん欲しかった…。
読了日:6月23日 著者:TYPE-MOON,経験値
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/19983269

■タブー・タトゥー 1 (MFコミックス アライブシリーズ)
読了日:6月25日 著者:真じろう
http://book.akahoshitakuya.com/b/4840129894

■タブー・タトゥー 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
読了日:6月25日 著者:真じろう
http://book.akahoshitakuya.com/b/4840133654

■タブー・タトゥー 3 (MFコミックス アライブシリーズ)
読了日:6月25日 著者:真じろう
http://book.akahoshitakuya.com/b/4840137528

■タブー・タトゥー 4 (MFコミックス アライブシリーズ)
読了日:6月25日 著者:真じろう
http://book.akahoshitakuya.com/b/4840140367

■少年よ耽美を描け Boys Be Tambitious (5) (ウィングス・コミックス・デラックス)
カレラログって、20CのゲームGPMで既に実装されていたと思うのです。
読了日:6月25日 著者:ミキマキ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/20042388

■天涯行き (キャラ文庫)
この物語が面白いのか面白くないのか読了してもよく分からないのは、私自身のBLに対する関心が薄れて(枯れて)しまったからかもしれない。最後は散文のような文章の連続。半分はBL版朱鷺色三角だったと思う。残り半分は何だろう?攻めのワンコ化は相変わらずシュミに合わず…。“愛”だとか“恋”だとか“結婚”だとか耳障りの良い言葉を現実のモノにした時点で、自縄自縛に囚われて二進も三進も行かなくなってしまった人々の話だったかも。主人公二人は勿論、周囲も。しかし、どの登場人物も“その後”が見たいとは思えなかったな。
読了日:6月29日 著者:凪良ゆう
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/20142221

■俺の屍を越えてゆけ 1 (B's-LOG COMICS)
交神が男同士でちょっとうろたえた。氷の皇子で奉納点使い尽くして、次の世代は茶々丸だったんだろう…とか、現時点で3人ってことはよっぽど先代が無茶な特攻を仕掛けたんだなとか、色々プレイヤーの妄想を掻き立てます。続きが気になるなあ。
読了日:7月7日 著者:日の出ハイム
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/20361050

■ばらかもん(6) (ガンガンコミックスONLINE)
ヤング郷長とヤングパパのツーショットが堪らない!!
読了日:7月23日 著者:ヨシノ サツキ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/20761538

■押し売り道楽
単行本化を何年待ったことか…感無量。そして、まさかの前世紀から連載されていたという現実に驚愕。比較的最近のネタなのに、もはや児玉清さんは鬼籍に入られているという。大好きです。ケータイのも紙で読みたいです。スマホにしてからアクセス出来なくなって、寂しい日々を送ってます。
読了日:7月26日 著者:堀江 蟹子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/20831182

■兄ちゃんとボン ~Qping~ (ウィングス・コミックス・デラックス)
読了日:7月26日 著者:堀江 蟹子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4403671187

■the way I am (EDGE COMIX)
面倒くさい女子みたいなネガティブ系年下ワンコは、先輩のポジティブシンキング/行動力で良い局面に辿り付くのですね。ハッピーエンドのはずなのに、どこか道を踏み外しているようにも見える二人のほの暗い関係が、とてもとても美味しかったです。四宮さん、大好き♪
読了日:7月30日 著者:四宮 しの
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/20928153

■仏師
読了日:7月30日 著者:下村富美
http://book.akahoshitakuya.com/b/4862258387

■蘇る屍 ~カリブの呪法~ 欧州妖異譚6 (講談社X文庫―ホワイトハート)
アシュレイとユウリの同居コメディが始まるのかな?楽しみです。前回が本気で怖かった分、今回はウィットの多い楽しい展開でした。表紙のおどろおどろしさに若干仰け反りましたが、杞憂でした。
読了日:8月3日 著者:篠原 美季
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21024782

■ベル デアボリカ 3 (朝日コミックス)
炎上シーンにテンション上がりました。私の理想のやおい的関係が余すことなく描かれている。来月の最終巻が待ち遠しい。
読了日:8月4日 著者:坂田靖子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21054758

■ハイキュー!! 2 (ジャンプコミックス)
勝負を仕掛けてきたというより、チームの弱点について語ってくれた及川さんの(敵に塩を送る的)優しさに痺れる巻。次はリベロだ!
読了日:8月4日 著者:古舘 春一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21054810

■ライジングサン(1) (アクションコミックス)
同僚に薦められて半信半疑で読み始めたら、面白かった!これは当たる。
読了日:8月11日 著者:藤原さとし
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21226147

■アクシデンツ 1 (小学館文庫)
当時サンデーの最後だった。毎週毎週続きが楽しみな漫画でした♪
読了日:8月11日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21226223

■兎 野性の闘牌 14 (近代麻雀コミックス)
シャモアの公式が怖い……本当に彼の到達点はそこで良かったんだろうか……?兎覚醒でクライマックス一直線ですね。無事に満了しますように!
読了日:8月18日 著者:伊藤 誠
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21389830

■ユキヒョウ 白銀の闘牌 (近代麻雀コミックス)
表紙に怯んだけれど、蓋を開けてみれば面白かったです。山城爺の真性っぷりは相変わらずのようで何より。今回のランダム縛り麻雀はゲーム的に実際にやってみても面白そう。シャモアスピンオフの無軌道ぶりと比較すると至極真っ当なユキヒョウたんスピンオフでした(笑)。
読了日:8月18日 著者:あしか 望,伊藤 誠
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21389943

■イセングリムの夜警
面白かったけど、ネムキのこのレーベルは単行本が薄いのが不満。続きいつですか?
読了日:8月18日 著者:紫堂恭子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21390010

■Fuckin' your closet!! (幻冬舎ルチル文庫)
酷い話…じゃなくて、振り幅の大きい話でした。再読しても市居と汐見に振り回されてしまって、面白かったけど…面白かったけどそれで良いのか?と言いたいような…。汐見の立ち位置が黒か白か右か左か彼岸か此岸なのか微妙なんですが…いずれにせよ境界線にいるのは間違いなくて、ポジティブ市居がいつもそこから引っ張りあげる関係なんでしょう。しかし、此度の書き下ろしでも曖昧なままでしたが、彼が黒だとするならいかなる事情があっても私は「うーん」と唸ってしまうなあ。タイトルはこっちのが良いですね。
読了日:8月18日 著者:砂原 糖子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21391201

■初恋ドレッサージュ (ディアプラス文庫)
読了日:8月19日 著者:いつき 朔夜
http://book.akahoshitakuya.com/b/4403523080

■ヘルタースケルター (Feelコミックス)
此度の映画化で岡崎京子という射程が何処まで伸びるのか興味がある。バルト、バタイユ、フロイトなどが散りばめられており、通奏低音に萩尾望都の因子も見え隠れする。しかし、事情が事情とはいえ未完成作品というか不完全な作品に思えてしまった。私は岡崎京子インパクトの後輩分で、それ故このダイナミズムにイマイチ乗り切れない世代ではあるので共鳴はしないけれど、面白かった。ジェンダー水準では男性性不在の怪作だと思う。
読了日:8月21日 著者:岡崎 京子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21473581

■人類は衰退しました のんびりした報告 (IKKI COMIX)
前提を知らぬ人間にはハードルが高かった…
読了日:8月21日 著者:見富 拓哉
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21473597

■ピアノの森(22) (モーニング KC)
パンウェイが可憐だ。告白シーンが切ないですね。
読了日:8月24日 著者:一色 まこと
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21549223

■天地明察(3) (アフタヌーンKC)
ちょっと一休みの巻。旅は道連れ世は情け。
読了日:8月24日 著者:槇 えびし
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21549275

■お菓子の家: 〜un petit nid〜 (プラチナ文庫)
お菓子の家から連想する加瀬のビジョンが堪らなかったです。明日が続けば運命は変わる、そんな“希望”に支えられたステキなBLでした。全ての登場人物達に幸あれ!
読了日:8月25日 著者:凪良 ゆう
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21592508

■花咲き道理 (EDGE COMIX)
憧れの先輩の“恋”の変遷を、“花”のオーラを通じて優しく見守る話。肩透かしレベルで恙無く進行する小劇団員の日常悲喜こもごも。ふわっとしているよう地に足ついた到達点を目指す登場人物達にじんわりします。ホモセクシャルというよりホモソーシャル的繋がりで構成されているような。何度も噛み締めたくなるタイプの作品。私は好きです。しかし、主人公が恋愛いざこざに全く絡まないBLというのも珍しいよね。
読了日:8月27日 著者:夏糖
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21630677

■HARD TIME ~ DEADLOCK外伝
英田さん家の受けと言えば、やっぱり騎乗位ですな。攻めはどんどん犬くさくなってシュミに合わず。ディックが残念なイケメン街道まっしぐらで、彼が今回一番美味しかったかな(笑)。事件の顛末はフツー。ハリウッド映画的に倣うなら、もうちょっと教訓が欲しい。全体的にはハレークインロマンスを読んでいるような気持ちになった。
読了日:8月29日 著者:英田 サキ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21684285

■やぎさん郵便 (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)
読了日:9月1日 著者:草間 さかえ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4799711806

■空の境界(上) (講談社文庫)
読了日:9月1日 著者:奈須 きのこ
http://book.akahoshitakuya.com/b/406275892X

■とめはねっ! 鈴里高校書道部 10 (ヤングサンデーコミックス)
読了日:9月1日 著者:河合 克敏
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091515401

■プニちゃん (ウィングス・コミックス・デラックス)
読了日:9月1日 著者:テクノ サマタ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4403671225

■スピ☆散歩 ぶらりパワスポ霊感旅1 (HONKOWAコミックス)
悔しいことに面白かった…。タイトルにスピリチュアルを冠する本など永遠に読むまいと思っていたのにね。
読了日:9月4日 著者:伊藤三巳華
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21860849

■あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 (ジャンプコミックス)
アニメ未視聴。泣かせる設定があざといな…と感じつつも、物語にうっかりすっかりのめり込んでしまった。でも、この話は小説の方が映えるかもしれない。いや、コミカライズ丁寧で好感でしたが。噂のユキアツ女装回を楽しみに続きを待ちたい。
読了日:9月8日 著者:泉 光
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21946488

■ベル デアボリカ 4 (あさひコミックス)
前提が覆っても、貴方の本質は変わらない。ツヴァスとヴァルカナルの絆が堅固で愛に満ちた結末でした。最初から最後まで緊張感に溢れたステキな中世ファンタジーで大満足♪
読了日:9月8日 著者:坂田靖子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/21947472

■ぼくらのへんたい(1) (リュウコミックス)
男の娘漫画。マイナーコミュニティへの帰属を選択する子達の不安と絶望。 でも、君達可愛いんだから踏み外しても乗り越えても幸せになれると思うよ。可愛いは正義。
読了日:9月10日 著者:ふみふみこ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22017678

■仏像のまち 1 (ジーン)
ギャグ自体はさほど面白くないと思うのですが、仏像薀蓄がアツいので◎
読了日:9月10日 著者:蒼木雅彦
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22017772

■よるくも 1 (IKKI COMIX)
食欲減退にうってつけの1冊。私は裸足で逃げ出したい。記憶封印。
読了日:9月12日 著者:漆原 ミチ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22067210

■偉大なる、しゅららぼん 1 (ヤングジャンプコミックス)
これは良コミカライズ。作画も綺麗で眺めているだけでワクワクします。ちぐはぐな人間関係がどのように収束していくのか、続きを楽しみに待ちたいです。
読了日:9月12日 著者:関口 太郎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22067702

■風花、つもりつもる。 (MARBLE COMICS)
BLにリアリティを求めるのはナンセンスかもしれないが、この方の作品には人間の体温というか熱量みたいなものを感じる。率直に言って、どのCPもいずれ別れたりまたくっついたりを繰り返しそうな予感がするのだが、逆に人間らしくてあったかい。別れを切り出すのは、いつも面倒くさい性格の受けの方なんだろう。男女を隔てる川の溝は深いが、受けと攻めを隔てる川もなかなかに深い。でも、そんな二人が付かず離れずの距離で寄り添ってジグザグに歩いていく姿が、何となく良いなって気持ちにさせてくれる。なんとも味わい深いほっこり短編集。
読了日:9月18日 著者:こめり
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22234975

■軍靴のバルツァー 3 (バンチコミックス)
紅一点ちゃんのグラビアが本当に可愛かったので、いつか再録お願いします。バルツァー=ヴァイセンの前提カードがいきなりひっくり返りそうな3巻でした。続き、早く!早く!バルツァーはどっち向くんでしょうか?リープクネヒトとは常に敵対姿勢を崩さないでしょうが。
読了日:9月18日 著者:中島 三千恒
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22237816

■アクシデンツ 2 (小学館文庫)
読了日:9月20日 著者:山田 貴敏
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091938256

■裏切りの杯を干して 上 - バンダル・アード=ケナード (C・NOVELSファンタジア)
“上巻”表記を知りつつも、待ちきれなくて一気読み。うががが。とりあえず、アランデイル……かむばーっく!!ゲストのフレイヴンにイケメンポジションもってかれそうよ。まあ、こちらはデレないクールツンキャラですが(笑)。事件はまたも戦場に舞うあの“花”の匂いで充満してますね。続きは年内ですよね?
読了日:9月22日 著者:駒崎 優
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22335777

■いけないことかな (Dariaコミックス)
おばかな変態アナニスト良かったです♪
読了日:9月27日 著者:ミズノ 内木
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22462780

■まじかる☆チェンジ (2) (ウィングス・コミックス)
読了日:9月27日 著者:ホームラン・拳
http://book.akahoshitakuya.com/b/440362149X

■K -メモリー・オブ・レッド-(1) (KCx(ARIA))
物語の核心に触れず、上澄み液を漂うだけの内容なので。公式の二次パラレル本的感想しか抱けない。雰囲気自体は嫌いじゃ無いけど。
読了日:10月17日 著者:黒榮 ゆい
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22982770

■マギ 1 (少年サンデーコミックス)
読了日:10月17日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091220630

■マギ 2 (少年サンデーコミックス)
読了日:10月17日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091220649

■マギ 3 (少年サンデーコミックス)
読了日:10月17日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091221963

■マギ 4 (少年サンデーコミックス)
読了日:10月17日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091223362

■マギ 5 (少年サンデーコミックス)
読了日:10月17日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091225276

■マギ 6 (少年サンデーコミックス)
読了日:10月17日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091226299

■マギ 7 (少年サンデーコミックス)
読了日:10月17日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091227708

■マギ 8 (少年サンデーコミックス)
読了日:10月17日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091228534

■マギ 9 (少年サンデーコミックス)
読了日:10月17日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091231985

■マギ 10 (少年サンデーコミックス)
読了日:10月17日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/409123335X

■マギ 11 (少年サンデーコミックス)
読了日:10月17日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091235352

■マギ 12 (少年サンデーコミックス)
読了日:10月17日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091236480

■マギ 13 (少年サンデーコミックス)
読了日:10月17日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091237746

■マギ 14 (少年サンデーコミックス)
マグノシュタット編。続きが待ち遠しい!
読了日:10月17日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/22982967

■クローズ・ゲーム (B`s-LOVEY COMICS)
背伸びをしても一番欲しいモノは手に入らない。だから、彼は全てをかなぐり捨てて均衡を崩すんだよね。受けを前に転落していく攻めの姿は美しいな(笑)。カシオさんのダメンズやっぱり好きだ。
読了日:10月24日 著者:カシオ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23167083

■光の楽園III - 十騎長サグディン (C・NOVELSファンタジア)
温厚で実直な朴訥ワンコは“政治”がお嫌い、と。某人物が実は某設定なのは伏線で見え隠れするものの、物語的に必然とは思えず。美貌のイケメン坊主が(今回は)脇役の癖に悪目立ちしており、いきなり3巻から読むと「何だ、こいつは?」状態ではないかとww理想だけでは生ききれないにせよ、現実だけで袋小路に行き詰まる道は選びたくないものだな、とつくづく感じるシリーズである。“本編”では是非ともイシン・ハガイと再会したいな。
読了日:10月24日 著者:涼原 みなと
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23167150

■昭和元禄落語心中(3) (KCx(ITAN))
私は情に溺れて“裏切られる”人間の生き様を見るのが楽しくてしょうがない性分なんだなwwフラグが立った。
読了日:10月25日 著者:雲田 はるこ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23189616

■宇田川町で待っててよ。 (Feelコミックス オンブルー)
あくまで“男子”の身体で“可愛い”を装う、男の娘とは明確に異なる女装男子BLが大変美味でした。二人の心の物差しの為に、百瀬の姉ちゃんを筆頭に女子キャラが作品世界に欠かせない、というのはBLでは非常に珍しいパターンかと。アンソロの最終回がやや駆け足展開だったので、単行本書き下ろしのボーナストラックがちびりそうなくらいに嬉しいご馳走。百瀬の“好き”には澱みがない。だから、この二人の倒錯的関係が絶対無敵の力で全力肯定されていく。隅から隅まで堪能できる高校生男子の青春BL。今年のマイベストはほぼ確定。
読了日:10月28日 著者:秀良子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23269378

■影法師たちの島 (アイズコミックス)
一挙に風呂敷を畳み始めた感。たとえ結婚しても子供ができても、エンとジンファは今市子作品で一番大好きな永遠のコンビだと思ってます。
読了日:10月28日 著者:今 市子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23269824

■よろず一夜のミステリー: 金の霊薬 (新潮文庫)
水金地の予定が確定しているなら、火木も来ないと五行属性的に据わりが悪いなあ。今回の感想は、篠原美季作品における“金貨(コイン)”は縁起が悪い、に尽きる。次巻は現代日本社会の汚染者であるニート(予備軍)を地底のN(根)の国に引きずり込む展開だったりして、などと予想しつつ。英国シリーズとはキャラや世界観よりも今のところはネタのリンクが多いかな。ホワイトハートのシリーズ既読の人間とこのシリーズしか読んでない読者の感想には温度差があるように見える。これは、前回同様解説者の過剰な全力推薦文に対する感想。
読了日:10月30日 著者:篠原 美季
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23326794

■nez [ネ] (SHYノベルス291)
妊娠を契機に身を引くことがさも“真実の愛”であるような“美談”にされていることに若干モニョモニョするものの、榎田さんらしいアップテンポなコメディで楽しかったです。但し、どんなに見栄えが良くても中身が両津勘吉や白鳥圭輔のようなデリカシーゼロの受けには萌えがない。潔癖症攻めもセックスは除外対象なのが、何となく中途半端に見える。
読了日:11月1日 著者:榎田 尤利
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23375928

■密室の密かな星 (ディアプラス・コミックス)
ギドさんのBLは地に足がつかないややファンタスティックな設定が多いんだけど、だがそれで(orが)良いのだと思える作品だった。デレデレの淫乱受けちゃんが可愛い♪ヤンデレ攻めも美味!
読了日:11月1日 著者:雨隠 ギド
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23376173

■向ヒ兎堂日記 1 (バンチコミックス)
猫又可愛すぎ!取締局のターン、はよこい!!今のトコロは和み系日常(妖つき)漫画です。
読了日:11月9日 著者:鷹野 久
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23584703

■マギ 15 (少年サンデーコミックス)
一言語主義の矛盾をついてきた。面白い。世界システムがよく廻る展開だ。
読了日:11月18日 著者:大高 忍
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23788711

■Fate/stay night (20) (カドカワコミックス・エース)
読了日:11月18日 著者:西脇 だっと
http://book.akahoshitakuya.com/b/4041205018

■Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ! ! (1) (カドカワコミックス・エース)
予想外に面白かった。既刊探そう。設定練り込まれているし、絵柄可愛いし、ちゃんと章毎に次元が拡張していってる。良作スピンアウトだなあ。続き楽しみ。ショタギルめんこい。
読了日:11月18日 著者:ひろやま ひろし
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23788821

■少年魔法士 (16) (ウィングス・コミックス)
イザナギとイザナミのバトルを彷彿させる。私は造物主にはなれないので、やっぱりカルノの方が共鳴しやすいな。ナギがハンサムww
読了日:11月25日 著者:なるしま ゆり
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/23962491

■Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ (1) (角川コミックス・エース 200-1)
読了日:11月25日 著者:TYPE-MOON,ひろやま ひろし
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047150487

■Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(2) (角川コミックス・エース)
読了日:11月25日 著者:ひろやま ひろし,Fate/staynight(TYPE-MOON),TYPE-MOON
http://book.akahoshitakuya.com/b/B00932OOQW

■Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (1) (角川コミックス・エース 200-3)
読了日:11月25日 著者:ひろやま ひろし
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047153508

■Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (2) (角川コミックス・エース 200-4)
読了日:11月25日 著者:ひろやま ひろし
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047154865

■Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!(3) (角川コミックス・エース)
読了日:11月25日 著者:ひろやま ひろし,Fate/staynight(TYPE-MOON),TYPE-MOON
http://book.akahoshitakuya.com/b/B0093GALLK

■Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! (4) (角川コミックス・エース 200-7)
読了日:11月25日 著者:ひろやま ひろし
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047157996

■Fate/kaleid liner プリズマ)しろほし)イリヤ ツヴァイ! (5) (カドカワコミックスAエース)
読了日:11月25日 著者:ひろやま ひろし
http://book.akahoshitakuya.com/b/4041201586

■狼と狐の夜 (SHYノベルス293)
率直に申し上げて、話がオチていないことに愕然とした。高遠さんがヤクザを書くとは、つまりはこうなるんだなとしみじみ思う。何処までも鉛のように重く沈んで1ミリも浮上しない、という意味で安定しているヤクザ像。翻って金と結婚という概念の薄っぺらいこと!ここまで意味の無い“結婚”も珍しい。自分という重石に対して、人は愛だの金だの矜持だのといった“人生”を賭けたりするものなんだろうけど、ヤクザ相手の綱渡りを選んだ者は必ずそれ相応の重たい代償が生じるのだ、と。BL指数は極端に低く、教訓だけが身につまされる顛末であった。
読了日:11月29日 著者:高遠 琉加
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24067447

■愛のマタドール (ディアプラス文庫)
読了日:12月1日 著者:華藤 えれな
http://book.akahoshitakuya.com/b/4403523161

■僕らの三ツ巴戦争 (ダイトコミックス BLシリーズ 310)
エロ本。全消し。相沢君は受けとくといいんじゃないかな?黒髪だし。しかし、私もマギが好きだわ。
読了日:12月2日 著者:SHOOWA
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24165994

■限定版 軍靴のバルツァー 4 (バンチコミックス)
我が手に続きを…早く…早く…。ホルシュタイン=シュレスヴィヒと思しき係争地をタネに北方のヴァイキング縁の国が海から南下侵攻→開戦勃発。展開が滾る滾る。雑誌掲載最新号まで収録されているので、差し当たって次号の@バンチが待ち遠しくて仕方無い。
読了日:12月9日 著者:中島 三千恒
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24313162

■さんすくみ 5 (フラワーコミックス)
静子さんがメインヒロインになりつつあるようなwwキャラが立ってるなあ。しかし、、今回帯コピーが酷い…。
読了日:12月13日 著者:絹田 村子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24404193

■夜の須田課長 (リュウコミックス)
表紙とタイトルに惹かれますが、内容は何となく半歩しっくりこない感じ。
読了日:12月15日 著者:クマザワ ミキコ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24447030

■裏切りの杯を干して 下 - バンダル・アード=ケナード (C・NOVELSファンタジア)
木を隠すなら森が最適だとしても、今回の案件は無駄に人件費がかかり過ぎな気持ちになる(笑)。まあ、美味い汁啜ってきた人間に相応の報いが生じる顛末だったと思う。一件(いや二件?三件?)落着。せっかくのクールツンイケメンポジションのフレイヴンがゲストというにはあまりに良いキャラだったので、是非とも再登場を乞いたいところ。
読了日:12月20日 著者:駒崎 優
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24571004

■ラブシッター (ビーボーイノベルズ)
受けは夜光さんらしいニブチン天然系だったとはいえ、攻めはジャイアニズム超えたDQNだろ!と突っ込みつつ読み進めたら、攻めの元嫁が真性DQNで一切のフォローが無かったという…糖度低い。この攻めもワンコも面倒くさそうと感じてしまう自分は、イキモノとの共存がとことん無理な側の人間だなと改めて自覚した。スマタあり。
読了日:12月23日 著者:夜光 花
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24639499


▼2012年に読んだ本まとめ
http://bit.ly/xoEVRk

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/

[ 2013/01/01 04:47 ] 読書メーター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。