スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヤクザな神様 

ヤクザな神様、タイトル買い。
(いや、加えて設定買いで、イラスト買いで、作家買いで、レーベル買いでもあるんだけど…)
李丘さんの作品は大好きなお気に入り作品でもいつもタイトルが微妙と思っていたので、珍しい。
語感が良くて覚えやすく、中身にも期待したくなるようなイマジネーションを刺激されるタイトル。
そして、作品はタイトルに違わずとてもとても楽しかった。

一人称が「私」で「ですます」調の敬語体で、誰彼と無くどことなく他人行儀な態度をとる主人公。
真っ白なイメージでコーティングされた彼の潔癖症的な生き方は、過去の赤黒い情念を隠している。
とはいえ、彼が不浄と切り捨てたい攻めへの情念は純粋で健気で神様に後ろ指指されるものでもない。
頑固なまでに自縄自縛な生き方を己に律する史朗の本質は、案外ずっと変わってはいないのだ。

むしろ、攻めが史朗へのアプローチを間違えたのだ。
彼も若かったので仕方なかったのだろうし、天邪鬼な男は斜に構えた態度で史朗を見守っているのだ。
彼がヤクザに転じた理由が不明瞭で伏線は回収されてはおらず、どうしてもこの続編を期待したくなる。
というか、常に一貫して史朗視点で話が進むので、彼の愛情こそダダ漏れだが活躍が見えない(笑)。
水面下で手を打ったり配下をボディガードにつけたり用意周到な男のくせに、何処か残念な攻めである。
だが、そこがいい(笑)。

結局のところ、李丘さんの作品の魅力はこの点に尽きる。
攻めと受けの掛け合いが一方的でなく、50/50のケンカップルな応酬が楽しくて楽しくて仕方ないのだ。
が、故にBL的甘さが少ないのも常のことで、最後にダっと駆け足で流されて終わってしまう感が強い。
史朗と晴佳の爛れた1週間の詳細こそもっと詳しく!!って問い質したいのに、そこがかわされてしまう。

相変わらず、脇役も悪役も魅力的で何処か憎めない。
そして、今回のきな臭い事件は敵の不法が露見化したから事なきを得たものの、予断は許さない状況。
史朗の周囲に限ってはヤクザな守護神がついているから今後も安泰だろうが、本来円満解決は難しい。
温泉街も商店街も神社も鄙びた田舎も大好きな私にとっても、他人事じゃなくて苦しい選択だなあ。

<作品データ>
・李丘那岐『ヤクザな神様』(佐々木久美子・画、大洋図書シャイノベルス)2012.3
ヤクザな神さま (SHYノベルス280)ヤクザな神さま (SHYノベルス280)
(2012/03/08)
李丘 那岐

商品詳細を見る



危機的状況下で逆切れした受けが、SWのレイア姫を髣髴させる行動に出てたまげた(笑)。
この作品に限らないけど、本当に李丘作品は続き読みたい病を重く患うからある意味しんどいです…。
[ 2012/03/11 03:01 ] novel BL | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
*profile

tatsuki

Author:tatsuki
気になる方は、こちらをどうぞ。
アサッテなBLが好きです♪
アンケート回答募集中!!

*calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
*category
*counter
現在の閲覧者数:
*blog-people

読書メーター
*page ranking*


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。